FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

木綿着物(浴衣ともいう)の下について考えてみる

ごきげんよう


いよいよ夏かもーーー@首都圏西部。

1ヶ月ほど前、ちょこっと綿麻着物を着たのがアップされないままでした。このまま放置&忘却してしまおうか、とも思ったのですが、今年の夏はとにかく着物を着ていないので、ネタにしますわ。





 


くすみピンク地綿麻単衣。
プレタ。タンタンさんからのいただきもの。(そのときの経緯は
こちら
黒猫柄半幅帯。
羽衣牡丹さん制作。生成色地×モスグリーン地リバーシブル。
ひめ吉さんちの刺繍半襟。白地絽にお化け傘。
白いガーゼ地に水色猫柄スカーフという名の帯揚げ。
これもタンタンさんからのいただきもの。
100均靴ひも。マゼンダ×黒市松。
水色陶器の猫箸置きという名の帯留め。これもタンタンさんからのいただきもの。








わたくしは浴衣を浴衣として1枚だけで着て外にお出掛けすることはありません。
なので真夏でも必ず、どんなに暑くても必ず、人前に出るときは半襟つきです。
その方が安心するんだよね。
例えハタから浴衣に見えようと、気分は単衣のつもりです。とにかく襟つきじゃないと、頼りなくて落ち着かないのよ、奥さん。
この季節になると「浴衣と単衣の区別は???」ってな話もたまに耳にしますが、わたくしにはわかりませんわ(←断言)。だからわたくしには訊かないでね(←訊かないであろう)。
さてこちらの綿麻も、ショップでは浴衣として売ってますわ。若干頼りない感じの質感も、いかにもお安めの浴衣(←もらっといてちょー失礼)。ただわたくしが思うに、このように薄手の生地だと、若いお嬢さんが1枚だけで着ると、身体の線が丸見えちゃうか他所のオトコにそういう姿を見せたらあかんと心配するっすよ。余計なお世話の姥こごろだよねえ(爆)。
若いお嬢さんはともかく、いいトシぶっこいたわたくしは身体の線など見せる訳にはいかん。見せるものでもない。依って、着物の下にはそれなりの下ごしらえが必要になります。
さてわたくしは袷の季節には、正絹紬を常着にして、下着には木綿楊柳のすててこがラクなのですが、木綿着物や綿麻着物の季節になると、ちょっと不安になるのでございます。綿や麻は摩擦係数が非常に高い。すると愛用の木綿楊柳のすててこでは、歩きにくいんですよ。着物の裾がどんどんたくし上がってしまって、ちょっと行くだけでどうも困った姿になります。膝のあたりがもここもして、着物の裾はどんどん短くなるし歩きにくいし、わたくしはこれがストレスになりますのさ。むきーーーっっっとなってぐいぐい引っ張って直したくなりますが、公道でやる訳にはいかない。
わたくしったら、そんなに歩き方ががさつでしょうか。。。?
わたくしの歩き方が着物に向いてないってことですかね。。。?
そんなに大股で歩いている気はしないんだけれどもなあ。当社比だったかなあ。
だったら小股で歩けば、摩擦が解消するってんですかね、親方(←誰が親方)???
他所さまはそんなのおくびにも出さないでらっさるわ。優雅に着てらっさるよね。
。。。昨年、わたくしのそのような悩みをべにお先生に打ち明けたところ、先生愛用のうにくろのすててこを貸してくださった。うにくろのすててこは化学繊維で汗をよく吸って放出して涼しいらしいのですわ。もちろん摩擦係数だって木綿よりずっと少ない。最新化学は素晴らしいわーーー。そうしてべにお先生は、下ごしらえにうにくろを使って、いつも颯爽とした姿で歩いてらっさいます。裾が、オトコ前な感じにひらめいてる。
でも。。。残念ながらそれはわたくしには向かなかった。肌に密着する部分が化学繊維だと、かいかい(←八雲氏のごとく)かいかいになってしまうのがわかっていたので、あらかじめ少し工夫したのですけれども、密着しない足の部分が駄目でした。かいかい。わたくしは化学の恩恵が受けられないのですわ。大昔若いときは、かいかいもここまで酷くなかったんですけれどもね。
そうしてうにくろのすててこは断念しました。
足捌きがよい下半身。。。そうなると、わたくしには裾よけしかないのでございます。二部式襦袢の下だけ、もしくはキュプラの裾よけ。暑くて1枚でも少なくしたい季節に、暑くて少しでも汗を吸って欲しい季節に、わたくしはポリエステル繊維を下半身に巻こうというのです。
不思議なことにこっちの化学繊維(ポリエステルとかキュプラ)は、かいかいになりません。腰やお腹に当る部分は木綿晒ですし、スカートみたいにひらひらしてるのがいいのかも知れません。たまに太ももを汗が伝うのを感じるのですが、正直言えば大変不快でございます(←断言)。それでもかいかいよりマシ。わたくしは常日頃から、何ごともベストではなくベターを求める人間でありました(←案外重要。笑)。ベストを追求するヒトとは、確実に人種が違うと思います。
そのような苦労を経て、木綿や綿麻の単衣を着るのです。なので本当に暑いときに木綿着物(浴衣のことね)とかは億劫ですわ。ああでも、おされに必要ならば暑さくらい我慢しますよ、少しは。
夏の着物としては、セオαが今のところ一番ラクです。これだと化学繊維なのにかいかいにならないし(着物として半襟つきで着ているので、直接肌に当らないせいもある)、着物が化学繊維だと、木綿楊柳のすててこだけでも摩擦で歩きにくいってことがないからです。
本麻の着物もさらさらと涼しくて、生地のざらつき具合に対して木綿着物(浴衣)ほど歩きにくくは感じないので、木綿と麻は身につけたときずいぶん違うものだと感じておりますが、今回は麻の話じゃないので本麻の着物の下こしらえについてはまたいずれ。
セオαが出るまで、夏の着物はどうしていたのか。。。遠い遠い昔を思い返すと、正絹の絽(!)とかポリエステルの絽(!)とかポリエステルの紗(!)とか着ていたんですよね。正絹よりもポリエステルの方が自宅で洗濯機で洗えてありがたかった。今では考えられません。大昔は今現在よりは確実に、暑くなかったのだ、としか言いようがありません。体力があったので気がつかなかっただけかも知れません。そしてもうこれら若いときの夏着物は1枚も残っておりません。

。。。で、最初の方に戻るんですけれども、浴衣ってやっぱり1枚でサッパリ着るものなのでしょうねーーー。寝間着とか湯上がり着としてなら、足捌きとか関係ないですもんねーーー。
。。。ところで、阿波踊りとか踊り踊ってらっさる方の浴衣下は、何だろう。足捌きすごく良さそうですよね。ま、いいんですけれどもね。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
書き始めると、ぐるぐるぐるぐると、長いよね(笑)。
奥さん奥さん、このくらいで呆れちゃ駄目ですよ。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



オマケの着姿。
如何にももっさりとした素人の姿である。

 







スポンサーサイト



Comment

No title 

私は先日うっかり木綿の下に木綿のステテコを履いてしまったんですがやっぱり裾さばきが最悪で着物もたくし上がってきましたよ。
イラっとしてステテコを脱いで下半身はパンツ一丁で出かけましたさ。←着物はもちろん着てました。念のため申し上げておきますが。
夏の下ごしらえは本当に暑くて省ける物なら省きたいけど透ける着物だとそうはいかないし、やはり体の線が丸出しになるのも困りますよね。私はなるべく腰回りをふわっと着付けるようにしています。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2016.07/10 18:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

透けない夏物なら、上は装○のゆにぺっち&いおんの男物すててこにしてます。
私も、うにくろのは痒くてだめなのですが、いおんのやつの男物の白ステテコはよかったですよ~。
ちょっと大き目(私はLLにしてみた)だと、ローライズっぽく履けるのでトイレも安心です。
夏過ぎにはセールに出すので、その頃がねらい目かも。
踊りをやる人は前が大きくタックを取ったみたいな形で、わっか型につながっているものを履くようです。(東スカート?)
バッと開いても、布のタック?のおかげで元に戻るので、動きが激しくても太もも丸見えにならないそうです。
「爽竹」という東レの夏物襦袢地も、汗をかいても張り付かないし、テトポリみたいに痒くはならないのでおすすめです。
  • posted by 羽衣 牡丹 
  • URL 
  • 2016.07/10 19:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

イイお色ですねえ
ありそうでなかなかない感じ♫

私は実家のお祭りの時に着る以外は 浴衣はほぼ半襟つきです

そして下は楊柳ステテコに たまさんと同じくキュプラなどの裾よけです

たまに省略して浴衣オンリーで着たい衝動にも駆られるんですが
いかんせんトシは首回りに出るって言葉通り 何やら貧相に見える気がしてやっぱりいけませんなあ‥

八雲氏平癒祈願
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2016.07/10 20:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

いいねぇ~、このぐるぐる具合(笑)。祝・たまさん節、復活!
うにくろステテコはザンネンでしたねー。あれが使えると、夏の下ごしらえがかなりラクになるんですけども。
そうだ、いっそセオαで裾除けを作るってのはどうだろう? ウワサの爽竹とか…かいかいにならなければ、キュプラより涼しいと思う。
そう、木綿より綿麻、綿麻より本麻の方が摩擦係数低い気がする。足元のまとわりつき具合が、全然違う。
私ねー、最近はセオαより綿麻の方に好みがシフトしてますー。セオαのドライ感は素敵なのだけど、綿麻の汗を吸ってくれる感じが好き。ほら、半衿も汗かくようになるとポリより手ぬぐいが気持ちいいでしょ? あんな感じ。
このコーデの色の組み合わせが好きだわー。いいねぇ♪
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2016.07/11 00:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

なんだか爽快です。まおじゃらんを読むのが習慣になっているから、無いと困ります。
で、深いお話ですね。確かに綿着物、浴衣の下がさらっとそしてストンとした感じになればもっと着るんですが、なぜだか野暮ったくなってしまいます。下着にセオアルファみたいなのがあればいいのかな?
と思っていますが、昨日今年初のセオ着たら涼しい~。紗や絽は透け感あるので、襦袢もきっちり着るし、下着も着て、汗だくになりますがセオはそれほどじゃないので、夏にはやっぱりナンバー1の素材だと思います。蝉がじゃんじゃん鳴いていますが、梅雨明けしたのでしょうか?八雲氏も早くエリカラから脱出できますように。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2016.07/11 09:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま、ぱんつ1丁(爆)勇気あるーーー(爆)私も何度脱ぎたいと思ったことか。この綿麻は生地が薄いのでぱんつの縞柄まで見えそうでできませんでした(縞柄が好き)。次からぱんつの色も選ばなくては。っつーか、気をつけるのはそっちであったか。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 12:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

羽衣牡丹さま。いおんの男ものかーーー。今度はるばる行ってみます。ご近所にはないんですよ。東スカートは、すててこタイプじゃないんですね。スカートなんだ。そーだよねー。
爽竹、もっとお安いといいなあ。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 13:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん、ネットショップの画像で見るより、くすみ加減がいい感じの色でした。タンタンさんはこのシリーズをお色違いで数枚隠匿していたんですよね(笑)
てんてんさんは着物の下が同じしつらえなんですね。激しく仲間意識を感じますナイスありがとうございます。
八雲氏へのご祈願、届いてますよ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 13:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 13:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生、その節はお世話になりましたわ。自分で買って失敗すると立ち直るのに時間がかかるのでお貸しいただいて助かりましたよ。私はうにくろはどうも縁がなくてね~冬のヒートテックも着られないし。
すててこは太ももをくるむから。太ももとか膝の内側がかいかいに弱いんですよね。暑いし汗だし、夏はどうしても、お出掛けが減ってしまいますわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま。私も木綿着物の生地感が下半身を野暮ったくすると感じてます。特に自分はもっさりします。体型だけじゃない、キャラとか雰囲気とかがあるのではないかと思ってますわ。じゃないと説明できない。
私も早くセオを着てお出掛けしたいです。今季は出遅れてますーーー
八雲氏は只今様子見期間でして。梅雨明けが待たれます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/12 13:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

深い話です。お帰りなさいたまさん、なんだか書き込もうとするとエラーとはじかれ
遅くなりましたが、私の楽しみが戻ってきたようで何より嬉しいです。

八雲氏、お気の毒にカラー生活はストレスをためてしまいそうですね。
一日も早く快癒されるように祈るばかり…

今シーズン、しじらを一枚難ありで安くゲットして仕立てに出してあり
もうそろそろ仕上がってくる頃かと待っておりますが、ついでに
話題の○橋のローライズステテコなるものを購入しました。ユニクロステテコも
持っていますが、丈が短いのが透けてしまうのと、ウエストゴムがかいかいになる
のが難点でしたので、しじらの反物より高かったステテコやいかに!と
わくわくして待っているのであります。たまさんもご自分のペースでのんびりと
暑い夏をお体ご自愛されて過ごして下さいませませ。
  • posted by ちっく 
  • URL 
  • 2016.07/13 08:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ちっくさま、どうもありがとうございます。本当にお久しぶり。
気持ちに余裕がないと文章もネタも思い浮かばないですわ。心の平安はとっても大切!
⚪︎橋のローライズすててこ、いかにも良さそうですよねーーー。気楽に何枚もまとめ買いできない高級なとこが、私にとってのネックなのですが。使い心地を是非教えてください!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/15 14:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR