FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

危うくフェードアウトするとこでした(笑)

ごきげんよう






お澄まし飛影(ひえい)王子。
本文と画像は関係ありません。


ごきげんようごきげんよう。
お久しぶりね、奥さん。
気がつくともう7月なのよ。
ご無沙汰ーーー。
本当にご無沙汰しちゃいましたね。
先月は、魂が抜け出るのが見えたもんね(注;幽体離脱した訳ではない)。
身体の具合が悪かった訳ではありませんわ。ただただ、ただただ、気が抜けただけですの。
それにしても、気が抜けるって怖いわ。ああこんなに気が抜けるって過去あったかしら。生きてるだけで他に何の意欲も湧かなかったもんね。
もしかして奥さん、わたくしがこのままブログをフェードアウトするかと思わなかったですか。
わたくしは、思った。
実際わたくし本人こそが、
「このようにしてブログは書かれなくなるのだなあ。。。」
などと、うっすらぼんやり考えていたくらいでございます。何しろネットもほとんどまったく観なかったし、パソコンも立ち上げなかった。溜まっていたメールを受信するだけで相当時間がかかったぜ。
何ごとも継続にはチカラが必要なのだなあ。他所さまは素晴らしいのぉ。
着物は1ヶ月まったく着てないです。家からもほとんど出てないので、家着以外着るものなど必要なかった。依って書くことなど何もないのでございます。困りましたね。
若干気持ちが盛り返したころから、ただひたすら本を読んでおりました。

若いときから好きで集めたSFやホラーやミステリーなどをほとんど処分して(BO○K OFFに売り払っても相当な金額になった)書庫もスッキリしました。奥の方から有吉佐和子を発掘し、久しぶりに読み始めたら止まらなくなっちゃったんですよね。ちなみに似たような女流で山崎豊子氏もいらっさいますが、そしてわたくしはどちらも持ってましたが、有吉佐和子氏の方が好みです。どうやら、登場人物の着るものや身につけるものの描写が、わたくしのツボにハマるようなのです。

着物好きのための、有吉佐和子お勧め本は、以下。
『紀の川』明治大正終戦までの和歌山県旧家の女性を描く。
『香華(こうげ)』
明治大正昭和の芸者関係。
『助佐衛門四代記』
江戸時代から終戦までの一族の記録。
『芝桜』
明治大正昭和の芸者関係。対照的なふたりの女の着るものの違いも読みどころ。
『木瓜の花』
続編。
『連舞(つれまい)』
舞踊家の話。
『乱舞(みだれまい)』
続編。

着物のこと(素材やら柄やら時代背景)がわからないとさりげない描写も暗号です。着るものが主体の小説ではないのに着るものが重要なファクターになる、現代よりももっと、着るものが人となりを表していたと言えましょう。
わたくしはあまり好きではないけど、『鬼怒川』は結城紬の織り子が主人公。着物は関係ないけど『有田川』は紀州蜜柑の話。
着物関係で短編ですごいのは『墨』

オマケ。女性のしょうもない部分を楽しむお勧め本は、以下。
『夕日が丘3号館』大手企業の社宅に住まう話。
『不信のとき』
夫の浮気と子供。
『非色』
戦争花嫁(ウォーブライド)。
『悪女について』
イチオシ。宝石関係も楽しめます。

わたくしはもう有吉佐和子お腹いっぱいです。ここには書いてないのも全部読んだ。数十冊。当分、恐らく10年は、有吉佐和子を読まずにいられるでしょう。依って次に読みたくなったときには、図書館から借りてきますわ~(笑)。

さてそろそろ梅雨は明けるのでしょうか。九州地方の大雨を差し置いて、首都圏ではあまりまとまった雨が降らなかった今年の梅雨。すでに真夏の水不足が予想されます。雨にはまんべんなく降って欲しいのだけれども、上手くいかないもんですね。
引きこもっているうちに、季節は変わってもう盛夏の着物が楽しい季節。ブログもやっと再開できたので、せいぜい夏着物を楽しみたいと思います。
まだ出掛ける予定はないんですけれどもねーーー。

ご訪問ありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/







スポンサーサイト



Comment

No title 

懐かしいですね~。
私は中学の頃、一通り熟読しました。
好みではあるのですが、やはりちょっと重いのと、なんとなく堅苦しいお友達って感じで、その後は読んでなかったものを見つけたら読む程度、この20年ほどは全く読んでません。
読みたい気はあるんだけど、読み始めるにはちょっとハードルが高い。
和宮様御留の着るものの描写もおもしろくて好きでした。
  • posted by 天鼓 
  • URL 
  • 2016.07/07 01:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんばんは

>本文と画像は関係ありません。

良かった、これ↑がないと淋しい。飛影王子、作りもののようで相変わらずお見事で美しいな~。私も先だって本など片づけたのですが、片づけたのか、売ったのか、捨てたのか、記憶にございませんで、同じ本を再び購入すると言う無駄なことに至っております。
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2016.07/07 01:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

母の書庫に並んでいたタイトルが…。
あ、たまさまお帰りなさい。
待ってましたよ~。
フェイドアウトされなくて良かった
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2016.07/07 06:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん!生きてたかー!!!
無事でよかった!

例のオッサン四人組、そろそろまた旅に出るらしいですぞ!乞うご期待!
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2016.07/07 08:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん
おかえりなさい♪
三つ指ついてお待ちしておりました(笑)

有吉佐和子なつかしい!
書かれた本のいくつかと 他の何作品かも読みました
芝桜だけ手元に残ってます
一の糸っていう作品も 文楽の三味線弾きに惚れたお嬢様の話で 少し着物が出てきてました
真砂屋お峰は林真理子ご推薦でしたが1回しか読まなかったなあ…

にゃんずたちも暑さで大変でしょうね…
たまさんもくれぐれもご無理なさいませんように
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2016.07/07 12:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 天鼓さん、今回は全部スッキリ売っちゃいましたわ。売れたのが驚き(爆)「和宮様御留」京都の公家の描写が興味深かったです。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんにちは!
お久しぶりですーーー。宿題のない夏休みみたいなのを早めに取った感じです(笑)
私も持ってる本を2回買ったのがショックで、以来買いものリストがないと絶対買わなくなりましたわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま、お久しぶりですーーー。マジでフェードアウトの危機でした。物欲がなくなると着物も何も欲しくなくなるし、装う気持ちも減ってしまう。ちょっとは欲があった方が生きてて楽しいですね(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> はま~た姫、ご心配おかけしましたーーー。もうだいぶあらゆることが片付いて気持ちも身体もラクになりましたよ。札幌は、行くよね?
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさんお久しぶりですーーーどうもありがとうございますーーーやっと精神的にも復活しました!

「一の糸」文楽のヒトの話ですよね。いくら顔が良くたってあれでいいのか?若い私には謎でしたが今でも謎です。男性の趣味が合わないのでしょう(笑)
「真砂屋お峰」江戸の美意識は今も変わってない気がします。華美は表に出さないっていうアレ。「真砂屋お峰」「出雲の阿国」は中公文庫だったんですけど、どうも読みづらいんですわ。気のせいかな?
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ensyuuさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/07 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

>>若いときから好きで集めたSFやホラーやミステリーなどをほとんど処分して

夫の愛読書でございます。
保有癖なもんでコンテナをレンタルしております。
死期を感じたら処分して欲しいです。ww
  • posted by emerald 
  • URL 
  • 2016.07/08 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

emeraldさま。コンテナ借りてる!!!それは素晴らしい環境です。本はたくさん集まると重いですもんね。
私もキッカケがなければ、死ぬまで処分しなかったと思いますわー。昔のSFとかむっちゃ面白いですもん。小説はもう図書館に頼ることにしますーーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.07/09 09:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさま
passionpianoさま
月涙さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.09/06 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR