FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

産業廃棄物の嵐!…&作品展が始まった~

ごきげんよう


そろそろ関東地方も梅雨入り。。。な微妙なお天気だった@首都圏西部。

所属する絵画サークルの、年に1回の作品展がありましてね、奥さん。
正味5日間、搬入・会場設営&運営・会場撤去・搬出&打ち上げまで含めた怒濤の5日間。
その間に我が家は朝から産廃業者さんが来てたりして、もういいトシぶっこいてるのであまり変化ある生活を望まないのに、滅多にない忙しさなのでした。もしかしてこれが最後の打ち上げ花火なのかも知れん。作品展には何とか参加したものの、新しい作品がほとんど描けずに、適当にお茶を濁した。参加することに意義がある作品展なのでございます。関係者各位にはご迷惑かけまくりでございます。
作品搬入当日は簡単なお洋服で行って、そのまま家のお片づけに邁進したので、着物ではありませんが、それ以降は全日程着物での受付当番です。受付に着物でいると、作品以上に喜ばれるのですわ。ありがたいことです。





6月に入ったらもうセオαでもいいよねえ。。。などと考えていたのですが、6月2日の当日になって午後の気温の予報を調べると、25℃以下、湿度も低くて案外過ごし易そうなので、もう今季最後と思われる正絹単衣を着ることにしました。
濃紺地に青い絣の正絹単衣。
おーく損にて反物のみ2300円也で購入、しばらく寝かせてから日本橋問屋街のいつもの着物問屋さんで仕立てを頼んだブツです。シーズンが終わると汗抜き&丸洗いなどのお手入れに出して、毎年便利に着ております。帯合わせが様々にできて雰囲気も変えられるのが気に入っているし、何よりこの着物の着心地とこの着物を着た着姿が自分で好きなのですわ。自画自讃できる着物(当社比)。
大昔は、民芸風紬は似合わないな~苦手かも~と敬遠していましたが、食わず嫌いは良くないと思いました。
白地に薄紫色で華紋が織り出された八寸名古屋帯。
ポリエステルで新品のデッドストックものを自分でかがりました。もちろんミシンで!こういうことがマメにできるときもある。

紫色系七宝柄手ぬぐい半襟。
べにお先生に先月いただいたもの。本麻の半襦袢に付けて、さっそく使わせていただいてます。
100均ダ○ソーピンク×グレイ系スカーフという名の帯揚げ。
これは200円也の去年のブツ。ちょっと挿し色したいときとても便利。
正絹濃紺の帯〆。
幅狭め少し短めの帯〆を三分紐として使っています。シ○エイさん。
ひめ吉さんちの帯留め。象。



 




 



夜会巻も比較的簡単ラクにできるようになりました。あんなにできなくて髪型作りに困っていたのはなんだったのか。ありがとうありがとうステルスタンタン(敬称略)。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



さてわたくしは今、産業廃棄物を出すということ、及び業者さんの仕事の仕方、産業廃棄物を出さざるを得ない現在の日本の暮らしについて、等々、あれこれ考え、思うこともあるのでございました。
まあ、現物の一部でもご覧いただきたく候。



 







2トントラックに効率良くゴミを詰むために、そしてこの後産業廃棄物処理場に持ち込んで処理する過程を円滑にするために、(例)食器棚やチェストなど木製のものはすべてある程度の大きさの破片になるまで壊し、すべてのものは平らに平らに積み込まれていきます。そういった作業も業者さんの作業金額に組み込まれています。
食器や花器などの陶磁器類はあらかじめそれだけでまとめておきましたが、業者さんがさらに分別します。法に則った産業廃棄物にするためには仕方ありません。
積んで積んで、可能な限り積んで、いつしかゴミの天井は1階の屋根の高さを越え、2階の窓も半分塞いでしまうほどになりました。老人2人1世帯、さほど広くもない家の中にあるもう不要になった持ち物は、ゴミになると凄まじい分量です。
午前中いっぱい作業して(10時にお茶とお菓子を出した。正しい職人さんの休憩)、トラックはこれから首都高を走り、産業廃棄物処理場へと向かいます。親方のこだわりで、首都高でブルーシートがはためかないように、きっちり縄をかけました。
1日では済みません。2日目も同じ時間(朝8:30)からの作業です。
前日詰めなかったもの、特に庭に設置した物置の解体とその中の謎のブツの分別作業が大変そうです。



 


下見した当初、親方が危惧した3日目はありませんでした。無事、2回で作業完了したのです。前日、限界いっぱいまで頑張ったおかげです。
2回目は、それでも1階の屋根より高く積み込まれました。
作業で出た小さいゴミを集めて、玄関先から駐車場まで掃除してくれて、産廃業者さんご一行は去りました。また途中でお昼を取って、首都高を走るのでしょう。親方は、翌日曜日1日休んだら、次はウチの隣の市町村だと教えてくれました。産廃業務は日々続きます。
ヒトやお仕事にも依るのかもしれませんが、家というのはそうそう取り替えするものではありません。そうして長くそこに済み続けると、澱のように溜まっていく何か、が、確実に存在するのではないでしょうか。なくても困らないけれどもあると便利というものはそこそこあり、かつては必要だったけれどももう必要なくなったものもそこそこあります。流転する世界で生きているのですから。でも実際には、そのまま目につくものだけ片付けて綺麗に見せて暮らしていくのは充分可能です。生きる上での支障はありません。よほど意識して捨てる習慣がないと、ただ整理整頓しただけでは実は何も解決していない(それは質量保存の法則でもある)。。。そうしていつかその誰かが存在しなくなったとき、もしくはその場所が誰かに必要なくなったとき。。。別の誰かにしわ寄せが行く、わたくしたち夫婦はその真っ最中ってな話なのですわ。
庶民がここまでモノに囲まれて便利に生活する時代はかつてなかった。たくさんの産業廃棄物が出るのは、実は、これからの時代のような気がしています。
。。。っつーか、真面目に語って申し訳ない。







スポンサーサイト



Comment

No title 

産廃の話し、考えさせられました。決して他人事ではありません。

ウチも夫の母が捨てられない&買物好きなので今から心配です。
モノはいっぱいありますがとても小柄なことと全て「しょうのう」臭くいただきもの大好きな私でも手を出しません。
よって全てゴミになります。
今のうちから片付けを勧めていますが聞く耳持たず…。
何とかしなくちゃいけません(泣)
記事、ためになりました。ありがとうございました。
  • posted by 月涙 
  • URL 
  • 2016.06/06 07:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほんとに凄い凄い物量だったのですね~~ 2日もかぁ・・・
これで、ゆっくり出来ますね。まったりした着物記事と美猫達の話をお待ちしております。お疲れ様でした。
  • posted by ちっく 
  • URL 
  • 2016.06/06 16:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

このトラックが50万円分かと思うと‥
切なすぎる‥(。-_-。)

それはともかく お着物シュッとしててイイですねえ~~\(//∇//)\
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2016.06/07 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんばんは
お着物、いーですね~~~♪地色も絣の色も好き、落ち着く~~
髪型も素敵です!髪の流れも綺麗に見えますよ!

私も単衣のレパートリーが欲しくて引き続き探しているのですが、裄がいいのは全部似たような色目と柄。でも滅多に出会えないんで似てようが違いが解らなかろうが取りあえずぽちっと(^^;

お片づけ、すごい量やったんですねー。色んな種類のゴミが混在してたんですね、分別も大変やったことでしょ。この搬出で片づけは終わったのですか?私も先日義母から託されたお着物を改めて確認しましたら虫が食ってたり、糸が腐ってたり、絶対着られない(=ゴミ)があるのが解って処分しました(燃えるごみでおさまる程度)。傷んでると捨てやすいのですけど、どうにもなってないけど不要ってのが厄介です(^^;
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2016.06/08 00:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 月涙さま、ご訪問ありがとうございます。
お片づけ若しくは処分は、直接血が繋がってない人間がやるのが一番良いようですわ。嫁とか。息子&娘にさせたら何ひとつ整理できませんよーーーヽ(´o`;(注;性格にもよる)
覚悟を決めて頑張りましょう。応援しますーーー。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みかりんさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ちっくさま、どうもありがとうございます!!!優しい言葉が身に染みるこの頃。身体に受けたダメージは思いの外大きいのでした。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kawaiikurisuさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん、私は今、このような捨て金(号泣)と税金以外、お金を使えずにいます(>_<)健全な消費活動ができるのはいつだろう???
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんどうもありがとうございます~。この着物が着られる時期はとても短いですわ。春単衣の季節は駆け足ですねーーー。
私の場合は、自分では着ない着物は(一部ブロ友さんに差し上げられるもの以外)全部、送料着払いの着物リサイクルに送りつけておしまいにしますわ。着物を着ない人みたいな処分の仕方ですが、自分は何も抱え込みたくないーーー(^_^)v
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.06/16 13:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR