FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

べにお亭年の瀬合宿vol.1イントロダクション

ごきげんよう


雪がたくさん積もりました@首都圏西部。晴れても気温が低いので、まるでとけません
屋根からどさどさ落ちる雪の音で、ウチの飛影王子は怯えきっていますわーーー。


わたくしはiPadでネットショップやおーく損(オークションに於ける損得感及びそれにまつわる複雑な感情をひとことで見事に表現しきった@ほあかばりきるま。氏)を徘徊するのが娯楽なんですけれどもね、実際に買うことはほとんど滅多にありません。
何故なら、ネットショップは送料が発生するため、送料無料までお買いもの内容をあれこれ考えているうちにだんだん面倒くさくなってしまい、おーく損は終了時間がアタマに入っていないので前もって入れてもいい金額を入札しておくと、必ず!場合によっては100円違いで他所の誰かに持って行かれるからです。
無駄遣いが合法的に阻止されて、ありがたいことですわ。
本気で欲しければ、キチンと姿勢を正してパソコンに向かいます。
ごくたまに、戯れで入札しておいたら自分が落札してしまった!ってな事態もありますが、そのときはそのときですわ。先日も妙な柄の訪問着を1100円也で落札してしまい。。。ホント、いつ着るねんって感じなんですが、ロケハンもしたのでそのうち撮影に行ってみようと考えております。雪がとけたら。。。
それで、ですね。
このようにわたくしが楽しくネットを徘徊していたとき、阿波しじらの反物を見つけたんでした。
1反ずつ出品されているのはさほど珍しくありません。けれどもそれは2反いっぺんで、送料は出品者持ちなのが珍しかったのです。
わたくしはふと思い立って、べにお先生に連絡しました。
「せんせーせんせー、阿波しじらの反物、2反5000円って安いの?」
「あら、それはお買い得ですよ」
「それもね、色味がちょっと変わってる。よく見掛ける青地に縞じゃなくてさ。見てみて」
するとべにお先生が、緑色なのか灰色なのか画像では判断にしくい反物に、喰い付いてらしたのです。
「あら、ホントに、これは珍しいわーーー」
「でしょ?。。。でね、先生、ワタシがもしこの反物を落札したら。。。先生が、阿波しじら単衣の縫い方を教えてくれない?」
「えっっっっ


たまさん、裁縫嫌いでしょう。単衣なんか縫えるんですか」
「1回はやってみたいと思ってたんですけど、布の裁ち方から教えてくれるヒトってそうそういないでしょ?」
「うううーーーーーーーん
よござんす、ワタシも阿波しじらを自分で縫うのは初めてです。いっしょにイチから縫いましょう」
「ホント、先生!?教えてくれるのーーーー???



「うううーーーーーーーん、教えましょう!」


。。。こうして先生の許可を得てから、わたくしは阿波しじら2反送料込み5000円也を入手したのでした。先生のとこのブログではここのとこ話が逆になってるけれども(そして先生にとっては結果は同じなので気にしなかったらしいけれども)声を大にして言うならば、先生に教えてもらう許可を得てからお品物入手ですから、そこんとこよろしく。いくらわたくしが失礼極まりないヒトでも、先に買っておいてタダで教えろとは言えませんわ。
正直なところわたくしとしては、何回くらい合宿すれば縫い上がるのかまるで見当もつかないし、先生と予定を摺り合わせて合宿をしなくてはならず、年度末年度初めにお忙しいべにお先生に快諾していただけるとは思っていませんでしたので、「マジすか?」ってな気分。
でも思うに、先生としては、いつもの実験・検証魂もしくは、難しければ難しいほど萌えるじゃねえ燃える修行好き性質部分が出ちゃったんではないか、と察せられます。
『初めて縫う阿波しじら』と、『和裁が初めてのヒトに縫い方を教える』っつーことと。どんな風になるのか実験して検証してみたかったのでしょう。
昨年など、「セオαって縫ったことない。縫ってみたいな」っていうだけで、ステルスタンタンが入手した反物でわたくしサイズにセオαを縫ってくださったっけ。
いつまでも「新しいことに挑戦」が好きだな、先生。(←依頼しておきながら若干呆れている)
出来が悪いであろう生徒としては、せいぜい、先生をあまり煩わせないように、しっかり頑張ろうと思っております。



他には、入手してからずっとしまい込まれていた紬の洒落袋帯を、付け帯にすること。
わたくしは洒落袋帯があまり好きではなく、自分では絶対買わない(家にあるのは実家の母親が買ったものばかり)はずだったのに、こちらはつい買ってしまった。ポイントは「猫柄で安かったから」に他なりません。
「となみ帯」の製品で量産されたらしく、最近も同じのがおーく損に出てるのを見掛けましたわ(ホントにネット徘徊が娯楽なんですよ)。
紬の帯は、八寸だと扱い易いんですが、袋帯になると重くてねえ。オバちゃんだからかしら。


今回はコーディネート遊びをする訳じゃないので、1泊のお泊り合宿に要るものは少ないです。
あとは当日、自分が着るものだけ。
いつもべにお先生には呆れられますが(ただ片道をやって来るだけなのに、そのいでたち)、よくよく考えれば、我が家からべにお亭まで電車走行距離でも50キロあるのです。50キロの道のり、乗り換えもあって都心も通過するのをまさかパジャマで移動はできまい。ならば着物を着た方がラク。。。という判断なだけですわ。
べにお亭につくと、大量の猫毛が付くので、必然的にラク着に着替えなければならないのですが。このように何度も着替えをするので、べにお先生は呆れられるのかもしれませんね








 


鏡紋の泥大島紬9マルキ。八掛は墨色ぼかし。
生成り色地にピンク色市松と黒猫柄のポリエステル半幅帯。
ひめ吉さんちの刺繍半襟。生成り色地にシャム猫刺繍。
納戸色ちりめん地帯揚げ。
青×黒市松とストライプの三分紐。
ふりふ。
ターコイズのハート帯留め。
ふりふ。
深緑色地骸骨柄単衣羽織。撫松庵。

この上からうにくろじーうーの白いニットを羽織ります。





連載になります~。
いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



それにしても。。。さすがべにお先生だと思うのですわ。
わたくしの実母は和裁士でしたし、伯母も都内有名専門店のもの中心に依頼を受ける和裁士でした。もう引退してますけれども。で、若かりしころ、単衣が自分で縫えたらどんなにラクであろ(金銭的に)と考えたわたくしは、教えてくれるように頼んだのでした。
しかし、母親&伯母共々、速攻で断りやがったのでございます。
曰く、
「アンタに和裁は無理」
。。。
。。。
。。。
正直なところ、お裁縫も手芸もアイロン掛けも苦手ですが。面倒くさい。だからこそ、きちんと習いに行こうとはまるで考えなかった。1枚だけ、単衣を縫ってみたかっただけなんだよーーーー
(今現在母親は、半襟を自分で付け替え自分で着物を着ている娘の姿を見て、驚きを隠せずにいる)
まああのとき速攻で断った母の気持ちは、いいトシぶっこいたオトナになった今ならよくわかる。
ヒトにものを教える行為とそれを自分ができるかどうかは、まったく別次元の問題なのですわ。
他人にものを教える行為というのは、ある種の能力が必要だと考えております。わたくしなども、限られたジャンル限られた範囲内でしかそれをなし得ませんので、その辺りはよく理解できます。それを思えば、気の毒なウチの親に何か教えろというのは、非常に酷であったのです。
べにお先生は、教えるプロではあるけれども(教えるプロだからこそか)、作業の進行状況などを考えつつ仕立て上がりまでのカリキュラムを組もうとしてらっさいますわ。アタマ下がるなーーー。
実は、すげー面倒なこと頼んじゃったんじゃないかな。(←今頃気付くな)
いっしょに縫おうかな、くらいの軽い考えだったんだけれども。。。(←浅はか過ぎる)
申し訳なーーーい!!!
先に全力で謝っとこ。そしてホントに気持ちよく教えてもらえるように、全力で頑張らねばならぬ。ヒトサマに迷惑はかけられない。
そして、最終的に、形になって、着られるのが、ゴールです。
夏までに、できるかなーーー???
。。。
。。。
ま、いいんだ、単衣を着る季節内(9月くらい)にできあがれば。。。(←トーンダウン)



スポンサーサイト



Comment

No title 

あれ? そうだったっけ?

落札よりも、縫い方教えて~が先だったっけか?
わっはっは、すんませんのう、記憶があいまいでのう(笑)。
ともかく、たまさんが自分で単衣を縫いたいって言ったのがビックリだったんで、そのあたりの記憶もふっとんだのさ(爆笑)。
まぁ、どうなるか分かりませんが、なるべく無理のないカリキュラムを組んでみるさー。私も、新しい和裁の本のやり方を試してみたかったからね~。やっぱ、実験→検証でしょー! イエイ!
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2016.01/20 05:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ちなみに、たまさんがお出かけの際に着物でいらっさることに、呆れてなんかおりませんことよ! むしろ「これこそ、おされ人❤」と惚れ惚れしておりますわ~。あっしには出来ません(笑)。人は、自分にできないことをやる人を、尊敬するもんだすー。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2016.01/20 05:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たしかに、私も自分では縫えても、知識ゼロの人にイチから教えるということはできません。
理解が自分に頭の中で完結してしまうタイプなので。
いい先生が身近にいらっしゃってよかったですね~。
あとは、きちんと完成して、べにお先生と一緒に着てお出かけすることこそ、そのご厚意に報いることになりましょう。
がんばれ~。
  • posted by 羽衣 牡丹 
  • URL 
  • 2016.01/20 09:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

素晴らしい実験ですねー。で!自分の出来ないことを教えてくれる友人は宝ですわ。あの~ちょっぴりキツイことを言いますね。単衣9月でいいんですか?だって5月くらいになると着たくなるんでは?ジメジメ梅雨にはサラッと軽いしじらは心地よいでしょうねー。私楽しみにしていますね😝
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2016.01/20 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生、スゴい朝からコメント入れてますね(笑)私はこれから寝るんですってば。
そっか!自分ができないことをやる人を尊敬するんだーーーって、そーいう納得の仕方でいいのか?(爆)すみません、私は、干し芋への傾斜とか結構呆れております。ああでも先生にどこまでもついて行きますよ!愛があるから(笑
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 羽衣 牡丹さま、単衣を自分で縫うのはずっと憧れていたんですよーーー関係者各位に迷惑をかけるから、1回で充分だとは思っているんですけれどもね。上手く縫えなくてもネタになるさ!着られるように出来たら、ホントにスゴいわーーー自分。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、人に恵まれて本当にありがたいことですわ
当初は半年計画だったんですよ。月に1回の合宿で全6回。でも、毎月合宿するのは不可能だとわかりました。べにお先生が夏休みに入ってからも続く予定ですわ。とりあえず、仕上げるまでは、頑張ります
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みかりんさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

しほねいさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/21 02:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すばらしい。
そんなにいろいろ考えておられたんですね。
そしてべにおせんせいとのコンビだからこそ成しえる行なんですねっ!
ああ、私も近所にいたらご一緒させてもらって単衣を縫い上げてみたいっす。
誰かにケツをしばかれなければ動けない人間なもんで。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2016.01/21 19:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。ホントに縫い上げたら凄いなあ。。。と(←まだ他人事)正直、素人ですし実感湧きませんよね~(^^;)
べにお先生と喧嘩しないで頑張ります(爆)っつーか本当に、先生の迷惑にならないようにしないとなーーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/23 01:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ちっくさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.01/23 01:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.10/19 23:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR