FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

友人★お茶事の着物リターンズ

ごきげんよう




今月は何やかやと、茶道関係のお出掛けが多い友人★でした。
今回は大寄席のお茶事で、友人★は亭主役の仕事があてがわれています。
★の社中の先生は、お茶会では生徒さん全員に色無地を着せたいタイプ。水屋当番もお運び役も、全員色無地で揃います。
茶道に限らず、伝統芸能の習い事は、先生の考え方や団体に於ける先生の立場などで、生徒さんの方向性まで左右するようです。大寄席のお茶事などのお席を持たず自宅でのお稽古のみの先生も大勢ですし、お月謝の額は基本的に決まっていますが(本部が決める)使うお道具類が文化財だったりして(^^;)教える人も習う人も浮世離れしているお稽古場の存在も知っています。
伝統芸能を習う動機はひとさまざまでしょう。
わたくし自身は、着物を着る機会を増やしたくて、着物の所作が少しでもマシになればいいかなと思って、遠い昔に始めたのでした。正直言えば、わたくしは日本茶も和菓子も嫌いです。お稽古を初めてから、自分の甘いもの嫌い和菓子嫌いを知りました。オーマイガッ
(実はクリームとかスポンジケーキとかも大嫌い、洋菓子苦手なんだよね。。。)
それでも先生のお人柄が好きで、お稽古にも「(先生曰く)おとっとき」のお道具を惜しげなく使えるのがありがたくて、長く続けて参りましたわ。それはそれで楽しゅうございました。このようなしょうもない弟子を長年指導して、先生には申し訳なく感謝しかありませんわ。
。。。が。
わたくしは本来の目的、わたくしの最も重要な目的を、目測違いしていたのです。
茶道という伝統芸能の世界では、『(好きな)着物をたくさん着ること』は、叶いませんでした。
もちろん、本来着物が着たくて始めた習い事なので、月に4回のお稽古はできるだけ正絹の紬で出掛けました。それでも仕事が終わってから行くので時間的にも難しいときが悲しかった。そうして季節折々のお茶事には、それなりに格がある柔らかもの。袋帯を二重太鼓にして。遊びっぽい小紋などは楽しいですけれども、先生のお宅で行われるお茶事でしか着られません。こんなのでも、大きな伝統芸能団体の隅っこに属するので、何もかも自由という訳にはいかないのです。すると、着物のバリエーションはかなり限られます。
元々、わたくしの着物の好みが、紬に特化していたのも不自由でした。するといくらお茶事で着るとはいえ、必要最小限の略礼装を必要最小限の枚数しか欲しくなくなっていくのです。。。
わたくしは茶道で着る着物を「仕事着」と名付け、割り切ることで、長年のお稽古を過ごしてきたのでした。
。。。この話には何の教訓も教えもありませんわ。オチもない。
ただ、『(好きな)着物がたくさん着たいだけ』の『抹茶と和菓子は嫌い』な人間は、お茶のお稽古はしたらあかんと思うで。(←自分のことやろーーー









さてわたくしの友人★が入った社中は、大寄席のお席もたくさん持って手広く積極的に活動してらっさるのでした。お茶事の着物も、色無地と江戸小紋(どちらも一つ紋付)に決まっています。
色無地は文字のごとく全体が1色ですので、自分にとって肌映りのいい着やすい色目は、そうそうたくさん用意できるものでもありません。そもそもつまんないですし
(←こういう風につまんないと思うところが、わたくしのダメなところだと思う)
勢い、春用夏用秋用冬用程度で、着物を増やす気も金銭的余裕もないのでした。さすがに年齢が上がるごとにちょっと良い袋帯を新たに投入して、やりくりして来ました。
そうして長年を共にした友人★の色無地が、そろそろヤバそうなのです。。。






モニターではどう見えるのでしょう?
手元の日本の伝統色では『辰砂(しんしゃ)』と『蘇芳(すおう)』の中間のような、赤系統の色目です。背にひとつ紋を抜き紋で。生地はちりめんほどのぽってり感はなく、比較的薄手の梨地。
帯は天格子に華紋が織り出された袋帯。地色のグラデーションが着物を選ばず合わせやすいです。色無地は帯が目立つので、織り方や柄の持つ格には気を使います。
黄緑色総絞り帯揚げ。
草色高麗組帯〆。
帯揚げ帯〆は、格を高くする無難セット。



 


この色無地は1年に何度も着ます。そのたびに大汗をかきます。大寄席のお茶事では冷や汗もかきます(笑)着たらすぐにお手入れに出します。この着物を作ったお店が、割と頻繁にお手入れキャンペーンをやっているのですわ。
でも、背中のスレはもう修復がキビシイかも?と感じるほどになってきました。それほどヘビロテしたのですわ。もしかして現代着物冥利に尽きるかもしれません。それでもまだ穴が開くほどではない。
以前、派手になった色無地を解いて色掛けしたものは、地紋が深くて可愛いのが気に入っていたので、そこまで手を入れる気にもなったのですが。。。この色無地はどうなるでしょう。



草履も消耗品。
友人★の礼装用(お茶事用ともいう)草履がすっかりダメになったというので、何かと忙しい友人★の代わりに、おーく損でなるべく安く早く、礼装用草履を買って欲しいと頼まれました。
普段、わたくしが絶対のぞかないような、カテゴリです。しばらく様子を伺うと、『紗織』というブランド?メーカー?の新品がいろいろなところからお安く出品されているのがわかりました。
金と銀がありますが、茶人は銀台だそうです(嘘です。友人★の好みです)。
この草履は1円スタートする業者さんと1000円スタートする業者さんが入り乱れて、いかにも安く手に入りそうな気がするのですが、モノがシンプルでリーズナブルだからか、ぼーっと見ていると次々落札されていくのです。わたくしの予想外のお値段です。でもよく考えれば激安なのですわ。わたくしは、礼装用草履などそんなに需要があるはずないだろ、てな根拠のない思い込みがありました。ごめんなさいごめんなさい。ココロを入れ替えて、謙虚に落札しなくては。っつーか、急いでるし。
ヒトサマのものですが、久しぶりにぽちった。送料込み4000円代。
楽しかったです。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



先月末は青々していた蜜柑も、だいぶ色付いてきました。


スポンサーサイト



Comment

No title 

ご友人★さんがヘビロテされてるのとそっくりな色目の丹後ちりめんが、結婚祝いに頂いた反物のままの状態で箪笥に冬眠してるのを思い出しました‥

私はお茶もお花もやったことがなく、伝統芸能として笛は習っているのですが、おさらい会は大体夏なので、お稽古事で色無地を着る機会がないのです‥
なのでこのまま行くと本当に箪笥の肥やしになってしまう‥
結婚祝いに頂いたものでなければ、誰か使ってくれそうな方のところにお嫁に出すのにな~~と逡巡しております‥
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2015.10/20 16:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさんこんにちはお祝いにいただいた丹後縮緬。。。良いものなんでしょうね!寝かせてるものもったいないけど、実際着る機会がない。。。お察ししますわ。友人★は着ないので勧めないのですが、羽裏に派手で可愛いのを付けて背中に刺繍の加賀紋を付けて長羽織にすると、大島紬や結城紬に合いそうですわ~ちょっと贅沢な遊びですよね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/20 19:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たま様。いつもためになるブログ楽しみで読んでいます。しかし今日はさーっと読んで業務連絡です。フライングタイガーで八雲氏のブローチ風シール4枚セット200円です❤正確にはシャム猫ブローチ風ステッカーです。可愛いのー。これで上手く工夫したら本当にブローチや帯留になるかな?とにかくどなたかに探してもらって下さいね。それからモダン◯ンテナの色んな猫がボンボン飛んでる帯にも八雲氏がいますね。あれは紬等にピッタリだと思います。色んな色が入っているし似合いそう。私はおもちゃ猫欲しー。集中してそれのみならいつか買えそうですね~。絶対たま様買うなぁーと感じます。ウフフ✨ではコメントに好きな事を書いてごめんなさい。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.10/20 19:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

擦り切れるほどに着てもらえる着物って素晴らしいですね。
草履だってくたびれて駄目になるほどに履きこまれる。
草履や着物に心があったなら「ありがとう」と、しみじみ云ってもらえそうです。
ところで礼装には縁のない私ですがこの帯はとっても素敵で使い勝手が好さそう。と、惹かれましたわ~
それに礼装用の草履が4000円とな!?しかも送料込!?
すんごいお買い得ですね
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.10/20 20:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/20 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/20 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

和裁はいいですよ~。
着ていく着物に縛りはないし、動くので紬は最適。
おまけにマイサイズの着物がどんどん増えるのです。
反面、自分で縫えるから~という言い訳でいつの間にか落札した反物や仕立て直し待ちの着物が山積みになりますが~(滝汗)。
  • posted by 羽衣 牡丹 
  • URL 
  • 2015.10/20 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、早速検索かけましたわーーー。行けそうな範囲新宿池袋表参道吉祥寺にショップがあります。要チェックですかね。八雲氏柄は出回るものが少ないから貴重ですわー
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/21 11:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。もうこの色だと、上から色をかけても、ベテランっぽい雰囲気の着物にしかならないようなのでσ(^_^;)友人★も思案中ですわ。袋帯は、使い易くて、良いものを買えた!と締めるたびに感激します
礼装用はもっとスゴイのはもっとお高くてピンキリの世界ですね。草履は履かなくても劣化するので、おーく損では新品しか狙えませんわー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/21 11:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ちっくさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/21 11:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/21 11:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 羽衣 牡丹さま、和裁は。。。ダメだーーーっもっとハードル高けぇ実は一番身につけたいスキルだったりしましたが(若いときの私には先見の明があった!そして私の母親&伯母は元プロの和裁士)私には絶対無理と判断し判断され、やっぱり無理でした!血は受け継がなかったらしい。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.10/21 12:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR