FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

べにお亭図書館から借りた本

ごきげんよう


予約投稿ですねん。


今月のアタマ頃。。。ウチの夫共々、べにお亭で晩ご飯をごちそうになったんですけれども、べにお先生がお作りの美味しい料理の数々は画像もレシピもべにお先生に丸投げすることにして、わたくしはそのときべにお先生にお借りした本について、画像と共に軽く解説したいと存じます。
べにお亭での宴は
こちらから参照くださいませ(全3話)。

べにお先生は着物本をよくお買いになるので、わたくしは借りて済ませます。ありがたいです。
今回お借りした本。





わたくしが着物関係の雑誌を買わなくなって、もう久しいです。大昔は『美しい○○』『○○サロン』などを購入していましたが、あれらは広告ページも多く紙も光ってるし(←光沢紙と言いたい。特に『○○サロン』の紙質は高い)重くて嵩張る。。。でも何となく処分できずに約20年分ほどを溜め込んでしまい、そうなると年に4回の発行でもとんでもない量でしたわ。着物生地の織り方やら産地の解説やら、好きな感じの織柄やらの役に立つ記事もあったのですが、わたくしの性格からしたら、スクラップブックのようなものを作ろうとしても挫折するはず。そう考えて全部資源ゴミに出してしまいました。書庫がスッキリしましたわ。そのうち、あちこちの着物ブロガーさんたちが着物の産地を巡ってレポしてくれ、ネット上では可愛いコーディネート新鮮なコーディネートを披露してくれて、わたくしは雑誌を必要としなくなりました。『美しい○○』『○○サロン』が打ち出す着物の感覚は、老舗の呉服店のような、礼装重視的な、若干今のご時世に沿わない感、っつーよりはわたくしの衣生活には沿わない感を感じていたのですわ。わたくしは年齢とともに、結婚披露宴にも出なくなっていたしお茶席で着る着物はいつも決まっていたし皇居の園遊会に招かれる心配もなく、ユルく楽に着物が着たい。。。だけになっていました。
『七緒』が出始めの頃、世の中は着物ブームだったらしいのですが、生憎わたくしはそれを実感できませんでした。わたくしのまわりには着物を着るヒトがいなかったからです。ネットのおかげで、世の中に案外、結構な着物好きが紛れ込んでいるのを知りましたわ。文章にも写真にも個人が出て、それらは雑誌が作るある程度整った世界よりおもしろかったりするのです。クセのあるブランドもできて個人でネット販売できる。わたくしにとってはおもしろい時代です。ちょっと残念なのは、今わたくしはいいトシぶっこいているので、リアル30代と同じ姿にならないことです。しょうがないですね

さて先生は七緒を定期購読なさってるので、わたくしはいつも1ヶ月か2ヶ月遅れで手にできるのですわ。七緒の立ち位置は、礼装よりも普段に楽しむ着物、着回しコーディネートの提案など、リアルクローズとしての着物なんですねー。どうしても似たような内容になりがちな着物関係雑誌、毎回毎回、特集記事を考えるのが大変そうだなーーーなどと出版業界の内側をおもんぱかる必要は、夏に限ってありません。いつだってこの季節は浴衣特集なのです。先生のツボは、雑誌のスタイリストさんが提案した浴衣と自分が好きな浴衣、どっちを選ぶ?特集でしたわ。先生と意地悪コメントをやり取りしつつ雑誌を眺めるのは、楽しいものです。
『日本の大和言葉を美しく話す』国語教師らしいセレクトですね。わたくしは普段、文語体を投入して話すことが多いので、漢語や熟語など若干固い言葉をセレクトしてしまいます。柔らかい年寄りになってみたいものです。




『カジュアル着物ブック』このイラストレーターさん、男性だーーー。おもしろーい。
比較的若いコ向けの着物のセレクトやコーディネートについて。
『きくちいまが伝えたい!40代からの新・着物生活』
着物を比較的長く着ている人間にとっては大体どれも身近な話で、「ああそうそう、そうよねーーー」とか「ああわかるわかる!!!」など納得できること多数。今まで誰もこういうこと、大きな声で言わなかった(言ってたけど広まらなかった。素人には言える場所も機会もなかった)けれども、こうしてキチンと形にできるヒトが現れてよかったなーーーと思います。。。って若干上から目線っぽいですがどうぞご容赦ください。わたくしの方が年上なのでつい(笑)本音は、わたくしもいろいろ散財したりぐるぐる迷ったりする前にこのヒトに出会いたかったわーーー!って気持ちですの。
これからもっと着物を着たいヒト着物にのめり込みたいヒトたちが着物をどうやってどのくらい生活に溶け込ませるか、などなど、たくさんのお悩みを抱えた後続の方たちにはありがたい本じゃないかなーーー?などと思うのですわ。
もっと言ったってやーーーと、陰ながらエールを送ります(だったら本を買えよ←自分にツッコむ)。




『おひとり様のふたり暮らし』
発売記念に、谷中方面でチンドン屋さんをやると土壇場で告知があって、どうしても参加したかった!
けれども当日はよんどころない用事があって断念したのです。嗚呼、一緒にチンドン屋行列やりたかったよーーー。
ところでわたくしも大学生のとき、同じクラスのコと大学のそばに一軒家を借りて暮らしたことがあるのですが。。。シェアハウスの走りですわ(美術科だったので、アパートより一戸建ての方がアトリエになっていいと考えた。実際は、雀荘扱いであった)。期日が決まっている学生と社会人とは取り組みが違いますねー。
『半幅帯の本』半幅帯の結び方を、系統を分けて解説。わたくしは帯結びの本を、振袖用のものしか持っていませんが、アレも系統を分けて解説してる本がわかりやすくていい本だと思っております。系統が同じならば、途中まで同じ手順なので。オトナにはアタマに入りやすいのですわ。まあもっともわたくしにはもう振袖の帯結びは必要ありませんけれどもねー。
わたくしは半幅帯をよく使う方ですが、基本は文庫を崩したものなんですわ。オトナなのでハッキリした文庫にはしません。それか最近は割り角出し系。リボン返しみたいな。あとは仮紐を使ったぱたぱた結びとか。オトナなので華やかに盛るよりはボリュームを抑え気味にココロ掛けておりますわ。顔に似合ってればノープロブレム。本当は、オトナなので、貝の口などの帯結びが覚えられたらいいなーーーとかなんとか思いつつ幾星霜。そう、どういう訳か、着物歴はいたずらに長いのですが、貝の口系統の帯結びはしたことないのです。覚えることもなかった。
以前べにお亭合宿にて、先生に手を取って教えてもらったのですが、何度かやっても綺麗な形にならず、すぐに忘れてしまいました。このような本で結んでみようとしてもイマイチできない。どうも貝の口系に対しては苦手意識満載なんですけれども。っつーか。この本を読んでも、基本中の基本型が手とカラダとアタマに馴染んでいないのでイマイチ理解できない。。。という、しょーもない事実を発見しました。新しい馴染みのないことは覚えられない。わたくしのアタマが老化しつつあるのでしょうか。カラダが完全に老化する前に、貝の口系のオトナ結びを是非ともマスターして、アタマとカラダを密接にしたいと考えております。
そんなご大層なことだったでしょうか。わたくしがもっといいトシぶっこく頃。。。おばあさんが半幅帯でリボン返しを結んでいても特になんでもない時代なんじゃないか、とも、うっすらと、感じております。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/

スポンサーサイト



Comment

No title 

貝の口が苦手とは!
貝の口は、帯締めが正しく結べれば結べます。
同じ結び方ですよ。
男結びみたいになりますが、左右とも帯幅を半分に折って、帯締めと思って結んでみられるとよいと思います。
納得できれば、垂れ先の方を半分に折らずに同じように結べばよいです。
長さの調整は面倒ですから、手先を4-50cm取って垂れ先の方が長すぎたら引き抜ききらずに残せば、矢の字か吉弥かどっちかの結び方になります。
  • posted by 天鼓 
  • URL 
  • 2015.07/24 23:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんばんは♫

私も同じく 美しい⚪️⚪️や⚪️⚪️サロン 購入してました。
そして同じような理由から買わなくなったのですが、ドケチな私は密林サイトで売りに出しました‥σ^_^;

いくつかはまだ売れ残って何年も放置されてますが、大方はそこでさばいてお小遣いになりました♫

ご紹介されてる中では きくちいまさんのが気になります~(≧∇≦)
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2015.07/25 00:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

半幅帯の本、私も持っているのですが、実際それを結ぼうとすると、使いたい帯とその結び方が合わなくて結局違うことになったり、まだまだ勉強不足だな~~と思い知らされます。それとお尻が大きいのでちょっとでも隠したい、誤魔化したい。お太鼓だと柄出しが難しいだけで結び方は一つやし、タレで少しは隠せるし(隠れきれないけど・笑)。

着物の本を見ていると、欲しいものが出て来ちゃうので、見るのは楽しいのだけどあまり見ないようにって気持ちもあります。なので、誘惑に負けないよう耳より情報だけ、こちらでサラッと拝見できればと思いますです(^^;
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2015.07/25 08:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たま様。おはようございます。珍しく病(胃腸風邪か単にお腹を壊したのかわかりませんが、ある日突然やってくるのですねー。)に伏せっております。今回のは早く治るらしくだいぶ良くなりましたが、この季節危険がいっぱいですわ。猫様達もお元気でおられますように。で、色々本を買いあさり、夜中まで読んでいた時期もありましたが私ももう買わなくなりました。ブログの方が楽しいし、好みも固定されてきたし、でね❗️昔、着付けの試験で貝の口があったのですよ。そのためだけに覚えてすぐに忘れました。私もあれには縁が無くって、たぶん一生しないなぁ。人様がしてるのを見ると粋だわー。と思うのですが、半幅はしないので関係ないかなって思ってます。きっと時代は変わってリボン返しでもちっともおかしくないと思いますよ🙆
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.07/25 09:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

貝の口が話題になっていますね。
たま様の場合は用がないのか食わず(?)嫌いなのかと云った風に受け止められますが。
椅子にどっかり座って背もたれに体重をかけたいときは良いですよね。車を運転するときとか。
本は欲しいけど結構手が出にくいお値段だし人様のブログを徘徊するだけでもいろいろ参考になったりもするからそれで充分なんですよね。とんぼさんやあすかさんなんてほぼ参考書と化してますもの。
たまさんの色遣いもいつも素敵で「ええわぁ♡真似したいわ~」って思うんですが似て非なるもの。否、似ても居ない非なるものに仕上がるんですな。うむ~~~。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.07/26 07:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 天鼓さま。今まで何人かの方に手取り足取り教えていただいて、その時はできます。で、1週間後には忘れている。。。私の脳に貝の口消去機能があるとしか思えませんわ~。そして実に驚くことに!ヒトさまに着付けるときは(どうやら吉弥結びらしいですが)できます(爆)
そのうち私の後ろ姿画像に貝の口が現れたら、何か悟ったとお考えください。もういい加減に悟れ、と自分にツッコミたい。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさんこんにちは。密林サイト売り出し!!!ステキだ
私も今ならきっとそうしていたでしょう。アナクロ時代なのでBO○K OFFも取りに来てくれませんでしたわ。ああクチ惜しや(爆)
きくちさんの本おもしろかったですよ。しみじみ共感できるとこが多かったです。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

内緒さん、実はちょっと順番が違うんですよ~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kil**one*o97*24さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんにちは。
同じ結び方をしても帯の質感が違うと違う帯結びみたいになりますよね~。私などその日の気分で変化しますわ。アラて先が長過ぎたかも、とか。だから本を見るのは時々基本を確認しとこ、みたいなとこありますわ。

私の購買意欲は、本よりも他所さまのブログの方が影響されます~。だから、毎日、危険(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま。あらー。ウイルス性腸炎なども流行ってると聞きましたよ。暑いとホントに何もかも駄目駄目ですよね。どうぞご自愛くださいませね。
そういえばアンティークには半幅帯は見掛けませんね。半幅帯は当時、かなーり普段着だったろうし。アンティークの夏帯の、お太鼓部分の美しさったらありませんわ。儚い感じがして。
私は、体型や雰囲気的にも粋な感じはまったく似合わないし、オトコ前でもないしなあ。このまま行っちゃうのかなあ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 11:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。私の場合、半幅帯の結び目が背中に当たるといい感じのマッサージになるので、気にしないで背もたれしますわ。ごりごりして気持ちイイ(←これ、今のところ誰にも共感してもらえない!)。で、若干崩れる。でも少し手直しするだけで良し(爆)さすがにぱたぱた結びだけはシチュエーションを選びます。アレはマッサージにならないしね~

私は、編集とスタイリストが選んでモデルが着ている姿って綺麗で当たり前だと思っているので、見てもそそられないんですよね。。。一般の方のブログは、ずっと刺激的ですよ。いろいろなタイプのヒトがいてそれぞれがリアルクローズですし。着こなしも楽しいし読んでも楽しいです。私のもおもしろがってもらえれば幸せですわ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/26 12:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

貝の口消去機能…くっくっく、面白い!
いやー、帯結びはひたすら「慣れ」の世界ですからねぇ。私なんざ、半幅帯は吉弥結びか矢の字か貝の口、カルタ結びしか結べない。最近じゃ、文庫でさえアヤシイっすー。
貝の口系は粋って認識が高いのですかねぇ。私は、ほ~さまも書いておられるように実用ですな。背中がペタンコになるんで、もたれかかっても大丈夫ってのが一番のお気に入りポイントです。
たまさんは本を見ながら着付けたり結んだりが苦手だものねぇ~。
喪服記事がアップされたってことは、もうお戻りになったのかな?
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2015.07/26 15:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生ただいまですわ。
そーそー慣れなんですよねー。私は今でも、名古屋帯のお太鼓柄より袋帯の二重太鼓の方が結びやすい。柄出しが苦手なのね(苦笑)それに気付いてからはなるべくお太鼓柄は買わないようにしてますよ。私は、苦手を克服する方向には行かないんだよね~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/27 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR