FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

取らぬタヌキの皮算用(遺品整理シリーズ番外編)

ごきげんよう










強風→土砂降り→曇り→ちょこっと晴れ間→強風→土砂降り→曇り。。。@首都圏。
台風は四国なんですね、奥さん。
もう散々、梅雨どきに降ったのに。。。困ったわねー。
地盤が緩んでるからねー。
早く通り過ぎるといいですねー。




ご近所の庭の百合。(画像と本文は関係ありません)



で、こんなお天気ですと、通常おウチに引きこもって過ごすのですが。先月から予約が入っているのでどうしようもなくて出掛けるわたくしでございました。都心の大学病院はドタキャンできない。っつーかお薬をもらわなくてはならないので、ドタキャンできないのでございます。
家を出るとき土砂降りだったので、レインシューズを履く。そして病院についたらもう、傘すら要らない、お天気あるあるに陥りました。
これが過ぎるとまた、かーーーーっとした暑さが戻ってくるのでしょう。



さて病院の日、わたくしは着物ではなくお洋服でございます。
普段は着物なので、着物に会わせやすいの前提でバッグを選ぶのですが、それをお洋服にも流用しております。ですがデザイン&素材上、雨の日はちょっと困るときがあるのですわ。ましてや今日(木曜日)のように強風土砂降り暴風雨だったりすると。
特に今日は担当のお医者さんに書いてもらって東京都に提出する書類があったので(わたくしは難病手当を支給されている)、雨に濡れないように持ち歩かなくてはなりませんでした。
。。。書類が入る、手頃な大きさの、バッグが、ない。その上iPadも入る大きさ(大学病院の待ち時間は長い)。。。
そうして、ハタ、と思い出したのでした。

。。。わたくしは義妹と友人★とで、今年2月に遠い親戚の匿名希望さんの遺品整理をしたのです(遺品整理のレポあります
こちらから。全6話。特に
こちらなど秀逸)。そのとき5LDK+3納戸のあちこちでたくさんのブランドバッグが発見されました。匿名希望さんのご遺族さまは男性ばかりで、ご主人がバッグ類も服もアクササリー類も、気に入ったものはわたくしたちで分けるようおっさってくださいましたが、正直言ってわたくしたちは誰もそういうブランドに興味がなくバッグの分量もハンパじゃなかったのでお断りしたのでした。それでも少しはしおらしい気分になって、最終的には形見分けとしてそれぞれが1つか2つ、記念にいただいて帰ったのです。わたくしはもしかしたら、着物にも持てるかも?とも考えたのです。使えそうになかったら質屋さんに売っちゃおう。。。と我々の誰もが思いました。
その他のバッグはブランドもの買い取り業者にまとめて持ち込んで買い取りなり処分なりを頼みましたわ。面倒くさかったので、適当な金額になれば良かった(捨ててもらえるだけでも良かった)のです。
。。。そうしてわたくしは、白いヴィ○ンをもらったのです。
白いのにしたのは、茶色のよくあるアレ(名前を知らない)は、着物を着て持ちやすい大きさで持ちやすい形のものがなかったのと、その白いのは持ち手や底の金具にまったく使用感がなかったこと。そして、義妹(夫の実妹)が、ネットでお値段を調べたところ、ビックリするほど高かったから。。。何しろ、飽きるか使い勝手が悪いと感じたら売り払うつもりなのですから。そのとき、わたくしと義妹は欲の皮が突っ張って突っ張って、取らぬタヌキ状態だったのです。義妹などネットで調べた定価68万円くらいの本革のシャ○ルを手にしたくらいですよ。わたくしの白いのなんてネットで調べた定価37万円くらいでしたよ。何だこの値段。喧嘩売ってんのか。嗚呼。
でも、そんな興奮はすぐに過ぎ去りました。そのバッグはどうもわたくしのテイストではなく、着物の種類を選べば合わないことはないのですが何となく自分らしくない気がして落ち着かず、更に何も入れてなくても結構重くて、病弱なわたくしを圧迫するのでした。
何だか邪魔に思い始め、そのうち小金に替えようと決心しましたが、そもそもどのくらいで売れるものか想像できません。高値にしようとか考えたらトラブルの元かも。。。と怖じ気づき、安くてもいいので確実に買い取ってくれる(であろうと思われた)大手質屋チェーンに持ち込むことにしました。
そもそもわたくしはこの夏のために、何か着物絡みの新しいものが欲しくて、おーく損でポチしたくて、無駄使いしたくなっていたのです。到頭手にしてたった4ヶ月で、白いヴィ○ンを売り払うことにした。形見分けをいただきましたーーーとか言ってたのはどのクチか、仏罰が下る勢いです。
しかし、匿名希望さんの遺品は、やっぱり、どれもこれも一筋縄ではいかなかった。。。
まとめてたくさん持ち込んだブランドバッグの方は、高額低額の差はあれどもそれなりにお金になったので、安心していたのですが。。。その白いヴィ○ンは、
「引き取れませんねーーー」
「えええっ!!!。。。もしかしてニセモノだった?」
「いえいえ、ホンモノです。でも湿気のために、こことここと、こっちも、本革の部分がふやけてしまってますし。。。中も。。。申し訳ないですがウチでは買い取り値がつきません」
「引き取ってもらえないんだーーー(ショック)」
「ウチのようなところはどこもダメだと思います。持ち手も綺麗なのに、ホントにもったいないですねーーー。保管が悪かったんですねーーー」
「。。。。。。(ショック)」
「ホンモノですから、お店に持ち込めば、代金はかかりますが直してもらえますよ。新しいのを買うよりはずっとずっと安いはずです。お好きな方にはお勧めなんですけれどもねーーー」
「。。。。。。そんなのイヤですぅううううーーー」
わたくしは、泣く泣く白いヴィ○ンを持ち帰りました。買い取ってもらえないなんて、そこまでヒドい難有りだったなんて、驚きです。その場でウチの愛機戦略情報収集機ステルスタンタン(敬称略。妙齢の女性)にメールして泣きついたくらい、ショックだったっす。わたくしは小金が手に入るものだと、固く信じ込んでいたのです。
するとステルスタンタン(敬称略)は、
「そんなに要らないのであれば、捨ててしまうのなら、ワタシが引き取りますよ。会社に持って行くお弁当入れに丁度いい大きさだと思うのですわ。2・3食入りそうなのもいいです。ちょっとですけどお金払いますよ」
と言って慰めてくれました。
「どうしても邪魔だと思ったら、言ってください。まあこの冬くらいまで置いといてくださいな」
ステルスタンタン(敬称略)の言葉は、とってもココロ強く頼もしかった!!!
おかげでわたくしはすっかり安心しました。取らぬタヌキでウキウキしていたのから地獄に落ちたその衝撃とパニックをも、しばし忘れられるほどでした。そうしてバッグはそのままクローゼットに投げ込んで、休眠させることにしたのです。だって、タンタン(呼び捨て)が引き取ってくれるから。タンタン(呼び捨て)がゆっくり休暇を取るまでウチに置いとくだけだから。絶対タンタン(呼び捨て)が何とかしてくれるから。
。。。。。。
それを思い出したんですわ。
塩ビなんだから、ビニールなんだから、雨でも平気っつーか、大雨の日こそ使えるんじゃね?
本体に付いたポケット部分の蓋は、内側が本革なのですが、湿気でボロボロです。さわるだけでも崩壊しそうだったので、乱暴にもガムテープで補修しました。
もうこんな1円にもならないヤツ、補修するガムテープももったいないくらいです。ウチのガムテープはりらっくま柄なのです。悔しいから雨の日使いのバッグにしてやるっっっ。
そうして、雨に濡れても、っつーか、台風でも大丈夫なバッグが誕生しました。どんなに粗く扱っても、平気。
っつーか、わたくしが本当に情けなく思うのは。
自分でも貧乏性だなあ。。。とつくづく感じるのは。
「元が高かったから」捨てにくいのです。
わたくしがお金を払ったんじゃないのに。阿呆ちゃうか。
37万円。わたくしはバッグにこんなお金など絶対払いません。なのに、37万円がアタマの隅にいつもある。自分が払ったんじゃなくても、気になる。もう1円にもならないのに、要らないはずなのに、捨てられない。これが仏罰か呪いじゃなくて、何だと言えましょうか。
「これ、高かったから」
というのは、着物などでも危険です。もうどう考えても着ないのに、何かに作り替えてもいいのに、呪縛が強くて思い切れないときがある。
ヒトサマのものをもらうのは、更に充分注意が必要だと思いました。捨てられない呪いがかかっているかもしれないからです。
以上は、『持ってるだけでは幸せになれない場合』の話でございました。この世には、『持ってるだけで幸せ』って場合もありますねーーー。何ごとも一概には言えないですわねーーー、奥さん。
わたくしは比較的、モノと想い出がリンクしないタイプの人間なので、自分のモノだと何でもパッパと処分できるのですわ。飽きっぽいってのもあるんですが。自分が要らないものが売れるなら、売りたいですよ。小金に替えるのは喜びです。それが、自分の得意分野でないと、こうも右往左往するのかと。かなり驚いております。
小金になる「かも」しれなかった。。。ってのが、わたくしの目を曇らせるのだなあ。
こういう姿勢は美しくないなあ。
美しくトシを取るのは難しいのだなあ。
いいトシぶっこいて浮き足だっちゃって、困ったなあ。
。。。すっかり呪いに嵌められています。
そんなのわたくしだけだったら、ごめん遊ばせね。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/


その白いバッグは、大島紬に合わせたときに微妙に不思議な感じで可愛かったのも、キッパリ処分に踏み切れない気になる部分なのでした。
。。。タンタンさ~ん早く引き取りに来て~


わたくしを呪いから解いて~




。。。義妹がもらったシャ○ルも、業者さんに買い取ってもらえませんでした。ここにご報告しておきます。義妹は、
「自転車のカゴに入れてガシガシ普段使いにしてやるっっっ」
と申しております。わたくしなどより、よほど根性座ってますわ。
それにしても、匿名希望さんの呪い恐るべし!!!


追記:タイトル及び文中の、『取らぬ』タヌキですがね、『捕らぬ』が正しいと思いますわ。調べるとどっちでもいいみたいですけど。わたくしとしては、『捕らぬ』が気分だったような。何故、『取らぬ』にしたかって、PCの変換で最初に出てきたから。わたくしとしたことがわたくしとしたことが。
っつーか、どうでもよかったでしょうか。こういうの、微妙に気になる。。。




昨日(水曜日)の夕焼け。
空気が茜色のような、ピンク色のような、薄藤色のような色に染まっていました。
深夜から台風のために雨になった。




スポンサーサイト



Comment

No title 

ありがとうございます(*^。^*)
もうね、台風のせいで鬱陶しい気分の朝、抱腹絶倒!\(^o^)/!
いい気分転換させていただきました~(^_^)v
いってきま~す(^ ^)ゞ
  • posted by みっこちゃん 
  • URL 
  • 2015.07/17 08:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんにちは

>画像と本文は関係ありません

毎度このフレーズにツボってますです

えぇっ!引き取ってもらえないってあり?!そのまさかの坂を転がり落ちる気分、とても伝わって来ました。そぅそぅ簡単に捨てられないんですよ、私も。かといって売るに売れないとなると、ほんと泣くに泣けないねぇ。。。
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2015.07/17 08:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

…うん。これはまさしく呪いでしょう。『女性あるある』な呪い。自分はほったらかして忘れ去っていたのに人様にやるには惜しい、やるくらいなら使えないレベルにしちまえ、ってな呪いですわー…
着物でもありますわな。息子しかいない着物好きさんに『いずれお手持ちの着物は息子さんのお嫁さんに?』と問うたところ、『…あげない』とにこやかに言われましたわ。価値がわからぬものには着せたくないんだそうな。
逆に嫁が、姑が死んだ途端に遺品の着物類を普通の燃えるごみに出すって復讐もありますが。
…うちのおかんも『高かったから』で捨てられない千総の訪問着を隠匿してますよ。もう黄変、カビがすごくって生地そのものとしては『腐ってる』と言われるレベルなのに『着物は色抜いて染め替えできるから、これ、千総のいいものなんだから』と云って聞かない。…あっしだって要りませんよあんなもん。この汚れたアンティークを平気できるあっしですら(笑)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2015.07/17 10:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

😕うーん。高いですよねー。私あまりそのブランドには興味ないけどでも、白で頂き物なら夏着物にもいいんじゃないかなぁ?もちろん洋服にはぴったりですねー。たま様せっかくのご縁ですからお使いになればいいのに!ぱっと見にはきっと素敵ですよ。
しかしやはり人様のものって使いにくいのですよねー。まぁタンタンさんっていう素晴らしい秘密兵器をお持ちなんで安心でさぁねー。あれ?この言葉がのり移ってきましたよ💜ウフッ
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.07/17 20:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ああ‥身につまされすぎて鳥肌がたちましたわ‥

一瞬、デジャヴかと思ったくらい‥σ^_^;

いずれブログでアップしようと思ってましたが我が家にも義母の形見が結構あります。
義妹とほぼ平和的話し合いの上それぞれ気に入ったものを譲り受けましたが、着るには相当パワーを消耗しそうです‥

バッグ、活躍の場が一度でもあってよかったですσ^_^;
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2015.07/18 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

内緒さま。ええ、連呼もしますわショックでかいですもの。使ってみて、土砂降り(台風含む)のときは案外便利かも?と思いました。中にまったく響きません。でもやっぱり重いですよ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> みっこちゃん、匿名希望さんはどれだけ私たちに精神的ダメージを与えるのか。私は「どんなに安くても1万円にはなる?」と思ってましたよ。この裏切られ感は言葉にできません~(号泣)(爆)
ないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんにちは。
それがねー。年式が古いのも業者さんによっては引き取ってくれないそうなんですわ。質屋さんのセールでは、持ち手が手垢で真っ黒になったのも売ってるってのに。その基準は何だろ?
ま、自分では買うことないから、いいんですけれどもねー。
ヴィ○ンのバッグを捨てるには、東京都では燃えないゴミですよ。ああメンドクサイ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠。やっぱり呪いか。同じ呪いでも知らないヒトの話なら笑って済ますとこですが、親戚っつーのが微妙に腹立つ(爆)その無駄使い分を過去に返って取り返したいくらいですわ。
そーいえばお嫁さんにあげたい姑さんって珍しいですよね。逆もまた。夫(息子)を挟んだだけの他人だから無理もないですわ。
すごく気に入っているものはお値段とか関係なくお気に入りなのに、金額が理由になるって、もう終わってるな~。私も陥りそう。気をつけようと思います。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま。シブい着物に合わせると結構イケるみたいです。ただ私のキャラ的なせいなのか、ちょっと成金っぽい(上品と言えない)感じになるのがなんとも微妙な気分でして(爆)
それと、重いーーー!!!
ないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kil**one*o97*24さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさま。嗚呼、そちらにもいらっさいましたか。義母さんってのは元々背景の違う他人ですから、似合う似合わないもこだわりポイントも違うんですよね~。こん○り流お片づけにかかったらときめかないかも~(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.07/18 21:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんばんは。いつも読みになんですが、この白いバックは今なぜか欲しくなりネットを徘徊していたのでツボッたんです(笑)
私も普段はブランド物にまるで興味はなく、特にこのブランドは重いわ、物がはいらないわで(笑)
ちなみに質屋さんは基準が厳しいので不可でも、リサイクルショップなら引き取ってくれる場合がありますよ。
  • posted by まお 
  • URL 
  • 2015.07/28 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR