FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

正絹長襦袢を自宅で手洗いする(追記あり)

ごきげんよう



春ですね。おおむね、春。
陽が落ちると寒く感じることもありますが、首都圏は春なんじゃないかと思います。


今日は朝から、正絹の長襦袢を洗いました。
冬の間だけ着る、袖無双で身頃は単衣の正絹長襦袢。リサイクルで購入したので裄が若干短め。でも寒い日にはとっても便利に愛用しています。
大昔は考えもしませんでしたわ、正絹を自宅で洗うなんてことは。
基本的には専門業者さんに丸洗いに出すものでしたが、料金も馬鹿にできないし、ドライクリーニングでは汗の汚れは落ちないし。で、頻繁に着物を着る身には面倒で、ポリエステル襦袢やうそつき襦袢をメインにしていたのです。




でもいつしか時代は変わった。本当に変わりました。
今はネットやリサイクルで、正絹の長襦袢がとーっても安く手に入ります。やはり後のお手入れのことを考えると、買いにくいのかも知れません。ほぼ未使用品を捨て値で手に入れることができます。
だいたいの裄と身丈だけ合わせればオッケー。長い分にはつまんで縫えるからもっとオッケーです。ちょっとぐらい短くても全然オッケーですわ。正絹に包まれた暖かさや、しっとりと垂れる重さなどが気に入っております。
で、散々遠慮なく普段使いした長襦袢を、ア○ロンやエ○ールのおされ着用洗剤でウールを洗うモードで洗濯機で洗います。脱水は少なめで、そうして室内干ししますのさ。


本当ならば生乾きのときにアイロンを掛けるといいらしいのですが、今の時期はまだ夜間はファンヒーター等々の暖房を入れますので、気を抜くとアッと言う間に乾いてしまいますの。なので仕方なく、完全に乾いてから、霧吹きで水を掛けつつアイロンで伸ばします。乱暴です。長襦袢地は綸子地だったり精華パレス地だったりを選ぶのですが、アイロンを掛けるとみるみる伸びるので、ちりめん地でなくてもやはり絹ものは水で縮むのだなあ。。。としみじみするのでした。
ホントに縮むんですよ、奥さん。だから決してお勧めはできません。くれぐれも、大切に着たい正絹のものは自宅で洗わないようにしましょうね



こんな感じなので、今現在、わたくしの持つ長襦袢の中では、ポリエステルのお気に入り可愛いプリントのブランドものの方がよほど高価です。お出掛けのときは振りから綺麗な色をのぞかせたいので、そちらを使うことが多いです。








正絹の長襦袢が、着られることなくこのように世の中に出回っていると知ったとき、非常に気がラクになったのを覚えていますわ。どんどん着てどんどん洗って、傷んだらどんどん他のを着回せばいいんだと思ったからです。リサイクルでマイサイズに近いのを探すのは大変ですが、長襦袢は案外融通が利くようです。袖幅が着物と合ってないと振りから出てしまったり裄が合わなかったりしますけれども、うそつき袖など縫えるひとならばざくざく縫って直すのも可能ですわ。最もわたくしは、イマドキのリサイクル着物をカジュアルに着るシーンで、そんなにぴったり合ってる必要はないんじゃね?とも思っています。本人がよほど気になるならばともかく。


よく、着物の着付けで着崩れないためには、長襦袢の着付けが大切。。。ってなことを言われます。これはある程度真実だと実感しますわ。
でも長襦袢が綺麗に着られるキモは身幅なんですよね。
胸元がホールドできた方が着崩れしにくいですわ。着ていてラクですしね。あとは慣れですわ。
てな訳で、正絹長襦袢を自宅で洗って数年経ちますが、まだ捨てるほど縮んでもいないし傷んでもおりません。毎日着る生活じゃないからかも知れませんけれども。








最近また未使用の正絹長襦袢を手に入れたのです。
遺品整理ですっかり知れたご存知匿名希望さんの荷物の中から出て来たのですわ。それは極々普通によく見掛ける薄いピンク色でした。
今度はこれをダイロンで別の色に染めてみたいと考えておりますわ。上手くいくかどうかわかりませんけれども、失敗してもこちらでご報告したいと思っております。


いつも読んでいただいてありがとうございます。
ところどころにある画像は、本文とは関係ございませーん。
景気付け程度にお考えくだすってよござんす。読みにくかったかもよーーー




https://fashion.blogmura.com/kimono/



で、追記ですわ、奥さん。
記事をアップしてから、タイトルにふと違和感を感じて、中身を読み返したら。
わかったオノレの失敗が。
わたくしったら、正絹長襦袢を手洗いなんかしてません。
洗濯機で洗ってるもんね。
誰かがツッコんでくれるかも、とも思い、放っておくことも考えましたが(←とんでもないヤツ)、
『看板に偽りあり』
過ぎるだろーーーっ

ココロを入れ替えてこのように書き足している次第でございます。




スポンサーサイト



Comment

No title 

おはようございます。ルルル💙早起きはやっぱりお得な事が待ってますわ。私もたまーにかなり普段使いの長襦袢を自分で手洗いします。でもそれはハラハラしながら単衣の物を。そうなんだわ❗️堂々とやろう❗️袷も胴抜きなら洗いやすいし。私も絹の襦袢が好きです、特に冬はやっぱり暖かいし。三文の得って今で言うとどのくらいかしら?今日の八雲氏。王子。凄く可愛く撮れてるー。実際はもっと可愛いんだろうなぁ。ウフウフ😻さて朝練習の為こんな早起きですわ。心に八雲氏がいるので元気^_^いつも為になる記事?ありがとうございます。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.03/24 05:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほんとだ。手洗いだなんて嘘をおっしゃったらあきまへんえ
私も正絹でも洗濯機でガンガン洗っちゃいます。
しかも普通の洗剤で。せめて脱水は控えめですわ。
びっくりするほど縮んでしまってもう使えないかも
なんて思うけど結構問題ないもんですよね。まあもちろん人様におすすめできることじゃありませんけど。
途中でさしこまれている本文とは関係のない画像がええわ~
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.03/24 05:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私も手(洗濯機)洗いしてますよ~。
つるつるしている正絹は、完全に乾かさず生乾き状態でアイロンをかけるのがコツですね。
最近は、家で洗うことを考えて長襦袢の反物を水通しして、ある程度縮めてから仕立るようにしています。
  • posted by 羽衣 牡丹 
  • URL 
  • 2015.03/24 14:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あっしなんて縮みまくるお召し、汗ジミ部分の汗を抜きたくて乱雑に直接霧吹き&タオルでバンバンを繰り返し。当然その部分は笑えるほど縮みましたが、傍らのアイロンで速攻で伸ばすのです。
…そしたら汗も抜け、着物も元に戻りましたよ(笑)
以来、失敗してもいいと思える着物であればそのように手入れするようになりました。
長襦袢はあっしは着ないのでねー
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2015.03/25 00:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kil※※one※o97※24さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/26 15:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま暖かくなってきたので八雲氏にはどんどん活躍してもらいたいですね!もうね、こんなに好いていただいて、現物の氏のフレンドリーキッスを差し上げられたらどんなにいいだろうと夢想しますわ~。ないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/26 15:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま、そうそう、やっぱり水で洗うとスッキリしますもんね~私はもう、おカイコぐるみの後半生を送ることにしますわ。袷の着物を洗うのはむずかしいけれども、長襦袢は結構平気ですよね~。あまり大きな声でお勧めしませんが
画像がね、襦袢を洗って干してるのはちっとも面白くなかった
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/26 15:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 羽衣 牡丹さま。キモはアイロンかな。アイロンかけると驚くほど風合いが戻りますね~。アイロン苦手だけどこれだけはちゃんとやりますわ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/26 15:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠は蛮勇だなあ(爆
お召しは縮まくるでしょう!
私は正絹で自分で洗うのはせいぜい、単衣の紬くらいまでですね~。でも少しでも自分でスッキリできれば、着物が着やすいです~。ハードル下がるっつーか。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/26 15:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR