FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

遺品整理アメイジング

ごきげんよう


昨日(月曜日)は雨だったので、何もかも日和ましたわ。お洗濯もお掃除も、ブログの更新もご飯を作るのも。最近、自分のルールがとてもユルい。っつーか、若干だらしなさを感じるほどでございます。

遺品整理シリーズ前回までのあらすじ



昨年末、突然亡くなられた匿名希望さん。突然過ぎて警察も出て来る羽目になり、ご遺族その他多大な迷惑を被ったのは記憶に新しい。何とかお通夜告別式をやりすごし、気がつくと匿名希望さんのそのあとには、都心の5LDKプラス3納戸にぎっしり膨大な分量のお洋服・バッグ・アクセサリー・コスメ・着物・ドレス等々。。。が残されたのであった。ご遺族さまの願いを受けて、遺品整理に立ち上がる3人の勇者がいた。まおじゃらん&義妹(じゃあっくまの実妹)&友人★。。。我々はやり遂げることができるか!?
。。。大袈裟ですが大袈裟じゃない、これは真実の泣き笑いの記録(←下手な映画のコピーみたいになってきた)細かい内容は以下を参照してくださいませ

遺品整理ワンダー
こちら
遺品整理ハイパー
こちら
遺品整理ストロンガー
こちら










っつー訳でね、奥さん。
わたくしたち、遺品整理を始めてほぼ1ヶ月、地道にせっせとお洋服類をたたみ続け、積み上げ続けた結果、2つの部屋が、処分するお洋服や家具等々でまったく身動きできないほどになってしまったのですわ。
まだまだ整理しなきゃならないものはあるというのに、空間がない。
わたくしたちの活動の危機ですわ。
それまでわたくしたちは、閉ざされた空間内で仕分けするだけで、5LDKプラス3納戸のこの場所からはまだ何も送り出してはおりませんでしたの。たくさんのブランドバッグも、着物類も、換金性の高い金地金類も。。。もちろんゴミになってしまう大量のお洋服類も。
到頭外部業者さんのお出ましです。

業者さんは約束の時間きっかり30分前に、匿名希望さんの家にやって来てくれました。
この日は、2トントラックに乗るだけ乗せてくれます。
業者さんにお願いするのは、匿名希望さんが使っていたベッドやドレッサー、大量のお洋服が入っていたチェスト類プラスチックケース類、そして大量のお洋服類です。
大昔のテレビ番組みたいに、限られた空間(この場合は2トントラック)に乗せられるだけ乗せる、その空間効率を考えて上手く組み上げ積み上げていくのですわ。さすがプロの仕事で、見事に積み上げられた処分品たち。丸々2時間後、2トントラックには、「もしかして積載量超過では!?」ってなほどぎっしりと、荷物が積み込まれました。もしかして、じゃなくて確実に、積載量超過です。検問などで警察に引っかからないように祈るのみ。
ご存知の方はご存知でしょうが、東京は案外あちこちで検問してるんですよ。肝心の犯罪者はどれくらい見つかるか存じませんが。以前、オ○ム真○教関係者を警察が追っていたとき、ウチの夫が運転するワゴン車はわりとよく検問されました。男女で乗ってるワゴン車、女は長い髪っつーのがポイント高いのです。女がノーメイクだともっとポイント高い。でも遠目で車窓からだと、ノーメイクかどうかまではわかりませんしね。そうして窓を開けると、警察のヒトが見るのは、怯えた顔のウチの猫(当時。飛影王子にあらず、黒猫でした)。で、黒猫を連れたオ○ム真○教関係者ってのは警察の想定にはないのか、ろくに免許証も改めずに解放されたっすよ。猫好きの警察官は、「あーーー猫ちゃん、可愛いですね
」と勤務の合間の一服の清涼剤。っつーかわしらオ○ム真○教関係者じゃないので解放されて当たり前なんですけれどもね。わしらがもっと悪いヒトだったらどうするのか。。。(どうすればもっと悪いヒトになれるのか)などとわしら夫婦は話し合ったものですわ。そんな悪いことする予定はありませんけれども。っつーか、どうでもいい昔話になっちゃいましたね

で、話を戻すと、業者さんはホントにめいっぱい積み込んでくれて、去って行きました。
ようやく部屋1つが、さっぱり綺麗になったのです。。。

「案外、乗らなかったわねーーー」
義妹がぼやきます。もう1部屋に積み上げられたお洋服はほとんど手つかずのまま残されたので、少しがっかりしているのです。
「さぞやびっくりしたでしょうよ。個人の持ち物それも洋服関係だけで2トントラックに乗り切らないんだもん」
とわたくし。
「呆れるわーーー」
その日は更に、匿名希望さんの家から持ち出せるものを持ち出して少しでも処分品を減らす。。。予定を組んでおりました。既に大量の毛皮のコート類とブランドバッグ類は、義妹のクルマに積んでおります。それらは都内のブランド引き取り業者や毛皮の引き取り業者に持ち込むのです。








わたくしたちには感慨深いものがありました。
何やらケモノ道だけ残して、ぎっしり詰まれたお洋服の山を少しずつ崩し始めたあの日。。。半分潰れたような段ボールの中から出て来たたくさんのブランドバッグ。。。ずっしりホコリを被ってぶら下がる競技ダンス用のドレスドレスドレス。。。それらがとにかく、処分の方向性が見えて、部屋1つはまっさらにキレイに片付き、何もなくなったのですから。


ブランドバッグやブランド財布が、1つや2つではなく、とんでもない量だと知ったとき、匿名希望さんのご遺族さまがおっさいました。
「お願い、みんなで分けて、持ってってーーー」
しかし全部をみんな(とはいえ3人)で分けるのは、現実的ではありません。そもそも趣味もまるで違うし。で、
「では1つずつだけ、いただきますーーー
そんなにたくさん要りませんから」
と、記念にヴィトンを1個いただいた。お恥ずかしながら。着物のときにも持てるようなデザインを選ばせてもらいましたわ。本心は、換金する気満々でございますが、それは内緒です。
その他の換金性のあるブツは、ご遺族さまに見せて確認してもらい、順次、わたくしと義妹で現金化しました。金券やプリペイドカード類も驚くほどの金額になりました。これらは、わたくしたちの作業日の交通費や食費になり、残りは匿名希望さんの親戚のコの将来のお年玉(?)になり、一部は業者さんの払いにも充填されます。更に嬉しいことに、わたくしたちの作業に対して、お礼としても支払われたのです。
わたくしたちはゴミの山からお宝を探し出した、トレジャーハンター気分満点でした。英雄のような気分だったのです。
数が多くて面倒なので、少しでも高く売る努力は致しません。1点1点調べて処分すればもっと高額になったかもしれませんが、そこまで手をかけるほどの情熱も愛情もわたくしたちには、ない。ただ、効率良く現金化することだけを考えていました。そしてそれでも充分なだけの実りを与えてくれました。








1件目の買い取り業者には毛皮をメインに引き取ってもらいました。
どうせゴミにして捨てる物件だったのです。今はホンモノの毛皮など環境問題を語りたいヒトたちから非人扱いされてしまうほど時代は変わりました。フェイクファーならいざ知らず、ホンモノの毛皮がどれほど売れるのか。。。お金を払ってゴミにするところを、それらがたとえ1枚1000円でも御の字です。思った以上の値がつくミンクのコートもあって、「毛皮なんか売りに来てすみません」てな気分だったわたくしと義妹はちょっとびっくりです。そこではブランドバッグの一部も査定してもらい引き取ってもらいました。わたくしたちはそこで親切なマニュアル通りのおねーちゃんたちに、ブランドバッグには、発売年が重要な査定項目になることを教えてもらいます。
ご存知の方はご存知でしょうが、わたくしたちはそういうのにまるで疎かった。そもそもブランドバッグの買い取りには、現時点での流行や買い手の好みが反映されるのですが、わたくしたちが何となく抱いていたイメージは、バブル期の女子大生やOLが持ち歩く感覚。古いですね。お値段はネットで調べてはみましたが、あまりに訳わかんないのでもう考えないことにしたのです。匿名希望さんはかなり長い間ブランドものを愛好したらしく、年式を言われるとゆうに30年以上前のものまでありました。そういうのがホコリを被って眠っていたのです。そうして、こちらでは年式の新しいものばかりを結構なお値段で引き取ってもらいました。
この事態に、わたくしたちは、すっかり興奮してしまいました。
わたくし自身はおーく損で売ったこともリサイクル業者に売ったこともございますが、それらは自分で選んだもの、自分で買ったものなのです。1点1点の処分に、それぞれ納得しています。
でも、ゴミ(とおぼしき)匿名希望さんの荷物の中から出てきたそれらは、明らかにわたくしたちが発掘した感覚。繰り返しますが、道ばたのゴミの中から小銭を拾ったような、自動販売機でジュースを買ったらおつりのところに前のヒトが取り忘れたおつりが残っていたような、得した感が満載です。
日にちを変えて、次に2件目の買い取り業者に向かいました。この時点で、わたくしたちは、かなり欲の皮が突っ張っていた。わたくしたちにとっては何の興味もないゴミ同然のものが、目の前で現金になった。。。その事実が、わたくしたちをかなり浮き足立った気分にさせていました。
これらは決して自分のものじゃないんだけど、換金物が明らかに現金になる瞬間の快感に、わたくしたち義姉妹はハマったのですわ。それに今まで見つけた大量のプリペイドカード類のような、見逃してしまいそうなゴミの中から、思わぬ大金を発掘した英雄的な喜びと誇りと。
そして。。。
。。。
。。。
。。。なんと!
段ボール箱1つ以上にぎっしり詰まったブランド財布は、全部、ニセモノだと告げられる!
「○子ーーーーっ○子にしてヤラレたーーーっ



わたくしたちは、天に向かって叫びました。

ブランドバッグは全部、ホンモノだったのです。
だから、何も疑わなかった。
っつーかどうせ何も見分けはつかないんだけれども。
。。。最初にブランド財布が大量に出て来たときは、
「いくらなんでもニセモノじゃね?」
「そーよねー」
と話し合っていたのです。しかしその後、ゴミ同然に発掘したホコリにまみれたバッグ類は、明らかにホンモノだった。買ったときの領収書まで見つかったのです。
だから。あのあり得ない感じで投げ出されたブランドバッグがホンモノなら、ぎっしり詰め込まれてるけれどもとりあえずは箱に入ってきちんと片付いてるブランド財布が、あり得ない量だとしても、もしかしてホンモノ???といった何とも疑いのもやもやした気分にさせたのは、匿名希望さんの罠だったとは思えない。てか、何の罠。
わたくしたちは、モーレツに恥ずかしくなりましたっ!!!
売ると小金になる、思った以上のおもしろさに、完全に浮き足立って先走って足元がおぼつかない自分たちに気がついたからです。欲でギラギラした自分たちの感じに気がついたからです。
「あああっ


ワタシたち、ハシタなかったかしらーーー」
義妹が言います。
「うーーーん、ちょっとみっともなかったかもーーー。でもねー、ワタシたちにはそもそも真贋がつかないもんしょうがないよーー。ワタシたちのものじゃないんだしーーー」
すっかり気を落とした義妹を慰めつつ、オノレをも納得させるわたくし。だってもうしょうがないじゃん。こういうのはもちろんわかる方にはわかるのでしょうが、わたくしたち自慢じゃないけれども、ヴィトンもエルメスもシャネルもディオールもカルティエも、まったく縁がございませんのよ。今後も縁は結ばれない予定ですわ。
にっこり元気そうなブランド買い取り業者のオジサンは、
「この手のタイプの財布は、最近、たくさん持ち込まれるのよーーー。亡くなった方、シンガポールに行かなかった?韓国は?多分、ニセモノだと知ってておもしろがって買ったんだと思うよ」
「。。。それにしたって。量が多くありません?ワタシたち何か。。。卑しくてすみません
」(←大量のブツを鑑定させて申し訳ないのと恥ずかしいので涙目の義妹)
「亡くなった方は、ホントに買い物するのが好きだったんじゃないかなーーー。そういう人生もアリだよねーーー。いい勉強させてもらいましたよ」
外身はホンモノ中身はニセモノ。。。いったいどういう教訓があるのでしょうか。何やら深い感じまで漂いますが。いやいや、そーいうのも、全部嘘だから。
。。。こうしてわたくしたちは、すっかり正気に戻ったのでした。
嗚呼、短い間でしたが、ホントに欲望渦巻く結界におりました。危なかった。
自分に興味のない金目のもの。。。っていうのが危ない気がする。
奥さん、充分気をつけてねーーーっ
オノレを見失っちゃ駄目よーーーっ


いつも読んでいただいてありがとうございます。
画像は本編とは関係ありません。


https://fashion.blogmura.com/kimono/


この話をべにお先生にしたのです。
「へええ。。。すごいオチだったねーーー。わざと?っつーか、匿名希望さんはネタをくれたの?」
「まあ、ネタにしても出来過ぎな感じはしますけれどもね。。。っつーか、ネタのために死んだのではあるまい」
「それにしても、バッグは全部ホンモノだった訳ですよね?。。。ニセモノを買う気持ちもわかんないけど、そもそもワタシ、バッグにそんなにお金をかけるヒトの気が知れなーーーい」
「それを言うならワタシだって同じですよ。普段のワタシのバッグなんかマジで1000円以下ですからね。でもね、ワタシだったら、同じ金額を着物に出すのは平気なんですよ。いつもじゃないけど。こう言ったら感じ悪けど敢えて言わせてもらえば、ヴィトンの30万円のバッグと同じ値段では、いい大島紬は買えないもん。30万、安いじゃん着物買えねーよ、って。イヤミでしょ?」
「そっかーーー。ワタシは着るものに興味ないからなーーー。ワタシの着物だって、いいものは全部もらいものだし(
)着物にお金を出す気持ちもわからないなーーー」
。。。このとき運ばれてきたデザートを食す。するとまたべにお先生が、
「ワタシが、躊躇なくお金を使うものって。。。そんなに好きなものって。。。あったかな」
「。。。ずばり、家電。電化製品」
「。。。。。。えっ」
「べにお先生がお金に頓着なく買うものってさ、家電だと思いますよ」
「。。。。。。はっ
。。。ないと思ってた」
「べにお先生は、家電を買うの躊躇しないでしょ。ワタシ、いくら新しくてもそんなにいろいろ家電品要らないです。ルンバくんもミントちゃんもワタシには必要ないし、くれるといっても困る」
「。。。。。。その通りだわーーー。ワタシ、電化製品だったら、すぐ新しいの買っちゃう。欲しいものたくさんありますよ。悩むくらい。そーだわー。その通りだわーーー」(←えらく感動している)
「そーいうのの中には着物より高いのもあると思いますよ」
「だって着物より役に立つじゃん」
「ヒトそれぞれですっ


っつーか、アナタそれ、着物ブロガーにあるまじき発言(爆)」
べにお亭には、最新型家電が詰まってます。



スポンサーサイト



Comment

No title 

いやはや。
まさに亜名人具←アメイジングがこう変換されました。
故人もアメイジングならとどめのべにお先生もですけど。
ああ、遺品整理シリーズ。大作で面白かったです。タイトルも秀逸すぎです。。
でもまだ終わってませんよね
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.03/17 19:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

まさにアメイジング!←ほ~さま、我が家は一発で変換されましたよ?
内容はだいぶ前から知っていたけど、改めて文章で読むとオカシイわー! 力のこもった文章に、爆笑っす。
そんでもって、アナタ、私をオチに使ったわね?(笑)
家電…確かに家電だったら、お金つかっても惜しくないわー。新しいもの好きだし。
毎日着物を着ているくせに、自分で買った着物は安物ばかり。いいお品だと認定をうけたのは、全て人からのお下がり品。
やっぱ私っておされとはほど遠い人種だなぁ…。わはー。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2015.03/17 20:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

おもしろいですね~。
お財布は使ったら汚れるから(手垢が付く)パチモンでよかったんでしょうか。

実は、ある程度整理付いて、まあ金目のものも混ざってるかなというところで、質屋さんに来てもらえばいいのに、とか思っておりました。
そうしたらもしかしたら、質屋さん(リサイクル屋さん)にとってはお宝のお洋服なんかもあったんじゃないかとか。
ほしい人がいるものをゴミにしてしまうのはもったいないなあと、ついつい思ってしまう貧乏性です。

そろそろ着物編?楽しみにしております。
  • posted by 天鼓 
  • URL 
  • 2015.03/17 22:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

人一人生きてきてそして生きて行くのに持ち物は手放さなければ増えるばかりですよね。わかってはいるけど私も捨てれません。でもこの特集を読んでつくづく、少し整理していこうと思いました。お化粧品もフレグランスも使いきって、ちゃんと価値を使い切ろう!って思う良いきっかけになりました。💐
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.03/19 09:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。タイトルには毎回すごーく気を使いますわー(爆)タイトルが決まらないと書き出せないいい感じで決まると小躍りします。
お洋服もまだ残っていますが、早く肝心の着物類を紹介しないとですね。あまりお笑いも驚きも期待できないですわ。全部確認しましたが、着物類は、分量もマトモでしたー
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 20:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kil**one*o97*24さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 20:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生、ほ~さまのとこはいったいどうなってるのか。ウチも一発で変換するんですけれども。
ああそうそう。あの話はどこかで書きたかったんですけれども、お芝居観に行ったときのレポが遅れてるので、ここに入れときましたわ。何より家電が大好きな女べにお。匿名希望さんとの対比も素晴らし~い(笑)ああいう発言をしたら私のネタになるに決まってます!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 20:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 天鼓さま。ホントは全部ゴミにするところだったのを、私たちが半ばおもしろがって片付けているだけなんです。お財布も偽ブランドだけでなく、博多織とか皮革細工ものとか印伝とかキャラものとかハンパじゃない量がありましたよー。お財布集めるのが好きだったそうな。全部捨てて差し上げましたわ!
ご遺族は、「もう1回ぶち殺してやりたい」と危険な発言を繰り返してるし、とにかく早く処分するのが生きるもののためですわ(爆)あの分量を見ると、正直、生きるのがイヤになって萎えますわーーー(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 20:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

りおんさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 21:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ちっくさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とめ吉さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasora さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/19 21:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR