FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

タダで仕立て直してもらった大島紬のこと

ごきげんよう

もう2月も終わりですね、奥さん。
3月に入ると、たとえまだ寒くても、東京は春の装いが目についてきますわねー。
隣に座ったひとの少し軽い足元にハッとしたり。
するとね、自分が昔のひとになった気がするんですわ。
昔ったって大昔じゃありません、ほんの2週間くらい前は全然冬だったのに。。。てな。
なのに、春の気配ってのは急に来るので、圧倒されちゃうんですわ。
ちょっと焦ってしまうのよ、奥さん。
北の国ではまだ雪が積もってるのであって、本番の春はもうちょっと先の話なんですけれどもね。



で、昨日は暖かかった@首都圏。
最高気温13℃とかになると、暑がりのわたくしはもう防寒要りませんわ。汗かいちゃうからねえ。
コーディネート詳細は昨日分参照。。。てのは不親切なので、再び記録しときます。

華紋唐草柄格子柄等々多色織りの9マルキ大島紬。旗印。
黒地にピンク色と朱色の手毬柄日本刺繍九寸名古屋帯。
オフホワイトちりめん地帯揚げ。
江戸紫色帯〆。
京友禅染めの柄半襟。
ふりふ。
見えてませんが、長襦袢はピンク色地に薄紫色の夜空猫柄。ふりふ。
白猫の帯留め。ふりふ。
水色地切り絵風小紋柄長羽織。
作家ものデッドストック小紋反物を長羽織に仕立てたもの。身丈100センチ。
紫色のビーズ羽織紐。ネックレスの自作改造品。
カーネーション爆弾バッグ。ふりふ。







 


友禅の半襟は、縫い付け方で色柄が違って見えます。今回は藤色地に麻の葉柄をメインにしました。
大島紬の八掛の色目。八掛はくすんだ黄緑色系。織り柄の中から引きました。



 

いつものマイサイズのはずなのですが。。。いつもの大島紬より大きく感じました。何故だ???
痩せたはずは、ない

この大島紬の仕立てに関しては、訳ありです。
以前、若いときの小紋(茶系の縞柄。秋から冬にかけてよく着る。
こちら)を長羽織に仕立て直しに出したんですわ。洗い張りも済ませた解き反を、仕立て士さんが何か勘違いしたのか間違ってばっさり切ってしまったらしいんですよね。で、
「どうします?」
と、いつもの担当さんから連絡があって、
「。。。へ?。。。どうにかなるの?」
わたくしの担当さんは和裁もできるひとなので、とりあえず仮絵羽にした羽織を見せてもらいつつ、どうしてもらえば着られるか?相談しました。羽裏があまりに長くなるとみっともないということで、結局、長羽織の返しを継いでもらって、羽織丈100センチに仕立ててもらいました。その継ぎ目は羽織が翻ると明らかに見えてしまうけれども、丸無駄にはしたくなかったのです。
で、ですね。こういうの、仕立て士さんには申し訳ないのかもしれませんけれども、着物1ユーザーと致しましてはですね、もう二度と手に入らない30年も前の小紋、でも正絹の地はとてもしっかりしていいものだったのを、明らかに傷物にされちゃいましたので、できる範囲でお詫びしていただきたい、という話になりました。金額で弁償してくださるというのですが、仕立て直しですのでその小紋反物を買ったときの値段が帰ってくる訳ではありません。それならば、と、わたくしの担当さんが話を付けてくれて、「技術の間違いは技術で返してもら」いましょうぞ(←エラそう)。。。っつーことになりましたのよ。それで若干サイズが合わなくなったこちらの大島紬を、洗い張り仕立て直ししてもらったのです。
わたくしもしかしてイヤなお客だったかもよーーー。くよくよ。でもせっかく洗い張りした解き反をそんなところでぶった切るなんて。くよくよ。わたくしそんなに酷いこと頼んでないよね?くよくよ。
。。。話が長くなっちゃいましたね。
で、この大島紬を着ると必ず、
「嗚呼、あのときの仕立て士さんはもう失敗しないで縫えるのであろうか。何度もタダ働きさせられて仕事がイヤになって辞めちゃったりしてないかしらん。反物をぶった切ったとわかったとき、どれほどショックだったかにゃあ。。。」
などと思い馳せて、心配になっちゃうんでした。
余計なお世話でしたね

どういう訳か、元になった、ぶった切ってしまった継ぎ目のある長羽織ではそういうことを思ったことがないのです。アレの仕立て代(支払い済み)は返してもらったっすよ。だから仕立て代がタダだったのはこの大島紬と同じなのですが。。。
不思議ですわーーー。自分でも自分の気持ちがわからないです。
そして、こういう経緯があるせいか、
「この大島紬、ちゃんと寸法合ってるんか?」
と疑う気持ちも無きにしもあらず。着姿がいつもと違う気がするのはわたくしの着方のせいかもしれないのに。ごめん。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/


でもやっぱり少しでかくないか。特に身丈。


羽織を着ると、帯回りが賑やかになるので、帯揚げと帯〆で抜くのです。
いつもではありませんが。
攻めるときもあり、抜くときもあり。




スポンサーサイト



Comment

No title 

😐そんな経緯があったとはー。でもとっても素敵です。たま様にしては少し渋いけどでもセンスいいですわー。鞠の帯に猫かぁ。上手いなぁー。猫帯には鞠帯留もいいなあたなんてね。私は大島などの紬をあまり着ない事は以前にも書きましたが。でも見るのは好きなんですよ。お気に入りの柄があってお財布に余裕があれば好きな柄なら欲しいんですよ。私もお気に入りのお店で帯にミスがあったり着物の縫い忘れ?というか縫い目が欠落していたなんていうありもしないような事件があるのですがそういう事があるともっとしっかりしてチェックせねばー。と思います。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.02/26 20:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

この素敵な紬にそんな曰くがあったとは…
この遠目に見るとコント茶、じゃなかった。紺と茶で、でもいろんな色が入っていて好き~♡
しかしながらこれはたまさん側にな何の落ち度もないわけだから思い出と共に悩ましい気持ちになる事なんてないですよ。
そもそも間違った場所でばっつり切っちゃった職人さんはその時なにを考えていたんでしょうねえ?
そっちの方が気になる。
きっとその方は激しく落ち込んだことでしょう。
でもってそれをお金で解決ではなく、自分の手仕事でお返しできたのならすっきりできたんじゃないでしょうか。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.02/27 06:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

9マルキかあ、薄いですね。
その辺りにもいつもの着姿云々の要因があるのかもしれません。
私にしろ大島をくださった師匠は、着るなら7まで、とおっしゃってました。いいものだけに薄くなると身体に沿わずに飛んでいっちゃう感満載なのだそうです。5だと硬い、9だと軽すぎ、ということなんだと思いますが、9や12は日本の織物の粋が集められてる気がして尊敬してしまいます。襦袢の相性を選ぶ大島なので、そのあたりいかがでしょうか。。。
  • posted by yaa 
  • URL 
  • 2015.02/27 16:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま。この頃はびっしり細かい柄がブームだったんですね。たいていは無地場が多いのを選びますもんね。自分の手持ちの中でも珍しいです。
問屋の担当さんがいつも間に立って、こちらがいいようにいろいろ考えてくださるのでありがたいです~。素人なので和裁士さんにどうやって注文したらいいかわからないですしね~。いい担当さんに恵まれて助かりますわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/27 20:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kil**one*o97*24さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/27 20:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/27 20:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。仕立て士さんは、注文票に書いてあった仕上がり身丈寸法を別の注文品と勘違いしてしまったそうですよ。さぞやビックリしたでしょうね。仕立て直しの方が、新品の反物より難しいと聞いたのです。ハサミを入れるのってやっぱり怖いなーーー私にはとてもできない。
最近ベトナム人にばかり縫ってもらってますが、国内のプロが居なくならないのを祈るばかりです。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/27 20:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> yaaさま。
確かにこれは、薄く感じますーーーなーるほど。風が吹くと妙にはためく気がしたんだ。長襦袢もいつもより薄いポリでしたわーーー。そういうこともありますね!仕立て士さんのせいにしてやっぱりごめんなさいですわ
大昔は私も働きが良かったし本場の大島紬もたくさん織られていたし今よりも安かったのです。。。(遠い目)。。。12マルキなどはもう神業ですね~!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/27 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 内緒さん。
それは買いですそのお値段なら多分B反ではありません。型紙の数とか生産枚数とか生地の重さとか、他に安くできる理由があるのだと思います~。
担当さんにも、和裁に強いひと染めに強いひと織りに強いひといろいろなので、気になることは何でも訊くといいですよ~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/27 20:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ゆりかぜさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.03/05 01:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR