FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

白い猫コーデで画廊巡り@銀座・その2

ごきげんよう





いきなりですが、業務連絡。
行って来ましたちえちゃん






日動画廊はさすが老舗の画廊です。
絶対に買いそうに見えないわたくしのようなちんぴら客にも、眉ひとつ動かさずに丁寧に名刺を差し出してくれます。
画像を撮る旨、許可を求めると、
「お買い求めのご参考にどうぞ」
と、にーーーっこり笑ってくれました。
あくまでシャレでしょうが、
「お買い得なお値段ですよ」
この作家に先月、
「帯留め作ってーーー♡根付けでもいいや」
なんぞと言い放ったわたくしと友人▼。鬼畜の先輩の所業ではないか。。。と反省しました。











さてここからは画像がないのですが。。。
ながもち屋催事をのぞいてみました。
そもそも銀座松屋の呉服売り場で時間潰しをしようと立ち寄ったのですが、そこで近くのビルで催事が行なわれているのを知りました。レジにて催事パンフをいただきます。
地図を見ながら目的地を目指すと、やはりながもち屋催事に行くらしいきもぉ~ぬ(着物を着たご婦人のこと。京都に住まう某妖怪用語)をひとりふたり見かけました。わたくしも友人▼も銀座が苦手なため、地図を見るよりきもぉ~ぬのあとをつけた方がいいのです。わたくしはともかく、立っても座っても極道の妻(岩下志麻姐さんよりも高島礼子)の▼がひたひたとあとをつけて来たら、ちょっと怖かったかもしれません。もしあのとき不審な感じがしたらごめんあそばせね。

きちんと手を掛けているせいか実店舗の強みか、ながもち屋にしろたんす屋にしろ、かなりいいお値段設定だと常々感じます。「お買い得品コーナー」と銘打ったワゴンがすみっこにありましたが、2万円の着物がお買い得品かどうかは評価がわかれるところです。本気でお買い得品を探そうとするならば、やはり催事初日の早い時間。。。なのでしょう。
わたくしと友人▼は、
「まずは名古屋帯で遊ぼう」
と畳の上に上がり込みました。きちんと積み上げられた帯の山を漁っていると。。。
「あのーーー、それはーーー、どういう形のバッグなのでしょうか?」
と、声を掛けられました。どうやらお店のスタッフさんと、試着途中のお客さん。
「変わってますねー。可愛いですねー。。。ハッ
まさかご自分でお作りに!?」
。。。ふりふのバッグ、わたくしが右往左往させられて正直手に余るふりふのバッグが、他所さまに褒められてますよ。ああらビックリ。
非常に興味深そうなご様子だったので、生地と形を見てもらってさわってもらってご納得いただきましたわ。ふりふはご存知ない様子でした。
まあ
見た目は可愛いかもしれません。大きさも好き好きですしね。だからわたくしも買ったのですしね。。。。ただ、ワタシにはどうも合わせづらいんだよーーー
とは言いませんでした。うっすら敗北感を感じました(爆)
さて名古屋帯のコーナーでは。。。栗山吉三郎の染め帯、それも青系幾何学柄という珍しさです。栗山工房の紅型帯はネットでも見かけますが、同じような柄しか見ません。何故売れ残ってる!?てな感じでした。10年前のわたくしだったら即買いしたかもしれません。今は65000円など払えません(苦笑)
でも、細く鋭くツッコむ友人▼は、
「いい帯だけど、クセがあって、多分合わせづらいぜ。着物の柄を相当選ぶよ」
なんという正論を吐くのでしょうか。
『合わせづらい』
最も忌むべきキーワードでございます。今のわたくしは「珍しい」という理由でものを選んではいけないのです。手に負えません。嗚呼。
「1万円だったら買ってもいいかな」
「あり得ない想像しても無意味だろ。合わせづらいのは同じだぜ」
。。。ありがとうありがとう友人▼。
わたくしは論外だとして、わたくしじゃない他の誰かには、是非ともオススメしたい帯でした。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/


訪問着のコーナーも見学です。
ずらりと並んだ中から、気になる色目をえいやっと引き抜くと、松井青々18万円也とか、人間国宝森口華弘の息子さん?15万円也とかが出てくるので、発掘の楽しみもあります。
そうして1時間ほど遊びまわり、会場をあとにしました。















スポンサーサイト



Comment

No title 

>「1万円だったら買ってもいいかな」
> 「あり得ない想像しても無意味だろ。合わせづらいのは同じだぜ」
この会話。泣けてきますね。
和歌ちゃいてもあり得ない創造妄想をしちゃうんですよ。
一瞬で現実に引き戻してくれる▼さんのようなご友人が居てくれるって素晴らしい。
あたしゃ何を隠そう、つい先日確実に合わせにくい、でも超特価の反物をうっかり買っちまったと云うのに。あの時私の傍にも▼さんが居たら。
はらほろひれはれ~
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.02/11 07:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

青々さんの美しい袋帯持ってますがなかなかお出かけさせてあげられません。何と合うのかしら。
お揃いの訪問着か付け下げでもあればどんぴしゃなのかしら。買わないし買えないしー。
江戸小紋や色無地かしら?
私色無地無いし江戸小紋も付け下げで、それに合う感じじゃないし難しいーです。淡い紫地で春を感じる色合いの染めが和菓子のようですが。その画像の猫いいですねー。そのオブジェは売り物なんですか?帯留や根付があったらほしくなります。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.02/12 08:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。友人▼の正論はときとして、悪魔の顔した天使に説教されてる気分になります。ひとは(っつーか女性は)意味のない買い物がしたいときもある。そういうときの友人▼はお母さんの顔になりますおかげで全幅の信頼をおいてますわ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/13 23:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kil**one*o97*24さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/13 23:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/13 23:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、青々さんの袋帯は、染めのしゃれ袋帯なら、紬にしめたら素敵ですよー♡私は大昔展示会で、青々さんの染め帯を諦めたことありますよー。
この作家さんのオブジェは売り物ですよ。この大きさのものは30万から40万。根付けを頼んだらいくらで作ってくれるのだろーか
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/14 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/14 00:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

紬に合わせたらいいのですか?それならだいぶん気楽に使えますねー。 少しゴールドっぽい色も入っていて染の着物に合わせるのかなー。なんて思っていました。紬のそれに合う感じー。持ってるかなぁ?また探してみます。
頼りになります。ありがとうごさいます😘
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.02/14 00:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、そーなんですー。展示会で、大島紬と合わせてもらって、みんなで「素敵ーーー♡」って。買えなかったんですけれども。
民芸風の柄じゃなければいいみたいですよ。紬の押さえた色に帯が映えますよー♪
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/14 00:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR