FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

白い猫コーデで画廊巡り@銀座

ごきげんよう




半日お出掛けすると2日は休む(1日中お出掛けすると3日間は休む)、気力も体力も薄いまおじゃらんでございます。
昨日は着物着用画像をブログ用に加工していたのですが(画像解像度dpiを落として、背景を切り取り、オノレの残念な顔にはモザイクを入れる。いつも残念なのでモザイク入りっぱなしや)。。。記事を書こうとすると、何やらデ・ジャ・ヴーなのでした。既視感がハンパないんですよ、奥さん。
同じメンツでつい最近も銀座に行ってなかったか。。。?
わたくしは普段、ほとんどメリハリのない生活をしておりますので、たまに出掛けるとそれをとても印象深く感じているらしいのです。この前、友人▼と銀座に行ったのはちょうど1ヵ月前だったんでしたが、どうしてもつい最近1週間ほど前のような気がしています。お出掛けの内容の違いもイマイチはっきり致しません。いいトシぶっこいて脳みそ節約モードに入ったのかもしれん。
ああでも、着てる着物が違うのだけは判断できます。(←当たり前やろーーー)


『手持ちの着物すべてに袖を通す』キャンペーン中、初おろしの水玉柄の大島紬を着て出掛けました。コーディネート詳細は前回をご覧くださいませ(リンクしろよ、と自分ツッコミ)。。。するところでしたが、別ウィンドウを開いてわざわざ見るの面倒臭いですよね
。簡単に記録しておきますわ。






ワイン色水玉柄大島紬。
旗印7マルキ。八掛はワイン色。
藤鼠色地に白猫刺繍京袋帯。
ふりふ。
藤色地白猫と市松刺繍半襟。
ふりふ。
ターコイズグリーンちりめん地帯揚げ。

あすか師匠からのいただきもの。この帯揚げに関するあすか師匠の考察は
こちら。べにお先生の考察は
こちら。わたくしの考察は
こちら。ヒマがあったらどうぞ。読み物としておもしろいですよ。
ターコイズブルー正絹三部紐。
白猫帯留め。
ふりふ。
ピンクがかった薄グレイ地友禅手鞠柄長羽織。
ピンク色×ブルーグレイの手組み羽織紐。







さてこのように我が家の定位置で撮影も済ませて、出掛けようとしたところ、ですね。画像でははっきり写ってないですが、この日の長襦袢もふりふの扇面ドロップ柄だったんですわ。なのでバッグもふりふの銘仙柄パッチワークの大きなバッグを用意していたのですが。。。
喧嘩するんですの、奥さん。
長羽織が、
「そのバッグといっしょに出掛けるの、ウチ、いややわあ」
っつーんですよ。京友禅だからね、多分京都出身でありましょう。(←適当言ってる)
出がけにいきなり判明する、重大な事実。
アンタら仲悪かったのねーーー

わたくしは前日、着るものを決めて平置きコーディネート画像を撮るときに、着物と帯と長羽織との色合わせ柄合わせはしましたが、バッグとは合わせてなかったんですわ。誰のせいにもできないわたくしの落ち度でございます。
バッグの中身を入れ替えるのは大変なので、仕方がないので、長羽織を却下。
羽織ものは、Hir◎miti Nakan◎の和装ポンチョに変更しました。
アンタ、留守番やで。


 

銀座松屋のレストランフロアで狼藉を働く。


それにしても。。。ふりふの大きな銘仙柄パッチワークのバッグは、めちゃくちゃ着るものを選ぶなあ。そしてその都度、バッグさまのために他の何かを犠牲にするわたくし。なんだこのバッグ。
。。。っつーか、バッグが悪いのではございません。使いこなせないバッグを買ったわたくしが悪いのですわ。しくしく。これって買い物に失敗したって言わないか。
わたくしは元々、バッグは得意ではありません。数も持ってないですし、バッグにお金を掛けるより他の着るものアイテムにお金を掛ける方がずーーーっと好きなんです。使いやすいバッグが1コあれば充分というタイプです。そんなわたくしが珍しく凝った作りのバッグを買ってしまったのですわ、どんな魔が潜んでいるのかわかりませんな。文句垂れつつ使い倒すしかないでしょう。しくしく。
そのうちわたくしがこのバッグに関して何も言わなくなったら。。。負けたと思ってくだすってよござんす。(←まさかの敗北宣言)

銀座松屋の呉服売り場で時間を潰そうとふらふらのぞきに行ったら、ご近所でながもち屋の催事をやっているのを知りました。案内パンフをもらって、ながもち屋催事に向かいました。
何も買いません(買えません)でしたが、以下次号。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/




スポンサーサイト



Comment

No title 

>アンタら仲悪かったのねー ←喧嘩せずに仲良くしなさいっっ!!(笑)
このバッグそんなに着物を選びます?
ふりふの娘っこと一緒になって勧めた責任をちょっと感じますわ。
…えぇ、ちょっとだけですけど。
  • posted by タンタン 
  • URL 
  • 2015.02/10 03:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

確かにこのバッグは巨大出汁デザインにもインパクトがあるし着るものを選ぶでしょうね。
絵面を見てないからよく分からないけど羽織との相性はそんなに悪いですかねえ?
イケそうな気がしないでもありませんが。柄が正統派だからかな?
いっそのことこのバッグに負けないくらいにガラガラなお召し物だといいのかも!?
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.02/10 05:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

>「ウチ、いややわあ」京友禅だからね、多分京都出身でありましょう。

受ける、受けすぎる、おもろすぎる
このバッグ、存在感ありますよね、ほんでもって主張するんですね。
私もバッグはよぅ解らんくて。結局同じのしか使ってないです
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2015.02/10 10:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

いゃあ笑わせて頂きました。羽織がね。うち嫌やわあって言うんですね?なんかわかりますわ。相性悪いですよね。私はそちらなバック好きだわぁ。アンティークにはビッタリだし。東レの思い切ったボリとかにも合うと思います。きっとその羽織だとはんなりしっとりとおしとやかなのがいいよですね?ふりふの半襟と帯はいい感じにまとまって凝っていますねー。素敵です。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.02/10 18:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> タンタン、ステルスタンタン、貴女がコレを勧めてくれたの?そーいえばそうだったっけ?(ボーゼン)。。。。。。私はステルスタンタン(敬称略)に負けたんだな。わかった、これから責任の所在はタンタンさんに(爆)
頑張りますよ、京友禅と加賀友禅と紅型とはいっしょにお出掛けさせないことにします~( ̄▽ ̄)東京友禅は(持ってないけど)同じ関東平野出身ってことで、許してくれそうな気がする。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/10 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま、またまたステキな誤変換いただきました~!!!巨大出汁
で、ですね。私の持つアイテムは、自分が主役になりたがるのが多い気が致します。協調性もないし、奥ゆかしさが足りないですわ~キャラ設定を間違えてるのかも~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/10 23:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさまこんにちは。
ウケてくだすってありがとうございます~。せめてもの慰めですわ~
大きさも手に余るのかもしれませんわ。でも悔しいから洋服のときにでも使い倒してやろうかと思ってます~。バッグは銘仙とふりふオリジナル生地のパッチワークですから、関東出身ですよ。あずまえびすですまん寝。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/10 23:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/10 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/10 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、そーなんですよ京都弁のちょっと甲高めの声で、「ウチかなわんわあ」とか「堪忍どすえ」という(爆)←関東人がひがんでるように聞こえませんか(爆
このバッグ、アンティークにもスタイリッシュスマート系にも似合いそうですよね。敗北宣言するには早過ぎるでしょうか
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/10 23:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

うむ、このバッグってばアンティーク着てる人ならば何の抵抗もなく持てる代物です。コーデに同化して存在感が消える…(笑)
実際、あっしも手持ちの銘仙の端切れが増えてきたので、こ~ゆ~の作りたいと思っておりますぞよ。
しかしあの羽織ですと確かに『うち、いややわあ』と羽織に逃げられそうです。そんな羽織にはいっそカピバラバッグをお見舞いしてやると云う手もあります。
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2015.02/11 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠、確かに!コーデに同化(爆)羨ましいですねー(笑)
自分の持ち物がそれぞれこんなに自己主張激しいとは、今まで思いもしませんでしたわ。案外統一感取れてると、自惚れていたんですよ。
カピバラバッグは拒否されませんでした。みなさんカピバラをおおような態度で許すのです。動物だから???
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/13 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/13 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR