FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

節分の豆まきに行ってみました

ごきげんよう




昨晩遅く、わたくしの愛機MacBookが壊れましてね、奥さん。
ブログ記事を書こうとPCを開いたときのできごとでしたわ。
Macのフリーズとともに、わたくしもフリーズしたっけな。

ウチは自宅が会社なので(いや、会社が自宅なのか)、たとえミジンコのごとき極小会社であっても、商売の基本機材は取り揃えてございます。お仕事用の基本ソフトが常備された、予備のパソコンがあるのですわ。MacOSは若干古いんですけれどもね。そしてこういうとき、ウチの夫(自称前世はドイツ系アメリカ人先祖は呉服屋、最近の自称はじゃあっくま)は非常に役に立つ人間でございますれば、わたくし向け仕様にセットアップしてくれたのでした。その間中、八雲氏もお祭り騒ぎ大好き野次馬猫の名誉にかけて、目一杯邪魔してくれたのでした(今日は、はしゃぎすぎて疲れて爆睡しています)。








午後、友人★が、やって来ました。
「今日は節分ですよーーー!豆まきを見に行きましょう!」
友人★はホントにこういうの大好きです。お祭り騒ぎ大好き野次馬人間の名にし負う。わたくしは神社の豆まきなど今まで行ったこともありませんでしたが、★のありがたい押し付けに引きずられて初体験でした。

























































神社の境内に作られた、四角いリング(プロレスか)の上から、今年の年男年女のみなさま(ご祈祷済み)と地元の議員とか役人とかが、豆やお菓子やみかんなどを投げまくる。拾う方も、傘を逆さにした人とかショッピングバッグを広げた人とか、縁起物に賭けるひとさまの熱意を感じます。子供の姿も多いですが、大人の方が真剣です。世知辛い世の中を知り尽くしているからでしょう。
(上記画像は、望遠で撮っておりますw)


初釜以来、久しぶりに着物を出しました。
『手持ちの着物すべてに袖を通す』キャンペーン中(←自虐)、今日のような日はどんなものを着ればいいのかちょっと悩みます。いいんです。着るものに悩むのが娯楽なんですわ。






亀甲柄濃紺の紬八掛は濃い緑色。

新宿京王デパートの催事で購入したリサイクルもの。「なんちゃって結城」と呼んでいます。多分、そう呼びだしたのは、名付けの破壊師・べにお先生だったと記憶していますわ。もちろん結城紬でも何でも、石下(いしげ)結城ですらありません。十字亀甲は結城紬に特徴的な織り方ですが、この着物の場合、亀甲柄を織り出したとても崩れた「十字亀甲もどき」が目に付くのです。
丸洗いに出して、しばし箪笥で寝かせていました。



黄色地クロッカス(春)もしくはサフラン(秋)柄名古屋帯。
友人★が大昔、リサイクルで購入したもの。明るい黄色がキレイだなーーーとずっと思っていたところ、先日の箪笥の整理で譲ってもらえました。若干短いので、いつもいいところにお太鼓柄が出るように、べにお亭合宿にて付け帯に作り替えました。なるほど、ストレスなく嬉しいです。
納戸色ちりめん地帯揚げ。(なんどいろ。日本の伝統色から)
濃い浅葱色帯〆。
半襟はくれない色鮫小紋のハギレ。
くすみオレンジ色ろうけつ染め長羽織。
正絹の小紋反物を長羽織に仕立てたもの。表地はおーく損にて1980円だった。羽裏はこの約3倍、仕立て代は約8倍以上である
。更に、スコッチガード加工を施して、突然の雨でも大丈夫さーーー(やけくそ)。
紫色系ビーズネックレスを作り替えた羽織紐。







表地の約3倍の羽裏。
伊と幸のものだったと思います。同柄色違いのお品もあって、帯揚げなども出ているので、ご存知の方も多いでしょうね~。
これは長襦袢生地を、うそつき袖に必要な分づつ切り売りしている業者さんの、おーく損出品から。
羽裏として売られている着尺は約5~6メートルくらいの長さです。これらの中から自分好みの色柄が見つかればいいのですが、このときは見当たらなかったですわ。
わたくしの着物問屋の担当さん(和裁ができる)に相談すると、羽織の表地が小紋の着尺分あれば、羽裏の分量は工夫してもらえる、とのことでしたので、うそつき袖無双分(4.4メートル)長襦袢生地の切り売りを落札して、仕立てをお願いしました。元々の考えでは、この羽裏は、別のちりめんの小紋反物を道中着にするつもりで、道中着のコート裏に使おうと思っていたのですが。。。仕立てに出す前に、道中着の形にピンチワークしてもらったら、わたくしの姿形に道中着は似合わず。すげービックリ。着物は似合うのに道中着が似合わないって、どういうこと!?
でも、そういうこと、あるんですよね。どうぞご注意遊ばしてね、奥さん。
仕方がないので道中着は断念したんでしたっけ。急遽、「安かったし名古屋帯にでもするか~」的な適当な気持ちで持ち込んだろうけつ染めの反物を羽織にすることになったんでした。担当さんも友人★もウチの夫も、みんなであっちよりこっちの方だって言うしさーーー。そのとき仕立て代もキャンペーン中でお安かったんですよ、奥さん。何も頼まずに引き下がれなかったわーーー。
わたくしは羽裏はちょっとくらいは懲りたい。すごーく凝らなくてもいいから、ちょっとだけ。でもこれは、表地に似合うように考えた羽裏ではないのが気掛かりと言えば言えるでしょう。まあ、自己満足の世界なので、ハタから見ればどーでもいいことなんですけれどもね(苦笑)わたくしのやけくそ気分の一端でも慮っていただければ幸いでございます(←大袈裟)。
。。。でね、そのとき道中着にならなかったちりめん地小紋反物ですが。。。まだ反物のまま、ウチにあるのよ、奥さん。泣けるわあ



いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



豆まきで拾った豆。
友人★の収穫を分けてもらいました。



スポンサーサイト



Comment

No title 

羽裏の柄って羽織の柄と全くちぐはぐでも楽しい気がします。
ヒトには見えないところだから思いっきり好き勝手しちゃうのが嬉しい。みたいな。
でもってたま~~に脱いだ時にちら。と見えた羽裏に人様が仰天したら大成功ですよ
ああ。アタクシもそんな優雅な高級なお遊びがしたいです~~←着物アントワネットっつ~呼称でしたね
しかし放置されている反物が残っているってのは悩ましいですねえ。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.02/04 06:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

なんちゃって結城は帯と羽織をしっかりと目立たせてくれたなかなかいい仕事してくれてますね。本物だろうと何であろうと似合ってなければ意味がないですもんねー。私はあ!フリージアの帯だわーって思いました。あの幸せな香りが黄色の色素から感じられてしまいました。クロッカス、あるいはサフラン😺そうですかー。若さのあるこのくらいの色が今の時期にいいですよねー。私は今シーズン柔らかパステルでおしとやかに行こうと思ってたのにumeyaさんの夜の森と言う着物にやられてしまいました。真逆な方向性ですが素敵すぎたんです。パワー全開で頑張らなくては❗️豆まき!行ったことありませんが御利益ありそう~👹着物でお出かけの方は少なかったでしょうねー。福の神様も大喜びですよ。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.02/04 08:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あっしの行きつけの神社は豆まき後に、社務所で色んなもんを一人1個プレゼントしてくれるから、毎年それ目当てに賑わっているようですわ。
…でもプレゼント時間って午後5時半くらいだから平日だと微妙。
たまさんが珍しくもこんな行事に参加してしまったせいで、マックさまが壊れたんではないのか、と踏んでおりますよワタクシは(笑)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2015.02/04 11:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あらら・・・、たま様は拾えなかったんですか?

豆まき、餅まき、うんにゃ、豆ひろい・餅ひろい、のとき投げる人の方ばかり見てはダメ!
足元をしっかり見るのですよ~~~ん
そしたら手ぶらで帰ることはまず無い!
・・・そうです
来年はお忘れなく~~
  • posted by みっこちゃん 
  • URL 
  • 2015.02/04 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。アンティークなどには、派手でいい柄の羽裏がついてますよね~新しい生地でそういうの見つけるのは難しいですわ。べにお先生名付けて「お仕立てアントワネット」ですわ。本当にアントワネットになりたいーーー!それならば反物がその辺に転がっていても、ビクともしないでしょう
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/05 23:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、どうもありがとうございます~手軽で着やすくて、いい普段着物ですわ。
フリージアも、いいですねーーー♡色も、形も好き。香り高いのもいいですねー。私の感覚では、黄色は早春の感じなんですわ。毎年今ごろ、黄色黄色と言っているような
ないすもありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/05 23:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠。ウチのご近所の神社は結構老舗なんですわ。私はほとんど行ったことありませんが、友人★は正しい氏子として正しく行事に参加しています
珍しいことやっちゃダメだって?(爆)
しばらく着物を着ていなかったので、つい(爆)出来心ですよ。来年はまた友人★が豆を拾って来てくれるでしょう。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/05 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> みっこちゃん。みなさん、縁起物をたくさんゲットすべく、けっこう必死でしたからねーー。私は遠くから撮影しておりました。でも最後に、チョコレートが足下に転がって来たので拾いましたわ(笑)
ないすもありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/05 23:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/05 23:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR