FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

積み残し・昨年末に着た着物2点

ごきげんよう


あすか師匠が、昨年のもみじコーディネートをアップしてらしたですね、奥さん。
たった1ヶ月半ほど前なのに、遥か遠い昔のことに感じるのはこれ如何に?。。。などとちょこっと考えてみれば、日本には『大晦日』と『お正月』という、巨大な民族自浄作用が存在するのでしたわ。
正確に言うならば、大晦日から元旦に1日動いただけで、気分はリセットできるということです。
元々日本には、穢れは水に流す→都合の悪いことを水に流す→あらゆることを水に流す。。。てな具合のメンタリティがあるようですわ。エラいヒトも下々も。リセットして水に流しても、本質には何も変化はないのですが、気持ちの問題は、大きく変化するのではないでしょうか。
いいか悪いかは、後世が判断すればいいのであって、わたくしたちはリセットできることはみなリセットしてしまえばいいと考えておりますわ。だって世の中にはどうせ、リセットできないことの方が多いのですから。

。。。で、その着物を着た時期もとっくに過ぎちゃったし、どうせ去年のことだし、アップしないでなかったことにしちゃおうかなーーーと思っていたんですよね。画像を引っ張り出してくるのも面倒くさく。けれど、ハタ、と気がついた。今のわたくしは『手持ちの着物すべてに袖を通す』キャンペーン中ではないか。リセットしたらあかん。
つー訳で、ほぼ1ヶ月前の着画ですが、まとめてやります。






クリスマス前、ご近所にお買い物に行ったり歯医者さんに行ったりしたときの着物でした。

白地に草花柄の大島風平織りの紬。
八掛はグラスグリーンのぼかし。
おーく損で2000円くらい?
暗いくれない色亀甲柄絞りの九寸名古屋帯。

大昔、くれない色の絞りの小紋反物着尺から、お茶席に着て行くための道行きコートを作り、残った分で名古屋帯を作りました。裏の三角部分近くに他の布を足しています。使いやすい1枚でした。


 

桜地紋の草色の帯揚げ。
くすんだ草色の帯〆。

クリスマス前だったので、帯留めに色硝子のブローチ。
帯飾りはクリスマスリース。かっぱちゃんからのいただきものの。
半襟はくれない色の鮫小紋地。江戸小紋長着を長襦袢に繰り回した際に出たハギレを使いました。
グレイのニット帽子。
茶系縞柄の長羽織。若いときの小紋を仕立て直したもの。
黒いビーズとチェーンの羽織紐。ネックレスを作り替えたもの。


 










もう1枚は平置き画像がありません。
バタバタしていて忘れたものと思われます。





生成り色地にくれない色の麻の葉柄石下(いしげ)結城紬。
結城紬の名はありますが、国の重要無形文化財の結城紬とは作業行程に違いがあります。
最近の呉服屋さんでこれを結城紬と言って安く売っているのを見たことがありますが。。。100万円単位もしくはそれ以上でなければ、それは
国の重要無形文化財の結城紬ではありませんわ~。
逆に、ちょっと高級指向のある気取った呉服屋さんでは「石下結城」というと鼻で嗤ってバカにされます(←実話)。
お値段はリーズナブルで、真綿系のとっても丈夫な紬で、着やすい着物なんですけれどもね。この着物は縦絣で柄が織られています。八掛はくれない色ぼかし。このあと、洗いに出しました。

ちりめん地に野菜柄の染め名古屋帯。
クリームイエロー綸子地帯揚げ。
白地にマルチカラー丸組み帯〆。

ミントグリーンのちりめん無地半襟。

茶系縞柄の長羽織。
赤茶系ぼかしの羽織紐。

3・4年前はこのような蝶結びできる長さの羽織紐が、色の種類も多くて比較的入手しやすかったです。今はもうほとんど見掛けませんわ~。着物問屋さんで購入したものですが、業界ではこういった小物類にかなり流行り廃りがあるようです。でも正直いってわたくし程度のユーザーには、小物類の流行などまるでわかりませんし、ぜーったい関係ない気が致します~

店頭で今までラクに手に入ったブツが突然手に入らなくなったとき。。。ああどうやら流行りが終わったのだな?とは理解しますが、それでも、「どーしてどうでもいいようなのは長く売るのに、バリエーションあっても困らないっつーかバリエーションが欲しいはずの小物類は、どんどん種類が減っていくのか?」などと、若干腹立たしい気持ちになるのは止められないのでした。
可愛い小物変わった小物などが欲しければ、別のルートを探さないと。
。。。世の中では、着物を着る人間が減っているであろうと思われていますが。。。事実、全体数は少ないのでしょうが。。。着物を巡る好みのあり方は逆に幅広くなっているような気がしています。着物業界だって洋服業界のような棲み分けが必要だと。
ああでも。やっぱり全体的に圧倒的に数が少ないのだろうなーーー。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/





スポンサーサイト



Comment

No title 

マァ。😍紅色の絞り帯いいですわぁ。私も大島や紬系なら絞りを合わせるのが好きなんです。あまり紬系は着ないけどたまには着ます。帯や小物に遊びを持たせて、さすがのお色合わせが本当に素晴らしいと思います。で❗️オォ~。八雲氏が暴れておいでですね。肩に乗るのが好きなんでさぁ。もしくは首周り❗️こちらのコーデも帯の色が美味しそうですね。何よりも肩にかかったリアルファーがゴージャスですわ(爆)😻
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.01/30 19:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

年末年始に何をしたわけでもなく普通に月末だっただけなのに(多少の休みはありましたが)「去年」と云う響きはとっても昔に感じるから不思議ですねえ。
一か月前と云えばちょっと前なのに。
着尺を道行にした余りで帯が作れちゃうんですね。
好いなあ。私もやってみたいなあ。と人様の記事を見てはいちいち感化されそうになる自分が怖い
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.01/31 06:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんにちは
柄は違いますが、似たような色目の紬がありまして、いつ何と合わせて着ようか考えてました。参考になりますです~~~
蝶々結びの羽織紐もカワユスですねー。野菜柄の帯もポイントになって良ござんす~~
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2015.01/31 10:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、八雲氏は構って欲しくてヒトに手をかけるくせに、抱っこされると降りるーーーと騒ぎます(^^;)最近特に、我が儘を言います。
紬に絞りの帯、私も大好きです~。染め色が柔らかくなるような感じがします~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/01 01:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。私の場合、長羽織より道行きコートの方が着丈を若干短く作るので、着尺が余計に余ったんですわ。羽織みたいに翻らないから、裏の折り返しも少なくてすみましたしね~。問屋の担当さんが和裁のできるヒトだと、いろいろ相談できていいですね
去年は遠い響き。もー納得です。更に問題は、今年に入ってもう1ヶ月過ぎてしまったことですーーー。トシ取ると月日が経つのが早い。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/01 01:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさまこんばんは。
この色目の着物はいろいろな帯が合わせやすいですよ。帯でイメージも季節感も変えやすいですしねー
ああでも、紐タイプの羽織紐は、着るもので色も変えなきゃならないし面倒くさいです(><)チェーンとかビーズの方がラク。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/01 01:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/01 01:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

どちらも好みの組み合わせですわ。
雪国だと、冬場はなんとなく白っぽい着物は寒そうで避けてしまうので、春になったらこんなふうな色合わせで着たいなあ。
  • posted by 羽衣 牡丹 
  • URL 
  • 2015.02/01 14:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 羽衣 牡丹さま、そっかー雪が積もってると周りは真っ白け。確かに。その代わり、華やかな色が映えそうですよ。ぶっ飛んじゃえ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/02 23:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/02 23:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/03 23:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR