FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

初釜で着た色無地の着物

ごきげんよう




今年の初釜の覚え書きも終わったので、懸案の着物について。
只今『手持ちの着物すべてに袖を通す』キャンペーン中でございますわ。
昨年夏、べにお亭にて『棚卸し合宿』敢行、手持ちの着物をリストアップしたのですが、結果はわたくしに衝撃をもたらしました。持ち合わせた着物の種類がずいぶん偏っていた上に、着る回数にもひどく偏りが見られたからですわ。持ってるだけでも必要な着物もあるでしょうが(冠婚葬祭とか)、元々タダの着るものの趣味、素人の遊びなのです。良い機会なのでこの際、着ていない着物も、もう着ないかな?と思って洗いに出してしまい込んだ着物も、なるべくもう1回白日の元にさらして、是非を問おうとしたのでございます。大袈裟ですね







木目紋綸子地色無地。
モール織天格子全通袋帯。
青磁色から黄色暈し梅刺繍綸子地帯揚げ。
黒地高麗組帯〆。
半襟は白。

色無地の色は今まで、遠い記憶だけで、鬱金色(うこんいろ)だと思い込んでいたのですが。。。今回、じっくり出して着てみたら、鬱金色に黄檗色(きはだいろ)と刈安色(かりやすいろ)を足して割ったような色目のようだと知りました。(色名は「日本の伝統色」から)
昔、慶事にも忌事にも使えて年齢も関係ないであろう。。。と、木目地紋の白生地を選んで、別誂えで染めてもらったものです。紋も抜きのひとつ紋を入れました。でもこのような略礼装の色無地着物は着る場所を選ぶものですわ。おされで楽しみで着る着物とは種類が違うのが追々わかって参りますと、この着物はお茶を習う上での必須仕事着になりました。
そんな訳で、かなりの間ご無沙汰でしたよ。
そうして年代を経てまた改めて見てみると、ああ、やっぱりいい色♡と自我自賛!当時お付き合いのあった鈴○屋で気の合った担当さん(既に退社)と、あれこれ話し合って決めたのが思い出されます。この着物を仕立てたときの心意気は悪くなかったとも思うのですが。。。こんなに身幅が合わなくなるとは思いもしなかったですよ


(号泣)。


 






後ろ姿を撮るのを失敗しました
。後で気がつく。
帯結びは二重太鼓。全通帯は結びやすくて助かります。この袋帯は元々、ウチの母親が実妹のために、訪問着とセットにして仕立てたものでしたが、実妹は着物を着ない人着物に興味がない人なので、わたくしが横からかっさらいました。実妹は結婚したときも喪服と色留袖のみ持って行きましたっけ。そんな訳で、母親が実妹用に用意した小紋も訪問着も紬も全部、わたくしの箪笥にあるのです。
ツィードの和装コートを着て、これまた礼装用佐賀錦の草履を引っ張り出して出掛けました。
略とはいえ久しぶりの礼装は、身もココロも引き締まる思いです。それはそれで楽しかったので良かったのですが。。。現実に向き合って考えなくてはなりません。
さていったい、この着物はどうしましょうか。このままではキビシイです。
身幅を直しに出すべきか、否か。
直したあと、どれほどこの着物を着るのか、どうか。
。。。ここには「痩せる」という選択肢がないのですが、いかがでしょう。
ちなみに、久しぶりに(?)わたくしのこのような姿を見た社中の姉弟子さんE(とっても着物好き)が、「ああ今のお年頃は太るものなのよねーーー、たまちゃんも胸が大きいでしょ、ワタシもそうだったから悩んだわーーー、でも大丈夫!あと20年くらいすると、放っておいても痩せるから♡」
わたくしは、20年ほど前の姉弟子さんEの姿を思い出しつつうなづきかけ。。。んな保証されても、これから20年も待てる訳ねーだろ。生きてねーよ。
。。。とは口が裂けても言えないのでした。



画像は、足元に纏いつく飛影王子。


いつも読んでいただいてありがとうございます。





https://fashion.blogmura.com/kimono/






この日の友人★は、滅多に着ることのない、でもお気に入りでなるべく着たい小紋の着物でした。
着画は。。。バタバタしていたせいか、すっかり忘れました。ごめんなさいーーー。
初釜前日の夜、友人★が自分で決めた組み合わせ画像を送ってくれてました。



白地にグレイの青海波柄小紋。東雲色の地紙と季節の花々。
東雲色の箔使いの名古屋帯。鳳凰と唐花模様。
山吹色のちりめん帯揚げ。
幅の広い白地の帯〆。




スポンサーサイト



Comment

No title 

何とも素敵な色だと思っていたら染めたんですねえ。
私も羽織を作るのに好きな色で…なんて話していたらそれなら好みで染めてみたら?●●円くらいになるよ。なんて年末に話していたのを思い出しました。おお怖きけーん!

全記事の話ですが。恐怖の甘いもの一家。
甘い物好きな家族におやつのみならず普通のおかずまで甘いもの攻めに合い続けた。と云う悲劇。あの話は衝撃でしたねえ。
納豆に砂糖なんて考えられん
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2015.01/28 06:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お茶の事はまるで素人ですのでたま様のこういった礼装姿やお茶事に関することなど新鮮な気持ちで見せて頂きました。なんだか緩やかに見えてピリッと引き締まる思いの初釜にピッタリのコーデでございますわねー。凄くいい色だから身幅直しできたらまだまだ着れそう。でも洋服より自由がきくのが着物ですわねー。長く活躍出来そうです。王子が幼い顔で映ってるー。ママ~行かないでー。って感じです💚
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2015.01/28 08:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

そう云えば先日の骨董市において、これから着物を着ようと思っている若いお嬢さんが『パステルピンクの色無地の単衣』を選ぼうとしていて、そこにいた渋い着物姿のおばさま&信用ならない感じのアンティーク着物のあっしが一斉に止めたのだった(笑)…色無地でピンクで単衣で正絹。初心者には荷が重過ぎるであろう。でも初心者はついつい飛びつくような可愛いピンクではあったんだが。
……で、20年後でもなんとなく生存してるような気がしますよ、たまさんは。近所住まいのたまさんの天敵のように(笑)低空飛行ながらも、ちょっと調子が悪くなればすぐ病院、なので案外メンテナンスが行きとどいている。
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2015.01/28 10:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

楽しく拝見してますが「手持ちの着物すべてに袖を通す」とは、なんてハードルの高い目標でしょう。
20年待ってたら、もしかしたら着物の仕立て直しのできる人がいない時代になっちゃうかも。
お直ししてどんどん着てあげましょうよ~。
  • posted by 羽衣 牡丹 
  • URL 
  • 2015.01/28 11:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

いいですね~お茶会。初釜の連載、楽しく読ませていただきました。
大変な事態、でも皆さんで楽しまれたようで、いいお社中ですね。
もう一度習いたいと思いつつ10数年、羨ましいです。

うちの妹も着物に興味なし、ただ婚家が結構大きなお店をしていた(既に閉店)ので、喪服・黒留・訪問着・色無地と持っていきましたよ。
あとは、母の嫁入り道具を仕立て直して水増しして多様ですが、既に全て引き上げて私の箪笥に収まっております。
どこでも一緒なんだなあと、ちょっと嬉しくなりました。

ところで、前回コメントさせていただいたとき、お初だったのにうっかりご挨拶もなしで、失礼しました。
ここ数ヶ月、楽しく読ませていただいております。
基本的にROMですが、時々書き込みするかもしれませんので、よろしくお願いします。

>補足:あすか様のコメント、笑いました!それだけテイストの違う着物姿二人に説得されたら、そのお嬢さんも諦めるしかないですね~。
単衣の柔らかものは着て快適な時期、この頃はほんと短いですし。
  • posted by 天鼓 
  • URL 
  • 2015.01/28 21:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

本当に良いお色♪この帯揚げも凄く好き。

で、あすかさんじゃ無いけど、私も20年後も生存されていると思いますわ。
一病息災で、病院にちょこちょこ行く人って意外としぶといと思います。
←失礼な奴(笑)
  • posted by タンタン 
  • URL 
  • 2015.01/29 04:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

「自我自賛」っていい言葉だなぁ。「自画自讃」より自分が前に出てる感じで。
…って、たまさん、もちろん敢えての誤字だよね?!
それにしても、いい色だにゃー! そうか、染めたのかー。だよね、こんな色見たことないもん。着る機会がなかなかないけど、いい色だからもっと着たいねー。
キャンペーンのおかげで、色んな着物が見られて楽しいっす♪ たまさんの箪笥には、まだまだ未知の領域がありますなぁ。この帯も初めて拝見した気がするぞ。

ほ~さま、納豆に砂糖ってどっかの地方で普通にやってることみたいよ。前に「ケンミンショー」で見た。東北の方だったかな?

あすかさん、色無地でピンクで単衣で正絹…たしかに箪笥の肥やしになる可能性が高い着物だ…。そこに紋でも入っていた日にゃあ、お茶のお稽古でもしてなければ一生着られないかも(笑)。そんでもってお店の人って、色無地を買おうとすると必ず紋入れを薦められるんだよねー。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2015.01/29 05:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま、染めるだけならそんなにお金かからないです。八掛を染め替えしてもらったら2500円以下、新しく買うよりずっと安上がりでした。問題は、他にも生地代仕立て代がかかるという点ですわ~着物のDEEPな深みにはなるべく入りたくない気が致します~。

そーそー山岸凉子。自分が甘いもの嫌いなのにずっと気がつかなかったでしょ?そんなもんですって。ウチの実家は甘いものとは関係ないですが
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 19:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、お褒めいただいて嬉しいです~
いい色、だとは思いますわ~。身幅を直すか~?この手の着物はそうそう他所さまにも差し上げにくいものなんですよね~。遊びで着たい着物と習い事で必要な着物の落差があって悩ましいですわ~。
久しぶりの、警戒心のない甘えた顔の飛影王子です
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 19:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠、そりゃ全力で止めて正解!(爆)せめて袷ならば帯で遊ぼうと思えば遊べるけれども、それでも帯の種類が必要になるし、初心者の方にはハードルが高いでありましょう。色無地は和のお稽古ごとがなければ必要ない着物になりつつあると思いますわ~。
20年後生存説どうもありがとうございます(笑)するとこの色無地はこのまま持っていてもアリ。。。?
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 19:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 19:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 羽衣 牡丹さま、ホント!ホントにキビシい企画です。時期が経つに連れてキビシさが増しました。既に着たものが被るとミッションクリアできない気がするし、出掛ける先を考えてコーディネートもしなくてはいけないし(><)。
20年後。。。って着物はどうなってるでしょうね~。私の感覚では、20年前より今の方が、着物まわりの考え方が自由になった気がするんですけれども。。。でも選択肢は減ったのかな?その辺がよくわからない。仕立て士さんは確実に減っているでしょうね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 20:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 天鼓さまこんにちは
画像と基本の用語のみで解説なしのレポですが、楽しんでいただけて嬉しいです~。常に自分と身の回りのことだけで、どなたのお役にも立たないことを旨としております~。お付き合いいただいて幸いです。どうぞ宜しくお願いします~。

それにしてもキチンと止める師匠はエラい。私なら、訊かれなければじっと観察してるかも(爆)帯はどうするかな?とか思って。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 20:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> タンタンさん、20年後生存説どうもありがとう。でも私は生きてると困るんですよ。ちっともこの着物に対する方向性が纏まらないじゃないかーーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.01/29 20:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生ーーー(爆)自画自讃にショックを受けて、返事を忘れてしまいました!ウチのPCでは自画自賛って最初に出るので、そのままスルーですわ(苦笑)深い意味なし。ホントは自画自讃だよねえ。。。としみじみ。嗚呼。
色無地に紋が入ってなければもっと気楽に着れる気がしますが。。。実際は着ないと思う。紋を入れて着る必要があるヒトしか。おされで着る着物は他にあるもんねえ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/01 01:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とめ吉さまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2015.02/02 23:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR