FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

さまざまなハードルが私を襲う

ごきげんよう。。。コレがアップされるとき、わたくしは出掛けております。
都心臨海方面に、お芝居を観に行ってますわ。


前回までのあらすじ



高性能機ステルスタンタン(敬称略)がコーディネートした、あすか師匠を囲む会。。。というよりもあすか師匠が楽しいスポットを案内してくれる会、発足。小僧を幼稚園に送り出し、華やかに着替え、できた時間は目一杯有効に使われる予定。とーっても嵩高い着物姿のご一行がちっこくて可愛いクルマにみっちり詰まり、サイタマの街をあちこち走り回る。

ランチは、ウェイトレスの衣装がはいからさん(矢羽根柄の着物と袴)で有名な、『馬車道』にて。
ファミレスと書こうとして、今、ちょこっと調べてみたら、ピザ工房とかカフェとかいろいろあるんですね。
平日の、お昼休みどきが過ぎて、店内はすいていました。

 

パスタランチはサラダ・ドリンクバーつき3人3様のオーダー。
デザートはアサイーヨーグルト。

 


わたくしたちはここに至るまで、当日、1枚も写真を撮っておりません。
このあともしゃべるのに忙しいのです。
わたくしは小さなお土産を偲ばせて行ったのですが、大量のお土産をちょうだいして帰りました。


 

「テレビ埼玉」を観ると、『埼玉名菓十万石饅頭』のコマーシャルがひんぱんに流れます。ウチは『水曜どうでしょうクラシック』を観るために「テレビ埼玉」(てれたま)を視聴しておりましたが、『十万石饅頭』のおじさん声のナレーション「うまい、うますぎる」が妙にアタマに残って残ってしょうがないのでした。CMというのは美しいイメージ映像よりも俗な方が印象深いのでしょうか。単にわたくしが俗なだけかもしれません。それでもホントに『十万石饅頭』は美味しいですわ。
斜め市松の刺繍半襟は、ステルスタンタン(敬称略)と色違いでいただきました。


 

手毬モチーフのかんざし。以前にもあすか師匠には、手毬柄の半襟やら手毬柄の帯やらをいただいております。それというのも昨冬に、わたくしが手毬柄友禅の長羽織を作ったからなのですが。。。トータルコーディネートの鬼が、先を示してくれているのです。「ハードル高けえ」などと言って放置していると、次から次へと集まってしまいます。何しろ鬼コーチは、「長期的視野を持て」と教え諭しているのです(ホントか)。
右の手ぬぐいクリップは、わたくしが密かに憧れ、若いオンナのコばかりのマルシェに乱入してでも買いたい(でもその勇気なし
)。。。と思っていた、ブログ「花金魚」ひなこちゃんとこの商品です。ふがいない弟子に、師匠がマルシェまで出向いて買ってくだすった。ありがてえ。(←誰?)
わたくしが着物を着るのはお出掛けのときなので、お茶したり食事したり、手ぬぐいクリップはあるととても便利です。着るものに合わせて手ぬぐいを取っ替え引っ替えして楽しみたいと存じます。

そして。。。いつもいつもありがとう♡なステルスタンタンチョイスの数々。

 

ステルスタンタン(敬称略)は、刺繍半襟ひめ吉さんちのアウトレット祭りの勝者です。
わたくしなど、アウトレット祭りで買えたことなどほとんどないのに、それほどハードな祭りだというのに(ひめ吉さんちのアウトレット祭りに関する考察
こちら)、高性能ステルスは停滞なくパソコンワークをこなし、買い物カゴに入れたブツは全部ひっさらって行くのでした。
そうしてステルスタンタンには、刺繍半襟が溜まりに溜まって、いつしかひめ吉さんコレクターを自認するまでになったのです。今の忙しいお仕事ペースでは、1回ごとに違う半襟を付けて着物を着ても、全部使えるまでに何万年かかることか。。。ふとそんな畏れをいだいたとき、アウトレット祭りにて買い物の手が鈍るのを、かの優秀なステルス機は予測し、憂えたのでした。そして、今後の祭りでの闘いの手を緩めないために、在庫放出に出たのです。本末転倒とはまさにこのこと。見事なりステルスタンタン、キミの屍は涙を振り絞っても拾ってやる。
。。。っつーか、どうもありがとう♡わたくしも地色違いで揃えた、シャム猫半襟の色違いバージョンです。こうしてたくさん色を試して、本発売になるのです。
そして、湘南名物茅ヶ崎しらすせんべいピリ辛めんたい味。
これは、マジで、美味しいです
ウチでは夫と奪い合いになりました。


 

唐草柄(どろぼう)風呂敷と、小さな手ぬぐいと、猫シルエットのクリップ。
どろぼう風呂敷は、ウチの猫らでネタがつくれそうです。もちろん本来の目的で使いますが。足跡柄の手ぬぐいは半襟にするとちょうど良さげな生地です。猫のクリップは、襟に付けてちょっとしたアクセントになりそうです。わたくしは本読みなので、本来の目的で使うのですけどね。


で。
。。。で、だ。
ぼやいていいかな。
何故、今、これを持って来たステルスタンタン(敬称略)?
やけに大きな荷物だと思った。。。そしてその荷物の中には、いつか役に立つ(ホントに役に立ったのには驚いたが)眉カットハサミやら、よくぞ持っててくれたリサイクル着物を買うときの必需品メジャーまで入っているのを知っているので、深く追求することはなかったのです。
ウチの八雲氏がわたくしの帯枕と闘ってしまったのを知ったあすか師匠が、「代わりの帯枕には、100均の長いスポンジが安くて便利」と知恵をくれて、しかし今の100均にはもう長いスポンジが売ってなかったのでこちらとしては諦めるしかなかったのですが。。。高性能機ステルスタンタン(敬称略)は違った。最も形態が似ていたこれを使って、帯枕を作って試してみろ、と言うのでした。
何やら、ブッダに対する梵天のような(@「聖☆お兄さん」)無茶ぶりプロデュースを感じるのですが、わたくしはそのハードルを越えねばならないのでしょうか。キャラじゃない気もするのですが(ブッダの修行モードはべにお先生の専属技)、「笑いが取れるならやれ」と鬼コーチにも叱られそうです。ホントに便利かもしれないし。。。でも寒かったらどうしよう。
そして何故、今なのか?
荷物が多いじゃないの。
持って帰るの大変じゃないの。
先週も会ってたのに。。。とマジ苦情を申し立てると、
「昨日、見つけたんです

と、にーっこり笑った。
。。。そりゃあ、しゃあないわねーーーー。

ごめんなさい、メインはこれから。
いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



ホントにはにわですよ、奥さん。
美味い♡

ウチのご近所に笑える(←基本中の基本。根本と言ってもいい。大袈裟か)美味しいものがあったかしら。
探しに行かないと。ああ、焦るわ。。。













スポンサーサイト



Comment

No title 

あぁーっ!皆様のお写真無いのがとっても残念ですわぁ。その場面ごとで撮るのも大変なのはわかるんですけどねー。さぞかし楽しい面白い日になったでしょうねー、お土産も笑える美味しいものなんてなかなか無い❗️大阪のお土産なら何か面白い物がありそうですが🍄続きがたのしみー🌹
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2014.10/30 21:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

足跡柄の手ぬぐいはもうお気づきかもしれませんが、半襟にするにはちょっと小さいかも。
胸元や袂に入れっぱなしで邪魔にならないサイズです←物は言い様(笑)
はにわサブレ美味しかったですよね♪
どこから食べるか悩んでスカート部分(合ってるのかこの表現?)から頂きました!
  • posted by タンタン 
  • URL 
  • 2014.10/31 03:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ。埴輪サブレがこちらにも
タンタンさん洗車スポンジとは考えましたね~。
ふかふかして背もたれにどっかりともたれかかりたいときや車に乗る時に楽ちんそうですね。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2014.10/31 06:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpianoさま、最近はネタのない島根県まで「吉田くん」を使って良さげなお土産が出ましたし、笑えるお土産は必要ですわ~。
すみませんホントにおしゃべりに忙しくて。師匠も中々アップしてくれませんね~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.10/31 21:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

タンタンさん、ウチは迷いなくアタマからでした!
この手ぬぐいは、半分に切って縫い繋げれば、半襟にしてちょうどいいボリュームなんですよ。早速試してみましたよ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.10/31 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。さま、このスポンジをね、適度に切って成形しろ、というのです。彫刻を作らされてるみたいな気がして。角材から何か彫りだすの。うーーーん昔、授業でやったことある。とても苦労したんですー。
タンタンさんは私に何をさせたいのか!?期待しないで待っててくださいー
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.10/31 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.10/31 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.10/31 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

埴輪サブレ…いいなぁ。私もアタマから囓りたいっす。
あすかさん、お待ちしています(笑)。
そういえば、若かりし母の旅行写真で「踊る埴輪」のポーズで撮ったものがありました。…なにゆえ、埴輪? やはりヘンなヒトです。
いいねぇ、たまさん。楽しそうだねぇ♪ レポートの続きを楽しみにしておるよ!
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2014.10/31 22:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんにちは。
出遅れたまま、どんどん記事がUPされて行きまする~~~
楽しそうな雰囲気が伝わって参ります。300円着物すごいですよね。私も先日少し片づけた時、羽織に次いで、糸が崩壊しているお着物を発見し、ゴミ袋に入れました。で、あれって買った時どうだっけ?と見たらそれはそれで結構なお値段でしたの、大ショック。なのでまだ捨ててません。。。
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2014.11/01 12:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにおせんせー、夏に「まめたび」っつーせんべい、たまさんにお土産で渡していたのに…同じ店の商品ですのよ気が付かなかったのでしょうか。ええ、多分べにおせんせーなので気が付かなかったのでしょうな(笑)
この十万石饅頭の本社が行田で、さきたま古墳があるから埴輪サブレ。
どうでもいいが、十万石饅頭のCMってば埼玉県民だれもが知っているのに、店そのものは県内全域をカバーしておらず、『喰ってみたいけど店がない』と嘆く県民も多いです。
そしてあのCMはデジタル移行後もデジタル撮影にて撮り直されているのに中身はずーっと同じです。稲葉物置レベルかもしれん。
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2014.11/01 16:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすかさん! そうなの?「まめたび」の会社が埴輪サブレも出してるの?
…うーむ、変わった会社ですなぁ(笑)。いや、好きです、そういうの。
なんか、にわかに興味がわいてきましたぞ。十万石。
それにしても、「稲葉物置レベル」という例えが秀逸(爆)。げははは。

たまさん、すみませんねー、すっかり別会話してしまって。
戦車スポンジで帯枕作成…今度の合宿でやってみます?(笑)
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2014.11/01 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

やべ、ほ~さまになってしまった。
もちろん「戦車スポンジ」→「洗車スポンジ」の誤変換です。失礼しましたー。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2014.11/01 23:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお先生、控えた甘さが良かったですわ。こういう甘いもの私好きです。
そりゃお母さんはどこぞの古墳にでも観光に行ったんでしょう。その年代のヒトとしては、写真に写る姿勢が暴挙ですわ。以外とお茶目なヒトですな。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.11/02 12:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpianoさまないすありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.11/02 12:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ふでぺんさまこんにちは。
いや~も~マジで楽しいです。こういうのは、ナビゲーター(この場合は師匠)とコーディネーター(この場合はタンタン)のチカラだと思います。私はそれに乗っかるだけでこうして美味しいレポを書いているのです。
糸が劣化した着物~恐ろしいですね~
捨ててしまわれんですか?私は「布ケチ」なので、洗って伸ばして使えるとこだけ取っときそうです。せいぜい帯か小物くらいにしかならないんですけれども…
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.11/02 12:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすか師匠、そーかさきたま古墳か!何故はにわ?と若干不審に思って、そろそろ調べるとこでしたわ。吉見百穴も見事ですよね。埼玉県は関東地方では飛び抜けて古墳が多い土地でしたねー。
稲葉物置の「百人乗っても大丈夫」ってコピーも、忘れ難いですね。
ああ我が家ではもう、てれたまが入らなくなってしまって悲しい。東京スカイツリーのバカーーーーっ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.11/02 12:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお先生、ステルスタンタン(敬称略)の無茶ぶりを、先生が何とかお手伝いしてくれますか。合宿で工作できるなら、是非そうしたい。私ひとりでは、気が短くて「きーーーーーっ」となって失敗しそうです~こういう修行系のものは先生を引きずり込むに限るわ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.11/02 12:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR