FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

手ぬぐいクリップを作ってみた

ごきげんよう



気を抜くと外で降られる@首都圏。

ニッポンの夏は、怪談の夏。かつてはそんなステキな風潮がありました。
テレビ番組でも映画でもお芝居でも、大真面目に知恵を絞って観客を驚かす、驚く側もイマジネーションを駆使して驚くこと自体を楽しむ、そんな時間が流れていたのでございます。。。ってまるで生き証人みたいなことを言ってますが、たいした証人ではありませんわ。まあとにかく、イマドキの話ではありませんの。
でも今の時代は今の時代にふさわしい妖怪が現れるようですな。この夏、西でも東でも妖怪が現れて、ナニやらステキなものを作ってるじゃあござんせんか。


体内着物濃度がすっかり薄まっているまおじゃらんでございます。
「お出掛けするときは着物」というキャッチーなフレーズは、「お出掛けしなければ着物着ない」という落とし穴あり。
だって出掛ける用事もないし。
わたくしの友人★など、用事がなくてもふらふらと街をさまようのを楽しみとしているのですが、わたくしは生憎、そういった散歩大好き犬体質ではありません。いつだって目的地までまっすぐ行って、用件が終わるとまっすぐ帰って来る。。。かなり遊びの少ない体質なのでございます。
困りましたね。
ってな訳で、ヒマぶっこいてる午後、外は台風が近づいていて湿度であんにゅいな気分になりがちな日々(←通俗小説の定型文みたいな表現)。。。以前からちょっと気になっていた、「手ぬぐいクリップ」とやらを自作してみようと思い立ったのでした。
「手ぬぐいクリップ」は、「アンティーク着物カテゴリ」で、若くて可愛い着物女子たちが作って売っているのを拝見しておりました。おされなチェーンやビーズやらを組み合わせてこじゃれた雑貨として売る。楽しそうです。
わたくしに暑さをものともしない体力、もしくは気力(←こっちの方が重要)があれば、現場(こじゃれた雑貨や古着を売る場所のこと)にお出掛けしていって、すでにできあがっているソレを買うのですが。。。ああでも、現場ではさぞや浮くであろうな、とは考えられます。こちとらいいトシぶっこいているからねぇ(苦笑)。
ま、そんなことはともかく、気力がないので出掛ける用事も作れない体たらくのわたくしは、何でもかんでもとりあえず相談するべにお先生にちゃっかり相談しました。
「せんせーせんせー、ワタシ、こういうのが欲しいんですけど」
先生の答えはいつだってビシッと。
「その先っぽは、100均に行けば、帽子クリップかなにかで売ってますよ」
「おおおっ



何しろわたくしは、100均不毛地帯に住まうので、そういう発想が出てこないのです。
早速ウチの夫に頼んでクルマを出してもらい、比較的大きな100均を目指しました。


帽子クリップはありました。
季節限定グッズのコーナーに。
透明なプラスチックでできていて、短いコードで繋がってます。
な~るほど。
イマドキの世間はこんなことになっているのか。
100均があちこちにあってお店の違いすら楽しめる方々には珍しくもなんともないでしょうが、わたくしにとっては、品揃えそのものからしてとても珍しいです。駅に付属している小さな100均では扱う商品に限りがあるからね。
で、じっくり探して、見つけたのがコレ。
カフェカーテンを吊るすクリップです。


要らない部分をはずすのに苦労しましたが、無事完了。
この手の細かい作業をしていると、野次馬の八雲氏が目の前を塞ぎます(目の前を塞がれているので画像なし)。放っておくと転がして遊ばれてしまうので、丁重にどいてもらいました。

で、これにチェーンをつければできあがりなのですが、おされなこじゃれた雑貨であればチェーンやらパーツやらがセンスの見せ所なのですね。
そう考えたわたくしは、おされなそれらしいブツがないか、100均でついでに探してみました。夫も動員しましたが。。。残念ながらそこでは見つかりませんでしたわ。ウチのじゃあっくまセレクトの「手ぬぐいクリップ製作用」ブツは、おされとも実用ともほど遠く、それを画像におさめておけばきっと一部の方たちに笑ってもらえたと思いますが、買わなかったので画像なしです、すみません。
そうして有りものをリサイクルして何とかすることにしました。
この辺りがすでにおされじゃない感じです(苦笑)。
昔、ちょこっと気が違っていた頃、やはり街のこじゃれた雑貨屋さんでビーズのネックレスを安く買ったことがございます。よく考えれば、よく考えなくても、わたくしはプラチナ以外の金属アレルギーなので、腕時計すら使えず、基本的にアクセサリーは御法度なのですが、何故買ったんでしょうね?
どうも人並みに流行りものが欲しかったのでしょう。
それらはネックレスとしては使えなかったけれども、その後年月を経て羽織紐に作り替えたら使い勝手もよく、本来の役割以外でとても役に立ったのでした。まるで人生のようではありませんか。
っつーか、そんなことはどうでもいいですね。
ネックレスは長さが結構あったので、羽織紐に使った以外の部分が大量に余っていたのでした。



アシンメトリーバージョン。



夏バージョン。

衣紋を抜いた着物に引っ掛けて使うので、長さの微調整が必要かも。
更に、べにお先生用にグリーンの大き目ビーズで1つ作って、もうウチには余りもののネックレス(もしくはそれらしいブツ)はありません。キレイに使いきった。
これで、いただいた可愛い手ぬぐいを、半襟にするか帯揚げ代わりに飾るかしか使い道が考えられなかったので大切にしまいっぱなしの手ぬぐいを、取っ替え引っ替え使うことができます。
嬉しーい

。。。てなことを、FaceTimeを使ってべにお先生に見せびらかしていたら、言われたのです。
「。。。たまさん、今、体内着物濃度が減ってるのね。。。最近あんまり着物、着られてないもんね。。。部活の合宿中、ワタシが猫濃度が減ってつらかったように。。。ってか、嫌いだ苦手だって言ってるけど、ホントは手芸、大好きなんぢゃね?
「嫌いだよっ




おあとがよろしいようで。
いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/





手ぬぐいを挟んでみた図。




スポンサーサイト



Comment

No title 

素晴らしい~😻私がすっごく欲しかった物がまさにこれっ🙀そうかぁ~。そんな手があったのですね。いらない長らく使わないアクセサリーはいっぱいあるし作ります。なんか行動できてなかっのですがやる気になりました。さすが八雲飛影チビちゃママです。これがあればずいぶん積極的に食べられますもんね。たま様は師匠だわぁ。ありがとうございます。🎀
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2014.08/09 20:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とんぼです。
まだアイデアだけで、
なかなか実践まで行かれずにいるのですが、
あの「コーリンベルト」の古いのを、
古着と一緒にいただいたんです。
もうゴムがフニョフニョのびちゃってて…。
そのゴムベルトを同じ幅のグログランリボンとかにして、
金具というか、それはプラスチックだったのですけれど、
全部使えば、長さ調節のできる、手拭いクリップが
できるなぁと…そう考えて止まっています。
いかが?
  • posted by kogirean 
  • URL 
  • 2014.08/09 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほえー、仕事はやいっすね! 立派に充実した記事になってるじゃありませんか!
そして、私の分まで作って下さいまして…っつーか無理矢理作っていただきまして、どうも有り難うございます♡ ぐふふ。
そして、気がつけば着物を解いて半幅帯を作ったり、手ぬぐいクリップをいくつも作成したり…本当はハンドメイド好きなんぢゃね?って思えてならない(爆)。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2014.08/09 21:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ああ、なんてことでありましょう。…めりめろマルシェで買って来たのに。たまさん用の手ぬぐいクリップ(笑)
あっしが記事にするのが遅すぎた~
まるで『賢者の贈りもの』の如きオチでしたわ。
…しかしさっさと記事にしていたら絶対にたまさんはこれを作ってはいない。
たまさんにとってはいいブログネタが出来たと思えばいいのかしら。あ、でも手ぬぐいクリップ、色んなバージョン持ってても邪魔にはなるまいと思うので、そのうち送りつけてやりますわ~
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2014.08/10 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

なるほど。
100均でパーツが買えるんですね。
私も処分しようと思っているネックレスとかあるからやってみようかな。
これなら襟元や帯に手拭いを挟まずに前掛けみたいにできるわけですね?
使い方がいまいちよく分かっていませんが
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2014.08/12 18:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpianoさま、私もずいぶん前から気になっていて、ようやく着手できました。夏休みの工作気分です~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.08/12 22:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とんぼさま。
これを作るとき、長さを自分に合わせて調整するのが面倒だと思っておりました。気軽に長さ調節ができたらとても使いやすいですね!ああなるほど、あのプラスチック部分を全部使えばいいんだ。リボンとプラ部品ならば絹ものにも優しいですよね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.08/12 22:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお先生、ヒマの徒然に手慰みの作業はココロを穏やかにしますな。決して、手芸が好きなのではなく!
で、思うんですよ、これらすべての部品を選んでたら、やっぱり面倒くさい。手芸、好きじゃないからさ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.08/12 22:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすか師匠~。師匠の記事を拝見して、アレはもしかして私のか?と思ったですよ。ヒナコちゃんのアレを欲しがってるのを覚えててくれたんですね~。
ホントはめりめろマルシェ行きたかったんですよ。行けないのでこういうことになったんですけれども。行ってたら師匠にお会いできたんですね~。ヒナコちゃんのアレはステキ~ありがたくちょうだいしたいですわ~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.08/12 22:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。さま、そうですエプロンみたいに胸元から膝まで覆うんですわ。私などいつも、着物を汚さないようにと思ってハンカチ等膝に乗せてるのを忘れて立ち上がってしまい、踏みつけたりそのままなくすことも多数でして。首にかかっていればさすがになくさないかな?と(苦笑)。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.08/12 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR