FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Archive [2016年09月 ] 記事一覧

もしかしてこれを終活と呼ぶのか。転居の記録vol.6 comics

ごきげんよう(画像と本文は関係ありません)半年をかけて、ようやく書庫がカラっぽになりました。小説やらドキュメンタリーやらエッセイやらの活字以外にも、わたくしは漫画もたくさん所持していましたけれども、先日ほぼ全部処分が終わりました。小説は図書館に行けば借りられるので売り払うのは躊躇なかったのですが、漫画はどうしよう。。。結構本気で考えました。でも手放す前に読み返したのでもう思い残すことなし。毎日非常...

ウンチク店主vsウチの義妹

ごきげんようやっぱりお天気が不安定@首都圏西部。昨年の今ごろは、「暑さ寒さも彼岸までってのはホントだな!」などと話し合っていたのです。今年も同じ台詞が言えると信じて疑わなかったのに。暑いけれどもきっとお彼岸過ぎれば涼しくなるはずよ、と思っていたのに。なんつーことか。まだ最高気温29℃を記録しそうな予報の東京。ウチの義妹が購入したシブい名古屋帯の名前に、たくさんのアイディアありがとうございます。義妹...

ひめ吉シスターズに会いに@日本橋きものサローネvol.5ラスト

ごきげんよう夜になると土砂降りになったりするから油断できない@首都圏西部。サローネ記事(とはいえ出展ブースの紹介やら気になる商品紹介やらコーディネートトルソー画像などいっさいなし。公言どおり他所さまの役に立たないブログを突っ走ってる)残りはわずかです。今回は、会場で出会った方々画像をイッキにいきますわ。サブカルミーハーの面目躍如だと自負しております。ステルスタンタン(敬称略)が見つけた物件。お祖母...

ウチの義妹のぐるぐる買いもの記(本人曰く「自由散歩好きの犬」の話)

ごきげんよう昨日(日曜日)今日(月曜日)と、珍しく晴れてます@首都圏西部。やっぱり秋になるならこうじゃないと。でも気温高し(泣)番組の途中ですが、身近なネタを送りたく候。相変わらず文章が長いです。どうぞご容赦を。ようやく引っ越しの日が正式に決まったんですよ、奥さん。おおざっぱにしかわからなかったときは、のんびりゆっくりだらだらできたんですけれども、カウントダウンが始まったと思うと妙に焦りますな。で...

ひめ吉シスターズに会いに@日本橋きものサローネvol.4

ごきげんよう前回までのあらすじあすか師匠にごいっしょさせてもらっての、日本橋きものサローネ当日。刺繍半襟『ひめ吉』さんでシスターズとしゃべり倒すわたくしたち。その後、わたくしひとりで入った『染織こだま』さんブースに、あらまあ。この方が飛び込んで来た!!!(『染織こだま』さん撮影)かんたーびれさん、もとい、朝香さんキターーーっ\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/「あ、かんたーびれさん!!!」わたくし...

ひめ吉シスターズに会いに@日本橋きものサローネvol.3

ごきげんようきものサローネ記事が続きます。お久しぶりのゆうかさんとあすかさんと。\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/あすか師匠といっしょに画像に収まるのは楽しい。でも後からこうして見るのは、現実を直視する勇気が要りますよ、奥さん。ひとりだったらただの小デブのばばあで見過ごしてもらえますが、こうして並ぶと身体の厚みとか丸みが目立つので、「ああワタシってすげーデブ」とか、「若いような気がしてもやっぱり...

ひめ吉シスターズに会いに@日本橋きものサローネvol.2

ごきげんよう台風一過、とはならないどんよりした空@首都圏西部。9月って、梅雨どきよりも雨が多いと思いませんか、奥さん。家の中がすごい湿気ですよ。カビがはえそうだっっっ何か景気付けが欲しいとこですけれども、当分何も予定はない(引っ越しという大イベントがある)。サローネ記事でも書いて憂さを晴らすと致しましょう。それにしてもあすか師匠のおかげかスゴい訪問者数。普段のわたくしにはありえないのですわ。先に申...

ひめ吉シスターズに会いに@日本橋きものサローネ

ごきんげんよう台風の影響でずっと雨@首都圏西部。引っ越しの途中ですが、久しぶりのお出掛け&着物レポをお送りします。東京日本橋で『きものサローネ』が開催されてました。期日9月17日(土曜日)から19日(月曜日)まで。わたくしはこの知らせを、刺繍半襟でおなじみの『ひめ吉さん』のブログで知りました。ひめ吉シスターズが東京に来る!!!とっても嬉しくて(さすがに東京と山口県岩国は遠い。滅多に会えない)とにか...

もしかしてこれを終活と呼ぶのか。転居の記録vol.5 books

ごきげんよう久しぶりに晴れた!!!@首都圏西部。(画像と本文は関係ありません)今日はわたくしの想い出話にお付き合いくださるかしら、奥さん。わたくしが生まれ育った家は、本に縁のない家庭でした。若干の実用書と新聞とたまに親戚が持ち込むオジサン週刊誌。それが活字のすべてでした。幼稚園に入る前のわたくしは、それらでひとり遊びしつつ文字を覚えました。テレビで絵本の存在を知り(ロンパールームとかおかあさんとい...

もしかしてこれを終活と呼ぶのか。転居の記録vol.4 kitchen

ごきげんよう台風と秋雨と@首都圏西部。(画像と本文は関係ありません)ヒトはパンのみに生きるのではありませんけれども、パンがなければお菓子を食べて済む問題でもありません。(←何か違う)キッチンの歴史は人類の歴史(そうか?)キッチンには、必要かつ不可欠なものどうでもいいものなんとなく持っているもので溢れています。そのヒトの、隠しても隠しきれない図らずも溢れてしまうナニかが詰まっているのですわ。他所さま...

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR