FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Archive [2012年06月 ] 記事一覧

猫柄の薄ものをコーディネート

ごきげんよう寒かったり湿気が酷かったり日差しが強かったりこの天候の定まらない感じが、いかにも具合悪いですよ。ワタクシは先週に引き続き、市の美術協会作品展と同じ会場で別の作品展。(まるでここにしか展示会場がないみたいですが。。。他にもあるけどここは駅が近くて便利なんすよ。ただそれだけ)受付当番のこの日。ヒマ潰しになるので、かなり久しぶりにクラスメイト友人▼を呼びつけた。フォエヴァー21のキティちゃん...

八雲大江戸捕物帳(後編)

前回までのあらすじ江戸の岡っ引き八雲が、殺しの下手人を捕らえた。しかし、事件の裏には巨悪があった(ナレーションは声に出してお読みください)八雲の情け応えて、ヒモは巨悪を打つ決心をした江戸の岡っ引き八雲が走るよよよいよよよいよよよいよ。めでてぇな。完。バカでごめんねhttps://cat.blogmura.com/grayneko/ BGM。。。『銭形平次』台詞の一部。。。『桃太郎侍』『遠山の金さん』配役。。。福島から来た苦労人、八雲ゲ...

八雲大江戸捕物帳(前編)

大型連載大江戸捕物帳自分で言ってる時点で駄目だと思うが岡っ引き八雲の活躍はつづくいつも読んでいただいてありがとうございますhttps://cat.blogmura.com/grayneko/...

歩き易い下駄を考察する

ごきげんよう夏が近づくと下駄が出回りますわね。高価な下駄は、鼻緒がいい生地だったり、台にクッションがあったり。色も色々。オリジナリティが高いですね。約2万円くらいで見かけます。さすがにそれだけ出すと、歩き易いし疲れない。むか~し昔、「靴にお金をかける人はおされ」ってな提言が女性ファッション誌でうたわれたものですわ。今はどうなのかな最近は病院の待合室ぐらいでしか女性誌を見ないので、『JJ』だったり『Ca...

猫柄手ぬぐい半襟の使用感

ごきげんよう市の美術協会作品展も終盤です。「ウチの娘」(と呼ぶお気に入りショップのスタッフ)が、お菓子を持って来てくれましたの待ち合わせ時間にちょっと遅刻アタシってば最近とみに時間にだらしなくてね~どうもすみません「ウチの娘」に是非見せたかった、100均猫柄手ぬぐいの半襟何を合わせればこの半襟が主役になるかな。。。単衣は手持ちの数が少ないので、悩みましたともやふおくで安値落札したのち、自分で余裕あ...

大きくなったら何になる…八雲

ごきげんよう我が家には、キャットゲージがある。福島から来た苦労人(猫)八雲をトライアルで預かるときに用意した、2段式のゲージ。飛影と八雲がお互い慣れてからは、予備の猫トイレ置き場になっているだけなので、いつ撤去してもいいのだが。。。面倒なのでそのまま。いったいどれだけ何が面倒なのか。我が家の謎だって明らかに、リビングが狭いんですけど。。。爾来このゲージは顧みられることはなかった。何故なら寒いから。...

マンハッタナーズ♪猫柄の浴衣

ごきげんようこうやって室内からみると、風は爽やかですのね。そのくせ1歩外に出て日差しを浴び歩くと。。。何だか蒸し暑い昨日は友人★とご近所に出掛けたんですが、楽しかったですが、体力的にどうやら死にました。紫外線が強い季節なので。。。ワタクシの病気には悪いですね今、市の美術協会が作品展を開催中。駅前の施設で。で、ワタクシの受付当番はまだですが、その日の午後受付当番だった女子に用事があったので、友人★と出...

猫柄手ぬぐいを半襟にした

ごきげんよう朝っぱらから土砂降りでしたのよ。ワタシは昼から、市の美術協会作品展の搬入&オープニングがあったので、正直慌てましたわ。20号の油絵を手持ちで運ぶワタシにとって、雨は禁物(歩いて運ぶなよ、っつーことでしょうか。でもペーパードライバーなんだもん。平日だし夫は仕事だし。20号キャンバスを新聞紙で包んで運びましたよ。額は軽いので楽勝って、どんだけ価値がないんだ。。。と自分ツッコミした)。。。実...

正絹単衣の紬を自分でお手入れする

ごきげんよう着物は、何が面倒くさいといって、お手入れごとが面倒ですわ丸洗いに出すにしても、染み抜きを頼むにしても、それなりに時間もお金もかかります故。アタクシも、袷の着物は(仕方がないので)専門店にお手入れをお願いします。これはシーズンの変わり目の大仕事。大袈裟じゃなく。行きつけの呉服問屋さんのキャンペーンにまとめて頼んだり、ネットで営業している京都の業者さんに発送することもあります。でも、汗ばむ...

見た目が早過ぎるか、試しに紗紬

ごきげんよう首都圏は6月に入って、更に湿気が増した気がするのです。。。一般的な着物暦では今頃が単衣解禁ですが、ワタシは単衣を5月から着用に及んでますので、夏着物だと見た目はどないなもんか試しに出掛けてみることにしました。長襦袢は水色の絽、半襟は藤色グラデーションの絽ちりめん、着物は。。。通常なら今頃の時期は単衣にするところですが、いきなり紗紬で、夏仕様。夕方の花園神社@新宿歌舞伎町無地のモスグリー...

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR