FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Archive [2010年12月 ] 記事一覧

今月買った本・12月

ごきげんよう、みなさま。先日の記事で、漢字変換を間違えた部分がありましたので、こちらでも訂正します。 大島紬の『あきなばら柄』。。。は、『秋名バラ柄』が正しい字です。関係者各位様(って誰 大島紬を作ってる人かな)には、大変失礼致しました。ちなみに『バラ』というのは笊のこと。規則性のある柄で伝統織りですが、現在では生産枚数も少ないです。アンティーク着物の中で見つけられたら、とても価値あり 月...

年末・新宿・危険地帯

  年末の新宿はデェインジャラス・ゾーンであった 京王で今昔きもの市をやってるかと思えば、伊勢丹でもアンティーク着物市をやっていた。 暮れに散財しろ、と もちろん散らかすほどお金を持ってないので、病院帰りに見学に行った。おぉ、行きましたとも  病院帰りなので、着物は着ない。お洋服である。 伊勢丹・京王、双方とも、リサイクル着物屋さん、アンティーク着物屋さんが数店舗ずつ出店なさってたが、伊勢丹の...

箱猫

                        ふ~ん ふんふん ふ~ん                           こんな、もん、かな~   いい感じ~~おやすみ もしも~し、寝づらいのでは。。。  DHCのネットポイント福袋でダイエット食品をもらってみました。味レポートは順次  もちろん飛影は、人間の食べ物だと判っていてやってます...

試着・作家物猫柄きもの

 みなさま、ごきげんよう 暮れも押し詰まって参りましたが、いかがお過ごし 年賀状は終わりましたか あら、出さない。メールでご挨拶いただくことも多いですね~ でも、アタクシ年賀状はアナログな方が好みです。出すのももらうのも。っつってもパソコンで作るんですがねぇ。(あれっこれはアナログとは言わない) アタクシの年賀状は内容がヲタなので、友人の子供にしか受けないことも度々 今回ははっきしデザインを手抜き...

正絹長襦袢のお手入れどうしてる?

 普段は二部式の襦袢を着る。 身頃は綿100%。 袖は、うそつきを付けることもあれば、ポリエステル袖でお気楽に着て、洗濯機に入れて洗う。 着物を普段にひんぱんに着れば着るほど、着物の下に着るものは、楽になるように工夫する。家で簡単に洗えるっていうのは、やっぱり大きいよねぇ。。。 わし、着物も帯も正絹ばっかりじゃが、襦袢はお気楽よ。(ここを自慢と受け取ってはいけない 単なるひらきなおりであるっ~)&n...

イルミネーション IN TOKYO

まるで誘蛾灯に誘われる蛾のごとく  ふらふらと~~~日が落ちた東京を走る、我ら夫婦は閑人です。たくさんの人出が見たかっただけ。   今日は、牡丹色の刺繍半襟に、茄子紺色の石下結城で帯も羽織もマゼンダピンク系でまとめました。草履もピンク帯揚げ帯〆は草色です。上野の美術館に、知人の日本画が展示されているのを見に行ったのです。 我々はいつも出足が遅いので、美術館を出て、京橋で小腹を満たして、...

飛影のクリスマスカード

I WISH YOU HAVE A HAPPY X'MAS                                      F4号 パステル・パステル鉛筆・ワトソン紙中目  いつもご覧いただきありがとうございます。 ...

アンティーク銘仙の考察

 みなさま  クリスマスも間近ですわ、ごきげんよろしくて  な~んて気取ってるけど、わしの家はクリスマス、もう関係な~い。子供も居ないし、プレゼントは夫から前倒しでもらい済みじゃっ ケーキも好きじゃないので(夫は超甘党) 夫のためだけにケーキを用意する我が家であった… わしが酒飲みって訳じゃないから、そこんとこ宜しく わしはアルコールアレルギーのうえ、甘い物があまり好きじゃないんじゃっ つまら...

猫柄の八寸帯

 ごきげんよう。 今日は、大好きな帯をご紹介。   ぜんまい紬地に猫のシルエット。八寸名古屋でございます。 丸中・東京本店の担当さんは、センスなのか勘が良いのか、ひとの好みをすっかり飲み込んで、私の好きそうなものが入ると、セール時にがんがん電話をくれるのだった。で、見るとツボに入って買ってしまうため、先日ウチの夫が担当さんに会った時、「やってくれるな~」っと言って、いきなりヘッドロックをか...

着物の始末・20年の軌跡

 ごきげんよう、みなさま。 アタクシの阿呆な阿呆な過去を読んで、どうぞ呆れてくださいませ  30代前後の方々が、一度は罹る病、『和病』(命名は知る限りでは、酒井順子)。 この病に罹ると、やけに着物が着たくなったり、和風のお稽古事を始めてみたりするそうな。酒井順子の冷徹な分析は身も蓋もなくて笑えるな~ でも一部の方々はいっときの病気じゃなく、生活の一部にして深いところにハマっていく。 文化を継承し...

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR