FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Archive [2010年10月 ] 記事一覧

今月買った本・その2

 雨じゃ台風じゃ こんな日はまったり本を読んで過ごすに限りますわ。 新刊ばかりじゃないですが、ネットでまとめ買いなもんで、許して。 解説(ネタバレはないと思う)付き。   山岸涼子とハガレンはお約束じゃ。解説不要。 何故『大奥』 あのな~、なじょしてたまが買い始めると映画化されたりアニメ化されたりドラマ化されたりするんじゃ ちなみにでデビュー作から追いかけてると、そのうち直木賞作家になってしま...

ベランダ野良猫の系図

 アンがベランダにやって来た。 今年に入って半年以上のご無沙汰だった。  去年は丸々と太って、毛艶も良かったのに、久しぶりに会うアンは、ひどく痩せていた。 鼻詰まりがひどく、鼻水が出ている。  牛乳に抗生剤を溶かし、苦いと困るのでマタタビを加える。それにかりかりをたっぷりまぜて、急ぎ食べさせる。 アンの家系は牛乳を好んで飲んで、お腹をこわさない。     この夏どうしていた...

ブルーナさんの想い出

 14年前の今頃のこと。  たまは、ミッフィーでおなじみの、ディック・ブルーナ氏に会った。 都心の庭園の美しさで有名な某会場の会議室で、仕事の打ち合わせに連なったのだった。(以下、会議室にいた約10数名の関係者各位はスルーしてください)  会議に同席できることがわかってから、たまは激しく悩んだのだ もちろん、何を着るかということを、だ。仕事なんだけど、でも悩むだろうフツー まして相手はブルーナ氏...

邪眼移植、可不可?

      「もしも~し、目薬の時間ですが」    「…………」     「邪眼の移植は苦しい。覚悟はできているか」 アニメ版、魔界整体師・時雨         「……構わん、やれ」     「今までの妖力は失うのだぞ」     「くどい」     「では、いざ」     &nbs...

飛影、目薬を差す

 飛影がテーブルの下から出て来ない。  「ひーちゃん、お目目、どうしたの~おかあちゃんに見せて~」(猫撫で声)   「じぇったいに、やだ」  「痛いのお願い見せて~」  「やだ」      フン捕まえて病院に連れて行く。ペットキャリーが大嫌いな彼は、必死の抵抗を試みるも、敗れた。(場内混乱のため画像はありません)  獣医さんの診察で、眼球に傷はないことが...

雪輪柄泥大島紬その後

  今年、八掛を替えました。 臙脂色から青緑色へ。 京都の悉皆屋さんに、ネットでお願いしました。こちらもはっきり決めかねていて、青系統でも3・4色くらい候補を揚げました。印刷色見本(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)の色味と正絹の色味を擦り合わせるのは大変だったと思いますが、メールのやりとりをしつつ、こちらの希望に最も近いお色を見つけて貰いました。 印刷色見本を同封したのは、PCモニターはRGBでレ...

雪輪柄泥大島紬

 旗印、7マルキの雪輪柄泥大島紬です。  20代で仕立て、30代半ばまで愛用していました。雪輪は大好きな柄なのです。  八掛は、臙脂色でした。 何しろ、藤間紫先生に、お説教されちゃいましたからね  見知らぬ小娘に、着物のしきたりをとうとうと説いてくださった藤間先生。着物(というよりも、身に付けるあらゆるもの。服でもアクセサリーでも)が、その人の立場を表す時代を生きた方でした。  今は色々な事が...

「恥かしい」の考察

 先日、わしは、自分のブログ画像のリラックマグッズがモーレツに恥かしかった そのくせ、「ガラスの仮面」45巻は恥かしくなかったのじゃ。 もっと恥かしいことは、悲しいかな、実際山のようにやっているぞえ それも世界規模じゃ。いや、そんなことより。  何故、恥かしいのか。 今回は恥かしさについて考察してみようと思う。  恥ずかしいとヒトが感じるとき、それは、自意識と現実の狭間に訪れるのだろう。 こ...

留守番の夜

たまは、昨夜は珍しく夜のお出かけだったので、飛影は留守番じゃった。いつも一緒にいるのに慣れているため、飛影は留守番が苦手じゃ。  しゃぶって食いちぎったマット。  覚えのある方はたくさんいらっしゃるじゃろうて。                                まんま   微妙な残し具合が、彼の心境を語る。     &n...

しゃれ袋帯を仕立て替え

年上の友人に、呉服屋の女将さんがいます。着付けの個人教授やお稽古教室も開いています。 友人になったきっかけは着物じゃないので、(なんと油絵の会なのだった)仕事であったいろいろなことを、彼女の体験として聞けるので興味深いです。話好きで好奇心旺盛で元気(羨ましいくらい)な彼女の、仕入れ失敗談とか顧客の強烈な希望を叶える奮闘談とか。   頂き物の帯ですが、長く未使用でした。  しゃれ袋帯って...

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR