FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

緑の格子の普段紬と、(物理的に)痛い近況話。

ごきげんよう。

血とか傷口が苦手なかた、想像力が逞しくて気持ち悪くなっちゃうかたは読まないでくださいね。
着物画像のところまでスクロールでお願いします。
注意しましたよ。

奥さんは粉瘤ってご存知?
皮膚の下にできる良性の腫瘍でございます。アテロームとも表皮嚢腫とも呼びます。
皮膚と同じ組織の袋状の構造物ができて、皮膚と同じなのでターンオーバーを起こして角質や皮脂がたまっていき、徐々に大きくなっていくものです。外から雑菌が入ると化膿します。
わたくしは体質的にこれができやすくてできやすくて(父親からの遺伝体質。ロクなもんじゃないのばかりが遺伝します)今まで何箇所か化膿してしまって摘出手術をしておりますわ。
普段は脂肪腫と区別がつかない状態ですが、化膿したときは厄介です。きちんと除去しきれないと何度でも再発して化膿します。
さてここ10年以上は、皮膚下に腫瘍はあれど特に問題なかったんですが。。。10日ほどまえ、ふと気がつくと胸元の皮膚下が腫れ始めて、あっという間に膿んでしまいました(><)んで、化膿すると大きく腫れるし、何よりも痛い(><)ここに異物がありまっせーーーと主張してくれます。
わたくしは難病患者なので、日常はステロイドを服用して免疫を下げています。健康なかたなら化膿したりしない場合でも化膿します。免疫下げてるんだから当たり前や。気が抜けないです。化膿したとき体調が悪いと発熱もある。今回は化膿している時期が短かったのと真冬で寒かったおかげで熱は出ませんでした。ラッキー。何しろ今はこんなご時世なので、発熱していると院内に入れない病院もありますもんね。わたくしの主治医がいる膠原病内科とか。場合によっては先にPCR検査をっつーことらしいですよ。命に関わるときに洒落にならないよ。
粉瘤は命には関わらないからこうして笑ってられますがねー。
週明けに皮膚科の予約を取らなくては(これは1週間まえの話)。。。と思った矢先、真っ赤に膿んで腫れ上がってパンパンになった皮膚が、到頭破れました!
浅いところにできてたんですねー。びっくりですわ。
だーーーっと血膿が出ます。
洗面所がスプラッタっす。
わたくしは血は平気なので(ヒトさまのでも、血が出てる怪我とか平気)、勝手に破れた方が麻酔して切開するより痛くなかったかも(わたくしは麻酔されると相当のダメージを負うので、極力麻酔なしがいいのです)と思いつつ、マキロンとガーゼで粛々と手当てしたのですが、破れた表皮は断面がギザギザで奥の様子がわかりません。化膿したら中身を出せばすっきりするはずなのに、膿が残ってしまってるようで痛いし、腫れもおさまりません。このまま放置はできなさそうです。やっぱり皮膚科に行って診てもらわなくてはなりません。
ああめんどくさい。
でも仕方ないです。放置したまままた化膿したら悲しい。ってかわたくしなら絶対にまた化膿する。ああここら辺のぐるぐるを、どう表現すれば共感してもらえるでしょうか。断腸の思いで(大袈裟)ご近所の皮膚科クリニックのネット予約で、翌日朝早い時間を選びました。
予約枠が空いてて良かった!
皮膚科の先生はクールな感じの女医さんで、情け容赦なく生理食塩水のノズルを突っ込んで、残っていた血膿を洗ってくれましてね(めっちゃ痛かった!)イソジン塗りたくって消毒してくれました。頼りになりますわ。っつー訳でね奥さん、今は飲み薬と外科用塗り薬で手当て中で、炎症がおさまったら様子を見つつ残っているであろう組織の摘出ですかね。ううう、やっぱり麻酔は必要だったか!ううう(><)胴体にメスを入れるとマジで痛いので、麻酔が嫌とか言ってられませんわ。包丁で指を切るのと違う痛みなんですよね、ちょっとしか切らなくても。深さが違うせいかな。いや包丁でだってざっくり深く切っちゃうことあるじゃない?胴体と指先では何が違うのかな。ふっしぎーーー。
ああそれにしても、こういうもしものことって多々あるから、コロナの心配だけしてられませんわ。感染症はコロナ以外にもあるねんで。わたくしの、無闇に雑菌に感染するってどういう訳だ。常在菌であるブドウ球菌ですら、運が悪ければ死ぬんですよ。世の中にコロナ感染者が増えまくってるのはマジで困りますよね。
傷は胸元にあるのだけれども(服に隠れて見えない)、そこそこの穴が空いてるんですが、傷口を抑えたガーゼが擦れて、また別の痛みです。
もうテンションだだ下がりですわ!!!
このことを、皮膚が破れっちゃった直後に書かなかったのは、痛くて愚痴しか出ないだろうと思ったからなんですが。。。こうして約1週間以上経ってもまだ愚痴しかでないっっっ(爆)細菌もウィルスも大嫌いだっっっ暴れてやるーーーーっっっっ(知性と理性のせいで暴れられなくて哀しい←莫迦)
更新してない着物記事があるので、ブログはお休みしなくて良さそうです。


1-10緑紬01

緑色系格子柄正絹紬。
新宿京王の今昔きもの市で1000円也。
実はこれ、今回で2回目(3回目?)の着用なのですが、手放そうかどうか悩んで検証中ですの。んで着てみたんでした。リサイクルで、マイサイズと違うのはもちろんですが、マイサイズに近いはずなのに、どうも微妙に着にくいの。
八掛は藤紫色。
もし手放すことに決めたらまたブログ上で差し上げ告知しますので、その時はどうぞ宜しくお願いします。

濃い紫色塩瀬地に牡丹柄の染め名古屋帯。
サイタマのリサイクルショップで540円也。
牡丹の花の季節には使わないので、寒牡丹ってことにしております。いいよね、寒牡丹。
寒牡丹というと、大昔『デイモスの花嫁』(@あしべゆうほ)の、唐の時代のあやかし(中国から渡ってきて、京都の古刹で寒牡丹を咲かせていた)の話を思い出すんですが(笑)思い出がちょー限定的ですまない(爆)
わたくしが小デブのせいか、お太鼓に合わせると胴に柄が来ない、胴体に柄を合わせるとお太鼓に柄が来ないので、ぶった切って付け帯にしました。切り口も裁縫上手で適当に貼り付けたままなので、もうどなたにも差し上げられない(^^;)

1-10緑紬02

クリームイエロー綸子地の帯揚げ。
白×グレイの正絹三分紐。
ひめ吉さんちの『パリピアマビエさま』帯留め。

1-10緑紬03

着物の下のしつらえは、木綿さらし&正絹長襦袢&木綿すててこ。
白地にグレイ水玉たびっくす。

1-10緑紬04

くすみオレンジ色ろうけつ染めの長羽織。


ムンクさん。




1-10緑紬05

ひめ吉さんちの刺繍半襟『ブーケ』
黄色いビーズの羽織紐。
サイタマのリサイクルショップで50円だったネックレス。

この頃は元気だったので、ウチの夫のクルマでちょこっとドライブに行きました。この先でこんな目に合うとは予想だにしなかった。腫れ物の片鱗もなかった。
一寸先は闇ですよ奥さん。
重々心得て、後悔ないように、やりたいことは先にやっといた方がええですわ。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサーサイト



*CommentList

ウチの義妹のお友だち、ご近所にちょこっと着物。

ごきげんよう。

ウチの義妹のお友だち☆さんが、ウチの義妹に用事があって自宅まで来てくれました。
着物の練習をしたので着物姿です(笑)
ついでに最近メルカリで手に入れたという、防寒コートもお披露目してくれた(笑)

1-10弥生01

黒地にマゼンダピンク縞柄のアンティーク。
ベージュ地に京紅型の名古屋帯。
ふでぺんタイフーーーン。
お似合いです。無理やりお勧めした甲斐があります(笑)
黄土色絞りの帯揚げ。
赤紫色の帯締め。
こちらもふでぺんタイフーーーン(笑)

1-10弥生02

黒い道行きコート。
銀糸で横に波打つ縞が織り込まれていて、生地が変わった感じです。

1-10弥生03
ウチの義妹がえらく感動していた、如何にも昭和!なブランドタグ(笑)

いつも読んでいただいてありがとうございます。
PVアクセスランキング にほんブログ村


*CommentList

寒い日のお出掛け。真綿系紬と梅柄の染め名古屋帯。

ごきげんよう。

寒かったり暖かったり、寒暖の差が激しい首都圏西部。

1-6立湧紬01

黒地に緑色立湧と菊柄の真綿系紬。
この日はとても寒い日だったんですねー。真綿系の紬は、寒い日に着たくなります。昼間は室内でぬくぬく過ごして、夕方からちょっとポケ活に行ったっただけだったと思う。毎週水曜日の夕方、レイドアワーというのがあって(本当にどうでもいい情報で済まない)決まった場所(わたくしたちの場合はご近所の公園)に行くとフレンドさんに会えるという仕組み(笑)昨年暮れにキラフレンドになったフレンドさんがいて、キラ交換したかったので、会えたらいいなーーーと思って寒い中を、徒歩5分の公園に出掛けたのでした。ゲーム実装初期のころからのフレンドさんたちはポケ活用のLINEのグループを作ってるようで、バトルにご一緒したいときとかキラフレンドになってポケモンを交換したいときとか、LINEで連絡が取れるようですが(とはいえそういう熱い活動も2年くらい前までで、今はほとんど使ってないそうですが)、わたくしはLINEアプリ入れてないので(笑)入れる気もないので(笑)毎週ここに行けば誰かに会える(かもしれない)よ、というざっくりした認識で、ユルく活動しております。
実際にレイドアワーの公園まで行ったら、あちらもキラ交換できるかもと考えてくだすってたらしくて、お会いできました。
わたくしはお勤めもしてないし友だちも少ないので、LINEで連絡取るような相手がいない(笑)ってポケ活のフレンドさんは友だちじゃないのか(笑)って笑ってる場合か(爆)
ポケ活のフレンドさんって、本名も知らないし年齢もわからずどこに住んでるかもお仕事なんかも知りません。共通項は、ご近所のジム周辺で会えるので同じ地域を活動の場にしている比較的ご近所の人だということだけ。個人的に話す機会があると名字くらいは知ることができるけれども(中におひとり、約20年前に同業者だったという稀有な方がいらっさった!凄い)、お互いにあまり深く立ち入らない、そんなライトな関係性がいいと感じております。
以前の自治体に住んでいたときは、義理の両親(夫の両親ね)との二世帯住宅で、義理親が長く住んでいる場所だったために、ご近所さんはみなさん古くからの知り合いばかりで、ウチの夫と義妹と小学校や中学校が同じの幼なじみとかいました。義理の母からは、行動に気をつけるよう言われたこともありますね。そんなに好き勝手に生きてるとは思ってなかったけれども、そう見えたのでしょう(笑)
今の住まいの辺りは、バブルが終わったころに野っ原を開拓して造成してできた住宅地なので(ホント)住民は外から来た新しい人たちばかりです。土地には、因縁もなければ歴史もない、軽くてライトな住宅地。そんなところですが、以前長く住んでいた土地よりも、会えば挨拶する顔見知りが圧倒的に多いという不思議(笑)以前の住まいで、20年近くほぼ毎日通っていたスポーツクラブですら、挨拶するような知人はひとりもできなかったというのに(爆)それを知る友人★などは、今のわたくしの状況をひどく面白がってくれます。ポケGO恐るべし。。。てか、わたくしは普段からよほど愛想が悪いのですね。気を付けよう。

1-6立湧紬02

パウダーピンク色塩瀬地に梅と菊の型染め九寸名古屋帯。
おーく損で帯屋さんがお安く出品していた新品仕立て済みの染め名古屋帯。何本か買いましたが充分満足したので、昨年の「ブログ上で着物お譲りします」で手放しました。これ1本だけが残りました。
梅柄ってのがポイント高かったんですね多分。
でも実際に締めると、お太鼓の目立つところに来るのは菊柄です(><)
胴体も、いつも締める方向に巻くと菊柄が出る(><)今回は逆巻きにして梅柄を出しました。どっちが関東巻きでどっちが関西巻きか、わからないのでした。覚えろ自分。
ピーコックグリーンちりめん地帯揚げ。
あすか師匠からのいただきもの。
tentoさんオリジナルカラーです。めっちゃ使いやすい。ありがたやありがたや。
青磁色の帯締め。
ふでぺんさんからのいただきもの。
この色は、他の小物が薄い水色に寄っていると浅黄色に見えて、ピーコックグリーンだと緑色寄りの青磁色に見えます。よくよく見ると帯揚げの色とは違うのですが。。。便利な色です(笑)

1-6立湧紬03

着物の下のしつらえは、木綿さらし&正絹長襦袢&木綿レギンス。
白×グレイストライプのたびっくす。

1-6立湧紬04

茶系縞柄の長羽織。
若いときの小紋を仕立て直したもの。

1-6立湧紬05

ひめ吉さんちの刺繍半襟『黒猫とつた』色違いアウトレット。
金属の猫ブローチ。
暗かったので外では画像を撮りませんでしたーー。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
 
PVアクセスランキング にほんブログ村


*CommentList

友人★の、クリスマス当日お出掛け着物。

ごきげんよう。

昨年の積み残しです。
友人★が、クリスマス当日に、ちょっとおされしてお出掛けしたったです。

12-25小野クリスマス01

黒地に紅色のむじな菊柄本場大島紬。7マルキ。
お茶の社中のかたを通していただいたもの。
マイサイズに仕立て直しております。
緑色紬地にお花柄の八寸名古屋帯。
ふでぺんさんからのいただきもの。
今まで友人★は、紬を軽く着たいとき、赤い紬帯を締めることが多かったのですが、赤いのはそろそろ気分じゃなくなってきたと申しておりました。そんな矢先のふでぺんタイフーーーン(爆)ありがたいことでございます。
当分緑色で行ってみようと思います。

12-25小野クリスマス03

白地に赤い飛び絞りの帯揚げ。
白い正絹三分紐。
金色の透かし彫り細工の帯留め。
ひめ吉さんちの刺繍半襟『パリピアマビエさま』

12-25小野クリスマス02

赤×グレイの色足袋。
HAKUの草履。
焦げ茶のカゴバッグにはクリスマスオーナメント。
画像には写ってないですが、この上にグレイツィードのポンチョコートを羽織りました。

行った先でお褒めいただいて嬉しかったと、後日連絡をもらいました。
良いお出掛けになったようです。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村


*CommentList

光琳松の染め紬を着て初詣に行ったった。

ごきげんよう。

先日の連休明けは、関東南部も雪が降る降ると言われて、ちょっとだけ期待したんですけど、ウチのご近所では雪片が舞う程度で終わりました。あれも初雪のうちに入るのだろうか。
降り過ぎるほど降っている地域があるというのに。少し負担して差し上げたい。。。とはいえ東京は、1センチ積もっただけでも交通は麻痺し転んで怪我人続出で救急車が忙しくなります。医療逼迫したこのようなご時世では、東京には雪は降らない方が世の為、日本の他の地域の為でありましょう。
今日もめっちゃ晴れてます首都圏西部。

1月5日、例年よりも少し遅くなりましたが、初詣に行きました。
ってかもう10日も前の記事なの?
更新が遅くてすまない。

1-5光琳松01

濃いマゼンダピンク地に光琳松の染め紬。
先月おーく損で買ったブツ。
ミトコンドリアとか赤血球とか言われておりますが、どれもこれもこの色のせいですよね(笑)んで色のせいか、着ると膨張して見える。。。(当社比)
でもまあ臆していてはならんのですわ。まずは実際に着て、外に出てみないと。
初詣が相応しく感じたので、しつけ糸を外して初おろししました。

市松地紋に黒猫柄の京袋帯。
キステさん。何年かまえの誕生日プレゼントでした。
この猫の顔が、すましたときのウチの八雲氏にそっくりなんですわ。八雲氏はシャムだけどね。

1-5光琳松02

ターコイズブルー×紺色×ミント色×緑色×赤ストライプの帯揚げ。
ほ〜さまからのいただきもの。
大好きな配色です。
青磁色の帯締め。
ふでぺんさんからのいただきもの。

1-5光琳松03

着物の下のしつらえは、木綿さらし&木綿筒袖の半襦袢&ロングレギンス。
レッグウォーマーもプラス。
白地にグレイ水玉柄のたびっくす。
袖丈が長い(52センチ)ので、筒袖半襦袢で対応しております。
わあ、やっぱりどすこいって感じがします(爆)
肉肉しい感じっつーか(爆)特に光が当たってるところは余計にぼってり見えますねー。
光琳松の形は色と配置をもっと考えた方がいいわ。こんなにミトコンドリアみたいにぎっしり詰まってなくて無地場があった方が、柄が生きるしもっと良かったんじゃね?(笑)


1-5光琳松04

黒地に花輪柄の長羽織。
順当に黒で抑えました!(爆)
ミトコンドリアもとい赤血球のぼってり感が面積的に隠されて、なんとか外に出られるレベルになった。。。(苦笑。当社比)
こちらの羽織は、小紋長着だったものを仕立て直したもの。
っつーか元々、いつもお馴染み着物問屋さんで反物を選んだときに、長羽織を作るつもりでいたんですよね。でも鏡の前で当てて見てたら、急に長着で着てみたくなっちゃったのよ奥さん。
柔らか物はあれほど苦手だと、着る機会が少ないと自覚があったというのに、魔が差したっつーか。今は無き担当さん(定年退職しただけです。死んでない)があれほど何回も、「仕立ては。。。長着でいいの?いいのね?」と確認してくれたけれども(^^;)10年前に遡れたら、その時のわたくしを殴ってでも目を覚まさせてやるのですが(爆)
奥さんがたには、わたくしの屍を越えてもらって、ですね(爆)
一応、長着で着た時の画像(6年前)も貼っておきますね。

1:2川越04
1:2川越05

数年間、長着でしたが、1年か2年に1回着るかどうかでした(^^;)
胴裏も八掛もたまたまあったので持ち込みで、長着に仕立てたときのコストは少なく済みましたが、長羽織に仕立て直すには再び仕立て代がかかるのです。悩みどころでしたわ。
でもわたくしの着物ライフに於いては、1年か2年に1回着る小紋長着よりも、ひと冬に数回は着る(かもしれない)長羽織の方が、絶対にコストパフォーマンスがいいのです。っつーか、せっかく(珍しく柔らか物で)お気に入りで買ったのに眠らせたままなのは悲しい。
好きな柄の長襦袢を切り売りしたのを羽裏用にゲット。
仕立て直しにGOーーーーー!

1-5国吉ネコ羽裏01
羽裏に国芳の猫♡

1-5光琳松05

ひめ吉さんちの刺繍半襟『大名行列』アウトレット。
紫色ビーズの羽織紐。
ネックレスから自作。

1-5光琳松06

茅の輪くぐりができてました。
昨年のお札をお返しして、今年のお札に買い替えました。

1-5ゲノセクト
レイドボスがゲノセクト・ブレイズカセットに変わった日。
結局高個体は出えへんかったでーー(エセ関西弁)

糸が細く生地が薄手の染め紬は、素材も良くて、着やすかったです。
でもこの柄の付き方はわたくしには駄目みたい。
さて今後はどうするか。
しばらく考えますーー。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村


*CommentList

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR